スーパーグローバル大学創成支援(タイプB)長岡技術科学大学 取組概要
1.構想の概要
【構想の名称】
グローバル社会を牽引する実践的技術者育成プログラム ~ グローバル産学官融合キャンパス構築 ~
【SGUの取組を通じて目指す大学の将来像】
次世代の戦略的地域との強固なネットワークを持ち、世界を牽引する実践的グローバル技術者教育を先導し続ける大学
【構想の概要】
本構想は、日本経済のグローバル化将来像を見据え、10年後における本学の姿として、「次世代の戦略的地域との強固なネットワーク
を持ち、世界を牽引する実践的グローバル技術者教育を先導し続ける大学」を想定し、柱となる次の事業を通じてその実現を図るもので
す。
1.高専―技大(技学)教育モデルを海外拠点校に展開して「GIGAKU教育ネットワーク」を構築します。
2.産学連携モデルを日本企業の戦略的海外拠点に展開して「GIGAKUテクノパークネットワーク」を構築します。
3.グローバル社会のニーズに応える技術分野で世界トップレベルの研究を推進します。
ここでキーワードとなるGIGAKU=技学=技術科学は本学建学時からの基本理念ですが、本学がグローバルな活動を展開する中で、
海外のパートナーから改めて注目を浴びるようになりました。本構想は、こうしてグローバルな注目を浴びつつある技学教育モデルを、特
に日本にとって戦略的な地域の拠点大学において実現することを目指すものです。こうして構築されるグローバルな教育環境は、同時に、
これからの時代を担う日本人学生が新たなグローバル化の時代に活躍できる創造的技術者として育つ上でも必須のものであり、本構想
の最終目的もまたこの点にあります。
グローバル産学官融合キャンパス
「GIGAKU教育研究ネットワーク」+「GIGAKUテクノパークネットワーク」
=「グローバル産学官融合キャンパス」
GIGAKU
テクノパーク
ネットワーク
アジア
(ハノイ工科大、
モンゴル科技大
他)
欧州
(モンドラゴン大、
デウスト大 他)
GIGAKU教育
研究ネットワーク
北米・中南米
(グアナファト大、
モンテレイ大 他)
日本企業の国際展開を
見据えた戦略的海外拠点
アフリカ
(ツワネ工科大
他)
長岡技
術科学
大学
国際GIGAKU
パーク財団
【10年間の計画概要】
○ 実践的グローバル技術者を育成するプログラムを整備・拡充します。
実践的技術者育成のための技学教育研究プログラムの海外展開として、学部から博士まで様々な連携プログラムを海外
拠点校・企業等と整備・拡充を進めています。
○ 海外拠点校への技学教育普及を支援します。
世界の戦略的地域に立地する大学と連携し、技学に基づく教育の普及するため、カリキュラム作成、教育方法の指導等を
支援するとともに、将来的には、本学の分校を海外に設置することを目指します。
○ GIGAKUテクノパークによる産学官融合キャンパスを展開します。
グローバルに展開したGIGAKUテクノパークにより、産学官連携プロジェクトと技学実践教育をリンクさせた各戦略地域での
産学官融合キャンパスの構築を目指します。特に、国際共同研究を展開し研究シーズの具現化による製品開発への応用
と社会人技術者の育成や本学学生・高専生・高専生・中小企業技術者・教職員の相互派遣交流を促進します。
○ 産学の国際共同研究プロジェクトによる技術の産業化を進めます。
本学の産学共同研究の展開力を利用し、国内外企業ニーズ、技術的イノベーションの調査を進め、企業とのグローバル共
同研究を通した産業のイノベーションの実現を目指します。この実践的グローバル応用研究に企業技術者が参加すること
で、グローバル技術者育成の新たなシステムの構築と運用を行います。
○ 学生・教員の双方向交流を促進します。
本学の学生・教員は国内・海外拠点の産学官融合キャンパスを活用し、海外進出日系企業やグローバル企業とイノベー
ションを体験します。特に、学生には15歳から修士(又は博士)までの長期的な教育の中で、実践的教育手法を取り入れ、
確かな専門基礎力と問題解決の高度な実践力を持つエンジニアを育成するための教育を実施します。
【特徴的な取組(国際化、ガバナンス改革、教育改革等)】
○ 修士修了時までに40%の学生が海外でイノベーションを体験
これまで本学が開拓してきた海外実務訓練先やGIGAKUテクノパークを活用し、高専、学部(実務訓練)、大学院(研究
