大学の教科書販売への提案
近畿大学 経営学部 会計学科
綿田ゼミ6期生 出口 浩子
2010.1.9
目次
1.大学の教科書販売の実態
2.インターネット販売提案
3.インターネット販売の仕組み
4.導入による効果
5.導入のための前提
1.大学の教科書販売の実態
大混雑の発生
年間販売機会損失
 過剰発注・売り切れ
1億2990万7千200円
1位 混雑

購入を
諦めた理由
2位 売り切れ
高価格
2.インターネット販売導入
HP上に
システム導入
注文
学生
発注
出版社
3.教科書販売の仕組み
発送日の
HP上から 指定 発送地の
指定
教科書を注文
現物引き換え
代金払い
4.導入による効果
逃していた売上確保
 過剰発注・売り切れ防止
 混雑解消
 経済の活性化
 意思決定の正確化

5.導入のための前提
事務に余裕あり
 配達業者との連携
 生協との提携
 ピッキング可能
 維持費の安い在庫が存在

ダウンロード

大学の教科書販売への提案