安平昭二著『簿記詳論』第2章
テキスト35頁:
「5.小売棚卸法による処理」の説明
小売棚卸法の特徴(35頁)
商品の売買を一本の商品勘定で処理
貸借双方の記入を「売価」で行う
(分記法では「原価」で記入、総記法では借
方は「原価」、貸方は「売価」で記入する。)
小売棚卸法と他処理法との相違点
分記法の商品勘定
総記法の商品勘定
前期繰越
前期繰越
売 上
当期仕入
↑
原価で
↑
原価で
売
上
当期仕入
↑
原価で
↑
売価で
小売棚卸法の商品勘定の処理
売価で →
前期繰越
当期仕入
売
上
← 売価で
小売棚卸法の適用条件(36頁)
商品ごとに予定売価が決まっていること
売価通りの販売が実施できること
例は百貨店及び類似の営業形態商売
具体的処理(36-38頁)
原価に30%の利益を加算して売価とするとき
原価600円の商品を仕入れたときの処理

売価は…600円(原価)×1.3(100%+30%利益)=780円

利益は…180円(780円-600円)
商 品
商品販売益
780
180
販売益見込分
(売価)
買掛金
(借)商 品 780 (貸)買 掛 金 600
(貸)商品販売益 180
600
商品を650円分販売したとき
現 金
商 品
780
650
650
(借)現 金 650 (貸)商 品 650
期末時点の処理(未販売商品に係
る未実現利益)の処理を実施
安平昭二著『簿記詳論』37頁
期末時点の商品勘定の状態(テキスト37頁)
商 品
前期繰越 130
当期仕入 780
910
前期繰越 260
当期売上 650
期末在庫 260
910
未実現利益額の計算式(37頁最下行)
商品勘定残高(売価)260 ×
×
30%(利益分)
(100%:原価+30%:利益分)=売価
=
60(未実現
利益)
売れ残り在庫に含まれている未実現利益)
決算処理直前の状態
商 品
商品販売益
前期繰越 130 当期売上 650
当期仕入 780 期末在庫 260
910
910
180
販売益見込分
未実現利益を繰延処理する
商 品
前期繰越 130 当期売上 650
商品販売益
当期控除 60
180
当期仕入 780
繰延未実現利益
当期控除 60
(借)商品販売益 60 (貸)繰延未実現利益 60
損益勘定&残高勘定に振替える
商 品
商品販売益
前期繰越 130 当期売上 650
当期仕入 780 期末在庫 260
910
当期控除 60
損益勘定 120
繰延未実現利益
910
残高勘定 60
損益勘定
180
残高勘定
当期控除 60
貸借対照表
商品販売益 120
商品 260
繰延未実現
利益 60
商品 200
期首の処理
開始記入で、
→未実現利益を
→商品販売益に再振替しておく。
繰越残高勘定
商品 260
繰延未実現
利益 60
繰延未実現利益
60
前期繰越 60
商品販売益
前期繰越 60
(借)繰越未実現利益 60 (貸)商品販売益 60
安平『簿記詳論』38頁の下部説明
前期繰越分(繰延未実現利益の処理)
当期仕入分の処理(売価は原価に30%加
算)
商品販売時の処理
期末の処理(未実現利益の処理)
前期繰越分(繰延未実現利益)の処理
商 品
繰延未実現利益
前期繰越 130
前期繰越 30
前期の処理:
期末在庫130(売
価)
=
30%(利益分)
×
100%(原価)+30%(利益)
30 (繰延未実現利
益)
(前期末商品在庫の未実現利益
期首での振替処理
商 品
前期繰越 130
繰延未実現利益
振戻し 30
前期繰越 30
商品販売益
振戻し 30
(借)繰越未実現利益 30 (貸)商品販売益 30
商品(原価600円)仕入て、記帳
→ 売価 600円×1.3 = 780円
780円ー600円=180円(販売益)
商 品
商品販売益
前期繰越 130
振戻 し
当期仕入 780
当期計上 180
買掛金
商品仕入 600
(借)商
品 780 (貸)買
掛 金 600
(貸)商品販売益 180
30
商品を650円分販売した
商 品
商品販売益
前期繰越 130
当期売上 650
振戻 し
当期仕入 780
(現金売上げ分)
当期計上 180
30
商品勘定残高260
現 金
当期売上 650
(借)現
金 650 (貸)商
品 650
期末の未実現利益の処理
商品勘定残高(売価)260円
260円×
30%(利益分)
=60(未実現利
益)
100%(原価)+30%(利益
分)
商 品
商品販売益
前期繰越 130
当期売上 650
当期仕入 780
(現金売上げ分)
当期控除 60
振戻 し
30
当期計上 180
繰延未実現利益
振戻し 30
前期繰越 30
当期控除 60
(借)商品販売益 60 (貸)繰越未実現利益 60
損益勘定&残高勘定へ振替え
商 品
商品販売益
前期繰越 130
当期売上
当期仕入 780
残高勘定へ 260
910
910
650
当期控除
損益勘定 150
210
30
当期計上 180
210
30
前期繰越 30
残高勘定 60
当期控除 60
90
90
振戻し
残高勘定
品 260
振戻 し
繰延未実現利益
前期繰越 260
商
60
繰延未実現
利益 60
損益勘定
商品販売益 150
ダウンロード

安平昭二著『簿記詳論』第2章