スペアポンプの管理①
①水分を含んでいる流体のスペアポンプは定期的に吸込み側
のドレン切りを行なう。
②熱油ポンプは、暖機をしていつでも起動できる状態にして
おく。
熱油ポンプの暖機量の調整にエロージョン防止上、制限オ
リフィスを暖機弁の下流側に設置することが望ましい。
なお、冷油ポンプでも寒冷時に硫化水素、LPGなどハイド
レートを生成するポンプではスピルバック・ラインを設け
て、暖機する事がある。
③定期的にターニング、または潤滑油ポンプを起動し、軸受
け等に潤滑油を施す。
スペアポンプの管理②
熱油ポンプは、暖機をしていつでも起動できる状態にしておく。
熱油ポンプの暖機量の調整にエロージョン防止上、制限オリフィスを暖
機弁の下流側に設置することが望ましい。
ダウンロード

スペアポンプの管理[PPT]