道北地域
インキュベーション・マネージャー
支援事例集
SUPPORT CASE
特集1:産業支援機関のIMを紹介
特集2:支援事例
◆企業からのメッセージ◆
北 海 道
(一財)旭川産業創造プラザの概要
当財団は、道北地域(上川、留萌、宗谷)の産業の高度化、中小企業の支援を行うた
めの良き相談相手として、企業ニーズや大学・公設試のシーズの積極的な掘り起こしや、
産学官交流によるビジネスチャンスの創出に努めるとともに、各種相談やコーディネート、
セミナーや研修会を通じた人材育成、インキュベートルームの賃貸や研究開発への助成
など、総合的な支援を通じて、新製品・新技術の開発や新分野進出に取り組む企業や新
規創業を目指す皆様を力強く応援します。
また、当財団の支援機能を支えるのが、「旭川ものづくり総合支援センター」です。旭川
ものづくり総合支援センターは、当財団をはじめとする6つの専門機関で構成された産業
支援機能の連携体で、家具木工、機械金属、食品加工、IT、企業経営などそれぞれの
分野から当財団のコーディネート機能を力強く支えています。
〒090-0836
北海道旭川市緑が丘東1条3丁目
1番6号電話:
0166-68-2820
FAX:0166-68-2828
URL:http://www.arc-net.or.jp
[アクセス]
旭川空港から車で約12㎞
JR旭川駅から車で約8㎞
特集1:産業支援機関のIMを紹介
インキュベーション・マネージャーって何?
ビジネス・インキュベーションという言葉の由来は、アメリカのある地域で、倒産した会社の
広大な建物を買い不動産業を始めた人が、建物の中を小さく仕切り失業者の起業場所に貸し
た時、借り手の中に養鶏業者がいて孵化器(インキュベータ)を使い鶏を育てていました。たく
さんの卵を孵して雛を育てることが、大家が失業者の世話をやきながらビジネスをたくさん立
ち上げることと似ていたので、「ビジネス・インキュベータ」を経営していると大家が冗談を言っ
たのが始まりと言われています。
インキュベーション・マネージャー(以下、「IМ」という。)とは、新規創業や経営革新などの新
規事業などに意欲的に取り組む企業の問題解決を図る人材のことです。
現在、道内には29名のIMが地域産業支援機関などに配置されています。北海道の地域経
済の活性化を図るため、関係機関とのネットワークを活かしながら、日々、地元企業のサポー
ターとして活動しています。
企業支援グループ 主査
中川 敏史
前職では、材料系卸業者に勤めており、この経
験を活かすべく平成19年度に日本新事業支援
機関協議会が実施していたインキュベーション・
マネジャー養成研修を受講いたしました。
現在は、当財団の企業支援グループに在籍して
おり、研究開発や販路開拓等の相談対応や国
及び北海道等の委託・補助事業を担当し、道北
(上川・宗谷・留萌地区)の中小企業等の支援を
行っております。専門外の分野に関しましても、
専門家の招聘等も行いながら対応しております
ので、お気軽にご相談ください。
NAKAGAWA TOSHIFUMI
特集2:支援事例① ◆企業からのメッセージ◆
商品の研究開発・販路拡大
3Dターニングマシン
■企業の概要
企 業 名
所 在 地
設
立
業務内容
U
R
L
: 旭川機械工業株式会社
: 北海道旭川市永山北3条7丁目1-11
: 昭和38年2月
: <一般産業機械設計製作施工>
創業以来、顧客のニーズに合った、顧客のためのオリジナル産業機械を提
供しており、近年では電気制御を兼ね備えた自動制御機器の製作・販売を
行っている。 一次産業や二次産業の分野において幅広い技術を有し、顧
客の志向に応じた設計・製作・据付工事の一貫した業務を行っている。
: http://www.asahikawakikai.com
◆加工例
◆3Dターニングマシン
◆第9回新機械振興賞 現地調査
木製品の材料には道産のトドマツの人工林材を活用するなど、環境に配慮した商品である。
軽量畳はポリオレフィン樹脂を使用し、長期間の折り曲げにも形状復元特性があり、耐水性
もある事から、幅広い使用に耐え、避難所や宿泊施設などへの納品実績がある。
■支援機関に相談した内容についてお聞かせ下さい。
平成20年12月頃、道総研の林産試験場で開発され
たチップソー(丸のこ)を用いて木材を三次元加工す
る技術を製品化して販売していきたいと、旭川産業創
造プラザに相談した。
当時は、まず実用化に向けて試作機を製作する必要
があり、試作開発を行うための補助金や、ビジネスと
しての可能性を検討するための市場調査、販路開拓
の相談を行った。
■現状と問題点・課題をお聞かせください。
現在は試作機(3Dターニングマシン)が完成し、販
路開拓を行う上での、展示会出展、市場調査など、販
売に向けた具体的な取組にかかわる指導・助言を受
けており、授産施設等とのマッチングも数か所行って
もらっている。今後も、同機の認知度を高めるために
は、自助努力と併せて、産業創造プラザに情報提供
やマッチングなど様々なサポートをして頂きながら、販
売先となって頂けそうな企業・社会福祉施設等へのヒ
アリング、開拓を進めていきたい。また、試作開発した
3Dターニングマシンを実際に販売していくためには、
ニーズに応じた製品改良が不可欠であり、今後は、昨
年実施した社会福祉施設でのモニター調査の結果や
展示会等で頂いた回答を踏まえた騒音対策など機械
性能の向上を図るとともに、販売価格、メンテナンス
体制も含めたトータルな体制を整備し、販売に結びつ
けたい。
■支援機関からどのようなサポートをしてもらいまし
たか。
・各補助金の紹介、アドバイス、助言。
