100円ショップの
マーケティング戦略
2003r071
はじめに
●小売業界で100円ショップの成長率がたいへん
注目を集めている
●不振を極める日本の大型量販店やショッピング
モールの救世主的存在
●実際のダイソーでのアルバイト経験
どのような業態をとっているのかという興味
100円ショップの歴史と現状
*歴史*
・戦後の1946年に東京・上
野で50銭ショップが誕生
→元はほとんどが問屋や
卸売業
→物珍しさが話題
→「100円」ブランドの確立
・ダイソーの例
設立 1977年12月
商品開発力ではなく
商品調達力に優れている
業界トップのダイソー社の成長グラフ
*現状*
・日常生活に定着
●100円ショップ主要5社の概要
資本金
本社所在地
国内店舗数
直営店舗数
フランチャイ
ズ店舗数
従業員数
正社員数
売上額
大創産業
27億円
東広島
(広島県)
2,400
900
キャンドゥ
セリア
オースリー
ワッツ
24億6,200万円 3億5,645万円 3億4,859万円 2億4,666万円
板橋区
大垣市
和光市
東大阪市
(東京都)
(岐阜県)
(埼玉県)
(大阪府)
513
607
213
202
299
421
48
202
1,500
214
186
165
0
10,000
400
2,812億円
2,859
923
413億円
3,766
213
376億円
419
88
128億円
563
93
112億円
・近づく飽和状態
生活用品の充実
店舗数の増大
100円ショップのマーケティング戦略
*製品戦略*
<消費者を飽きさせない努力>
・毎月1000種類の新商品
・売れない商品も定番として残す
→商品の多様化につながる
・返品、破棄はしない
・・・いつかは売れる発想
*流通戦略*
・大量仕入れによるコスト削減
①国内の大手メーカー品を仕入れる
②中小メーカーから直接仕入れる
③国内の専門卸売業者から仕入れる
④自社ブランド
・卸売り業者を通さない
「工場直行」を実現
→商品を安価に抑えられる理由
*価格戦略*
・100円商品
最近では100円以上の高額商品もある
→消費者を飽きさせない
→品質の向上
・社員数が少ない
人件費削減
・・・他の小売店に比べ仕事量が少ない
ため可能
*プロモーション戦略*
・ほとんど広告を打たない
・・・コンセプト自体が宣伝
・・・値段の格差が商品によってない
・店内の売り場配置を必要に応じて変える
・徹底した声出し(商品アピール)
・ご案内板(商品POP)の作成
販売促進に繋がる
一般小売業と100円ショップのマーケティング戦略の違い
一般小売業
・
・
・
・
・
売れ筋に絞り込む
複数の卸売業者が介在
する
その商品に見合った価
格
割引や値下げを行う
広告や宣伝にて目玉商
品を売り込む
100円ショップ
4P
製品
(Product)
流通
(Place)
・
・
・
・
売れない商品も定番とし
て残す
返品、廃棄はしない
大量仕入れによるコスト
削減
卸売業者を通さない
100円商品
(最近では100円以上の高額
商品もある)
・ 社員数が少ない(経費削
減)
・
価格
(Price)
プロモーション
(Promotion)
・
・
ほとんど広告を打たない
店内の商品配置を状況に
応じて変える
100円ショップの今後の展開
*商品の多様化*
・商品の欠品を防ぐ、品数の充実
・新たな分野での均一販売
例)生鮮食品の販売
*サービスの向上*
・ダイソー
携帯クレジット「iD」の導入
・セリア
リアルタイムPOSシステムを導入
まとめ
●今までに無かった事業形態
●商品をより安く提供できるシステムに強い
●消費者を飽きさせない
→商品の多様化
「安かろう悪かろう」のイメージを払拭
●徹底したコスト削減を行う
●今後の飽和状態を打開する戦略の必要性
参考文献




「徹底解剖100円ショップ」
アジア太平洋資料センター:コモンズ:2004年3月30日
「生産と流通のしくみがわかる 100円ショップ大図鑑―安さ
のヒミツを探ってみよう!」
PHP研究所、ピーエイチピー研究所:2005年8月
「100円ショップの魔術商法」
三浦あかね:エール出版社:1999年
2006年3月16日 日本経済新聞
ダウンロード

100円ショップのマーケティング戦略