大東文化大学附属高等学校の皆さんへ
コンピュータで夢をつかもう
-ソフトウェア開発に必要な力ー
東京工科大学
コンピュータサイエンス学部
亀田弘之
クイズ
ソフトウェア開発に必要なものはどれか?
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
数学的推論能力
コミュニケーション能力
法律・経済・経営の知識
物理や化学の知識
一般教養
英語力
体力
大東文化大学附属高等学校出張講義
2
講師紹介
• 昭和33年 福岡県北九州市生まれ 54歳(父・妻・長男・長女・次男)
• 趣味:サッカー
• 中3の3学期から数学の勉強に目覚める
– 現在も勉強中
• 東京大学工学部電気・電子工学科卒
– 物性・デバイスに興味を持って勉強
(参考)コンピュータ系,通信系,電力系
– 卒論題目:「天気予報を対象とする言語表現と知識表現との相互変換」
• 東京大学大学院工学系研究科(修士・博士)
– 研究テーマ:言語情報処理に関する研究
– 修論「記事・言語・テーマの階層構造に着目した新聞記事分類・検索システム」
– 博論「人間の自然言語処理過程のモデルに基づく文章処理」
• 東京工科大学に赴任(現在に至る)
– 研究テーマ
• 思考と言語,未知語獲得システム,言語獲得システム,機械学習,認知心理学
• 工学教育(教材と教授法)
• 認知リハビリテーション用ゲーム開発
大東文化大学附属高等学校出張講義
3
本日の内容
はじめに(社会の発展史)
情報システムの例
情報システムの現状
情報システムの作り方(ソフトウェア開発プロセス)
情報システム開発に関わる人たち
求められる能力・知識・スキル
これらの能力・知識・スキルをどうやって身に付ける
のか?
8. これからの社会 皆さんが生きて行く社会
9. まとめ
10. 最後に
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
大東文化大学附属高等学校出張講義
4
1.はじめに(社会の発展史)
1.
2.
3.
4.
狩猟時代,農耕時代(厳しいが素朴な時代)
印刷技術の発明(Gutenberg)
工業化社会(蒸気機関の発明)
脱工業化社会 (高度知識社会)
– 情報化社会へ
• サービス社会
• 国際化社会
IS(information systems)が支えている
大東文化大学附属高等学校出張講義
5
2. 情報システムの例
•
•
•
•
•
•
•
•
銀行ATM
電車自動改札システム
航空管制システム
気象衛星観測システム
自動列車運行管理システム
インターネット 地震・津波予知システム
コンビニのPOSシステム
携帯電話・スマートフォンシステム など
ATM: Automated Teller Machine(自動出納機,現金自動預け払い機)
POS: Point of Sale System (販売時点情報管理)
大東文化大学附属高等学校出張講義
6
3. 情報システムの現状
情報システム(IS)は社会基盤であるが故に、
– 大規模化
– 高機能化
– 複雑化
– 安心、安全
– 持続可能性(sustainability)
– 経済性(安く)
が強く求められている!
IS: information systems(情報システム)
大東文化大学附属高等学校出張講義
7
4. 情報システムの作り方
(ソフトウェア開発プロセス)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
何を作れば良いのだろうか? (要求獲得)
システム構想(要求分析)
こんなものを作りましょう(要求定義・要件定義)
どうやって作ろうか(設計(外部設計・内部設計))
実際に作りましょう(コーディング(プログラミング))
欲しいものが出来上がった?(検証(test))
それでは使いましょう(運用・管理)
ここを変更したいなぁ (変更要求)
大東文化大学附属高等学校出張講義
8
4. 情報システムの作り方
(ソフトウェア開発プロセス)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
何を作れば良いのだろうか? (要求獲得)
システム構想(要求分析)
こんなものを作りましょう(要求定義・要件定義)
どうやって作ろうか(設計(外部設計・内部設計))
実際に作りましょう(コーディング(プログラミング))
欲しいものが出来上がった?(検証(test))
それでは使いましょう(運用・管理)
ここを変更したいなぁ (変更要求)
大東文化大学附属高等学校出張講義
9
5. 情報システム開発に関わる人たち
•
•
•
•
携帯電話開発
自動車開発
家電製品開発
介護ロボット開発 などなど
大東文化大学附属高等学校出張講義
10
6.求められる能力・知識・スキル
• 専門的能力・知識・スキル
– 技術的側面
• コンピュータの仕組みや動作
• ネットワーキングの仕組み・動作
• プログラミング能力・知識 など
– 社会的側面
• 法律・経営・経済・倫理 など
– 基礎的側面
• 作文能力・プレゼンテーション能力
• コミュニケーション能力(発信力・傾聴力)
• soft skills(interpersonal skills) など
– 人間力
• 他者理解・共感性・社会認知・思いやり
• リーダーシップ
• マネジメント力
大東文化大学附属高等学校出張講義
11
7.これらの能力・知識・スキルをどう
やって身に付けるのか?
(自分自身で考え,工夫してください。そのため
にも,いま真剣に学んでください。)
大東文化大学附属高等学校出張講義
12
8.これからの社会
• 皆さんが生きて行く社会
• 皆さんが創り上げる社会
大東文化大学附属高等学校出張講義
13
9. まとめ
•
•
•
•
•
•
情報システムは社会基盤である。
情報システムは人類最大の創造物
プロでなければ作れない!
幅広い能力が必要(専門から基礎まで)
学びのすべてが役立つ
そして,学び方を学ぼう!
大東文化大学附属高等学校出張講義
14
10. 最後に
• これからの社会は変化が激しく,また,国際
化が前提です。いま学んでいる知識の多くは
20年後には役立たないかもしれません。でも
適切に学習された知識はやがては結晶化し
ます。そして,今学ぶことで,「学び方を学ぶ
こと」ができます。大いに学ぶことで,皆さん
の人生を豊かにしてください。そして,社会に
役立ってください。お願いします。
大東文化大学附属高等学校出張講義
15
ダウンロード

社会とコンピュータ -活躍するコンピュータ-