交流)の各段階で海外でのイノベーション体験を可能にします。
○ 高専モデルの移転、ツイニング・プログラム等により留学生比率を25%に
世界が注目する高専方式教育モデルの海外移転を支援し多様な出身の留学生確保を目指します。
以上の取り組みの実施により、GIGAKUテクノパークネットワークを通じて本学学生及びGIGAKU教育ネットワークの学生
には新たな学びの機会が提供され、海外クロス(双方向)実務訓練が実現します。
本学は、平成6年度に社会人留学生特別コースを創設して日系企業等で働く社会人技術者の修士課程への受け入れも開
始しました。このプログラムは社会人技術者を対象として英語で全ての講義と研究指導を行う工学教育コースとして今もって
全国唯一のプログラムです。また、本学は平成2年度以降、延べ20か国に600人の学生を6か月間という長期にわたり実務
訓練生として派遣してきたという実績があるなど、常にグローバル化将来像を見据えて様々なプログラムを実施してきました。
本構想は、こうした本学の一貫した理念と教育プログラム上の財産を、グローバル化の新しいステージに即応して新たな要
素を加えて展開するものです。
2.取組内容の進捗状況(平成26年度)
■ 共通の成果指標と達成目標
国際化関連
○ 5年一貫制博士課程「技術科学イノベーション専攻」を設置しました。
本専攻の講義は全て英語で行われ、海外への半年以上の留学制度や海外の大学での博士号を同時に取得するダブ
ルディグリー制度を利用することにより、世界に通用する人材を育成します。平成27年度には第一期生が9名入学し、
日本及び世界の産業を牽引する優れたリーダーを目指します。
○ 事務職員もグローバル化するための取り組みを実施しています。
事務職員を対象に英語力養成研修を実施しました。事務職員の語学力向上は、留学生対応や学術交流協定校等との
事務に必須であり、今後も実際の業務を念頭に置いた実践的な研修を実施します。
○ 海外への情報提供や留学生が勉強・研究に取り組みやすい環境の整備を進めています。
本学の英語版のホームページをリニューアルし、日本語版ホームページとほぼ同様の情報を提供できるようコンテンツ
を充実させて発信しています。
また、学生食堂のメニューを英語併記することで、留学生や外国人教員等が
注文しやすくなりました。ハラール食・ベジタリアン食を新たに提供開始し、
多様な文化、宗教の学生も過ごしやすい環境となりました。
ガバナンス改革関連
〈モンゴルテクノパーク開所式〉
○ 「グローバル産学官融合キャンパス」の実現に向けた学内の体制づくりを行いました。
9つの「系」で構成されていた教員組織を再編し、平成27年4月から2つの教員組織「研究院」に再編しました。この再
編成により、異分野融合による研究を活性化します。また、技学教育の海外展開等に向けて、国際技学教育推進部会、
国際教育研究ネットワーク部会、国際テクパークネットワーク部会、国際地域連携推進部会、学内国際化推進部会を
立ち上げ、基盤となる人員や設備等の体制を整備しました。
○ 本学の教育力向上のため、優秀で多方面の教員を獲得を目的とした多様な雇用を実施しました。
【年俸制】
国際的に優れた研究者の積極的な雇用を図るため、8名の年俸制教員を採用しました。
【クロスアポイントメント制】
産業界等の実践的人材の確保のために、クロスアポイントメント制を活用し、平成27年3月に2名の教員を採用しまし
た。
教育改革関連
○ 留学生支援のため、授業履修関係資料を英語化しました。
日本語の理解が難しい留学生にも等しく授業履修関係情報を提供するため、平成26年度版及び平成27年度版のシラ
バスの英語化を行いました。また、履修案内及び授業時間割を英語版ホームページに掲載するなど教育システムをバ
イリンガル化し、留学生支援を推進しています。
○ 学生の英語力強化のための教材ソフトを導入しました。
本学の学生の英語力強化のための教材ソフトを導入しました。今後は、これまで以上に海外実務訓練及び海外イン
ターンシップを積極的に推進するための学生の英語能力強化を図り、実践的グローバル人材を育成します。(平成26
年度は58名の学生が海外実務訓練に参加)
○ 各教育システムの整備を進めています。
科目ナンバリングのルール確認や、授業内容・方法の改善及び単位の
実質化を検証するため、授業アンケートシステムを導入することとし環境
