(OSSAJセミナー)
WEB2.0時代のビジネスモデル
2006年2月23日
株式会社デジタルガレージ
取締役 遠藤玄声
WEB2.0時代のビジネスモデル
1
本日の講演内容
(講演タイトル)
WEB2.0時代のビジネスモデル
“everything being connected”
(講演内容)
サイト間連携の重層化、収益モデルの多様化、
ロングテールの市場、消費者の役割変化、
などについて解説します。
また様々なビジネス戦略を考える際に有効な
エコシステムという概念を紹介します。
WEB2.0時代のビジネスモデル
2
ブルーオーシャン戦略
既存市場での競争を脱して、「競争の無い新規市場を創造」する
ブルーオーシャン戦略の6つのパス
(市場の境界を引き直す)
パス1.代替産業に学ぶ
パス2.業界内のほかの事業分野から学ぶ
パス3.買い手に目をむける
パス4.補完財や補完サービスを見渡す
パス5.機能志向と感性志向を切り換える
パス6.将来を見通す
まず、エコシステムから考えてみる
WEB2.0時代のビジネスモデル
3
エコシステム : ホテルビジネスのケース
関連したビジネス全体を生態系として捉える
(セグメント内競合か/セグメント間競合か)
ホテルの競合は
他の観光地のホテルか?
ホテルの競合は
旅行以外のレジャーか?
HOTEL
HOTEL
HOTEL
ホテルの競合は
旅行に占める他の費用か?
ホテルの競合は
近隣の他ホテルか?
WEB2.0時代のビジネスモデル
4
サイト連携の重層化
バリューチェーンの規模拡大が付加価値の拡大に繋がる
キャンペーン
サービス
カテゴリー
ポータル
会員
サービス
ペイメント
サービス
ECサイト
ポイント
サービス
マイクロ
コンテンツ
コンテンツ連動
商品広告
オンデマンド
サービス
コミュニティ
(BLOG/SNS)
・・・・
ポータル(サーチ)
クチコミ情報
(CGM)
(利用者)
WEB2.0時代のビジネスモデル
5
収益モデルの多様化
他ECサイト
への誘導
商品情報
提供
商品広告
¥
自社ECサイト
での商品販売
¥
¥
¥
オークション
での販売仲介
¥
アクセス
ランキング
情報
¥
ポータル
¥
¥
コミュニティ
コンテンツ
販売
(利用者)
WEB2.0時代のビジネスモデル
6
パレートの法則とロングテール
マスの売れ筋中心から、ニッチ集積中心へ
(販売量)
パレートの法則によれば
少数の売れ筋商品から
大半の売上・利益が得られる。
(マス中心論)
ロングテールと呼ばれる
ニッチな需要を「集積」できれば
マスを上回る需要が生まれる。
(ニッチ集積論)
(商品種類)
WEB2.0時代のビジネスモデル
7
マイクロコンテンツ
属性データが付属された、流通単位の小さな、コンテンツのこと。
多様なサービス/機能と結びついて利用される。
マイクロ
コンテンツ
ECサイト
各種コンテンツ連携
サービス
コンテンツ連動
商品広告
ポータル(サーチ)
(利用者)
WEB2.0時代のビジネスモデル
8
消費者の役割変化(CGM)
消費者から発信する情報メディア(クチコミ)が消費動向を左右する
(CGM:Consumer Generated Media)
マイクロ
コンテンツ
商品広告
ECサイト
アフィリエイト
ポータル(サーチ)
(消費者:情報受信者)
メーカー
/流通
商品企画・サービス企画
(評判・クレーム・要望)
クチコミ情報
(CGM)
(消費者:情報発信者)
WEB2.0時代のビジネスモデル
9
ソフトウェアのライセンス販売とサービス提供
ソフトウェアを、ライセンスとして「販売」する方法と
利用サービスとして「提供」する方法がある。
自社
システム
ソフトウェア
サービス
システム
(利用者)
ソフトウェア
(利用者)
WEB2.0時代のビジネスモデル
10
顧客主義と市場主義
最重要セグメントは、既存顧客か?新規分野か?
(「潮目をみる」周辺視野戦略のあり方)
mid80 : Downsizing / End user market
1988 : Market-driven strategy
1990 : product-based small companies
(IBM business transformation)
1994 : e-business / service-based integration
2002 : e-business on demand
WEB2.0時代のビジネスモデル
11
ダウンロード

MS PowerPoint 版