整備を行いました。
また、カリキュラムの体系化や単位の国際的互換性を確保した国際的な
高専−技術科学大学連携による教務システムを構築するため、モデルコア
カリキュラムの英文化を進め、海外に設置された高専との技学教育の連
続性を保証する準備を行いました。
〈 メキシコにおける海外実務訓練 〉
■ 大学独自の成果指標と達成目標
○ 国内外の拠点間交流により教員の多様性・流動性を促進しています。
GIGAKU教育研究ネットワークを通じ、本学の社会人留学生特別コース等へ先方
若手教員の受け入れを積極的に推進しており、平成25年度末で約150名だった
本学で学位を取得した協定校等教員が180名へ増加しました。
○ 現地中小企業を巻き込んだ国際共同研究を支援・展開しています。
メキシコでは産学連携共同研究の申し込みを現地企業2社より受け、具体的な検討を
開始しています。
〈 社会人留学生特別コースの現場見学〉
○ GIGAKU教育を各拠点国に展開するための調査・調整を実施しています。
【モンゴル】
モンゴル科学技術大学とのツイニング・プログラムの開始に向け、モンゴル科学技術大学のカリキュラムを改善するための調
整を進めています。担当教員を現地に派遣し、カリキュラムの調整状況、講義の実施状況、実験設備の整備状況等の調査を
行うとともに、先方教員を招へいし研究室等の見学、意見交換により、モンゴルでの教育、設備の充実に役立つ情報を提供す
るなど連携強化を行っています。
【ベトナム】
ハノイ工科大学内に設立されたVJIIST(ベトナム日本国際技学院)のカリキュラムを本学の技学教育と同等のものとすべく、
教員の派遣及び受入れを行い、カリキュラム調整等を行いました。
【スリランカ】
スリランカのRanil Wickremesinghe首相に直接面会し、スリランカにおける技学教育の普及や技学に基づく実践的技術者
育成のための新大学設置構想について賛同を頂きました。
■ 大学の特性を踏まえた特徴ある取組
〈 スーパーGI-net を活用したテレビ会議〉
○ 海外拠点に多地点接続可能なテレビ会議システム(スーパーGI-net)を設置しました。
グアナファト大学(3キャンパス)、モンテレイ大学、ハノイ工科大学、モンゴル科学技術大学に、多地点と接続し講義、会議等
が可能となるビデオ会議システムであるスーパーGI-netを設置しました。
H27年5月には、グアナファト大学、ハノイ工科大学、モンゴル科学技術大学、本学の4拠点を接続した第一回スーパーGI-net
会議を開催しました。この会議ではモンゴル産業省の方よりモンゴルの産業事情を説明頂き、各拠点間で情報をシェアすること
が出来ました。
○ GIGAKUテクノパークオフィスを3拠点に開所しました。
海外拠点(GIGAKUテクノパーク)として、グアナファトテクノパーク内、モンゴル科学技術大学内、ハノイ工科大学内にオフイス
を開設し、それぞれ開所セレモニーに現地関係者を招聘し,連携強化を図るとともに、コーディネータを雇用し産学連携活動を
開始し、本学との連携強化体制を構築する基盤とすることができました。
○ GIGAKUテクノパークアライアンス会議を開催しました。
「第1回GIGAKUテクノパークアライアンス会議(3月23・24日:長岡市内)」を開催し6カ国、21人の実務担当者を招聘しテクノ
パークに関する勉強会及び意見交換会を行いました。企業関係者等も参加した総勢45名の盛会となり、今後の「GIGAKUテク
ノパークネットワーク」の構築に向けて活発な議論を交わしました。
■ 自由記述欄
○ 学内外への情報発信の拠点となる技学グローバルネットワーク推進室を整備しました。
スーパーグローバル事業を中心に学内外への情報発信の拠点となる技学グローバル
ネットワーク推進室を整備しました。成果の発信や海外拠点大学の方との打合せ等に
活用し、本学のグローバル化を推進します。
○ 日本人学生の海外派遣、留学生の受け入れを推進するため拠点国との協議を
続けています。
平成26年度はタイ及びインドネシアでの新たな実務訓練生受け入れ企業の開拓や、
マレーシア及びタイの大学とのダブルディグリー・プログラム関係協議を積極的に行う
など、日本人学生の海外派遣、留学生受け入れを推進するための基盤を整備して
います。
〈 第1回アライアンス会議 〉
ダウンロード

グローバル産学官融合キャンパス