・展示会出展への推奨。
・企業・社会福祉施設への訪問、打合せの同行。
・各賞の募集の案内及び申請における助言、プレゼ
ンテーションの同行。
■では、支援後の具体的な成果(途中の段階のも
のでも構いません)についてお聞かせ下さい。
・経済産業省 平成21年度 地域産業資源の認定。
・全国中小企業団体中央会 平成21年度 ものづくり
中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援
事業)の交付。
・平成22年度旭川市ものづくりもう一押し支援事業補
助金の交付。
・2010年11月ビジネスEXPOへの出展補助。
・平成23年度旭川しんきん産業振興奨励賞 受賞
・平成23年度旭川市ものづくりもう一押し支援事業補
助金の交付。
■今後の目標・展望をお聞かせください。
・現在進行中の3Dターニングマシンをユニバーサル
なNC木工工作機械として、社会福祉施設や一般企
業への販売を実現し、数年後には全国展開していき
たい。
― IM から一言 ―
社会福祉施設を筆頭に様々な分野で活用が見込める製品の機能性をア
ピールし、販売促進につなげて頂きたい。
特集2:支援事例② ◆企業からのメッセージ◆
商品の研究開発・販路拡大
I・Kモータ及び小型発電体の開発
■企業の概要
企 業 名
所 在 地
設
立
業務内容
U
R
L
: 株式会社コスモメカニクス
: 北海道旭川市豊岡5条4丁目2-11
: 平成元年3月
: <電動刈払機、モーターの設計・製造>
独自特許を活用したコアレスI・Kモータを設計、製造、販売している。これは
自社製品の電動刈払機デン・カルに搭載する他、大手電動工具メーカーの
OEM供給を行っている。また、その技術を利用した小型エンジン発電機用
発電体や自動車関連産業用モータなど、応用機器の開発も行っている。
: http://www.cosmo-mk.co.jp
◆ IK-Motor
◆発電体
◆電動刈払機デン・カル
現在はI・Kモータを刈払機デン・カルに搭載中。振動・騒音が極めて少なく、排気ガスの出な
いプロ用機種として活躍中です。また、経済産業省の認定を受けた新連携事業内において、
コアレス・ブラシレスモータを開発中。ラインナップの充実、応用機器製品への搭載を目指し
ております。
■支援機関に相談した内容についてお聞かせ下さい。
①モータの小型・高出力化を行うための資金面、技
術面における課題について相談した結果、新連携事
業に申請し、開発推進することとなる。(H18)
②モータ技術の水平展開として小型エンジン発電機
用発電体の開発を行う上で課題となっていた、公設機
関との調整、製品の市場調査、メーカーと機械装置の
仕様調整について相談した結果、地域イノベ推進開
発事業に申請することとなる。(H21)
③研究開発段階から事業化に向けた資金調達方法
について相談し、上川振興局を紹介頂き、経営革新
法の申請を行った。
④小型エンジン発電機用発電体の技術を応用した小
型風力用発電体の開発を行うための資金調達方法を
相談した結果、補助金メニューを紹介頂き、開発推進
することとなる。
■現状と問題点・課題をお聞かせください。
②は、連携事業は5年の事業期間を終了。地域イノ
ベ事業は約2.6kWの試作に成功し、事業終了後は更
なる改良を行い、大手エンジン発電機メーカー用量産
タイプの試作を行っている。③は、営革新法の申請を
行い、認定され、④では、補助金を受け、開発中。ま
た、①は、モータ電機子回路、磁気回路の高効率化、
小型化を図るために必要となるトリマー、ブロワー等
林業機械の開発を継続し、最終的な製品化を目指し、
②量産は、産用発電体の技術的課題は解決したが、
現在はコストダウンを図るための設計を行っている。
また、当発電体に適したインバータを開発するため、
試作を依頼している。
③発電体事業化までの安定した資金確保
■支援機関からどのようなサポートをしてもらいまし
たか。
①新連携事業時には行政、地域企業とのコディネート
や公設機関との連携を推進頂いた。
②地域イノベ事業時には管理法人として研究開発の
スケジューリング、課題発生時には他機関と調整し解
決方法の提案、財務管理等をご支援頂いた。
③研究開発~事業化までの資金調達に関する情報
提供
④研究開発資金の補助
⑤その他、研究開発を行う際の専門家等の紹介。
■では、支援後の具体的な成果(途中の段階のも
のでも構いません)についてお聞かせ下さい。
・経済産業省 平成21年度 地域産業資源の認定。
・全国中小企業団体中央会 平成21年度 ものづくり
中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援
事業)の交付。
・平成22年度旭川市ものづくりもう一押し支援事業補
助金の交付。・新連携は5年間の事業が終了し、開発
した新型コアレスモータを大手電動工具メーカーの
コードレス刈払機にOEM供給し事業化することに成
功。
・地域イノベ事業で開発した小型発電体の試作機を
更に改良し、量産用として開発を継続している。現在
はコストダウンを検討し、来春に大手発電機メーカー
にOEM供給予定である。
・補助を受けた研究開発事業では、現在風力発電ユ
ニットの開発を推進中である。
■今後の目標・展望をお聞かせください。
・モータ、発電体については更なる高出力化、軽量化
を行い、自動車関連産業用、一般機械産業用として
早期に製品化を図り、事業化を目指す。
・現在は仕入れ価格の不安定なレアアース磁石(ネオ
ジム系)を使用しているが、これをレアアースレスでも
安定した磁気特性、性能が得られるモータの開発を
実現し、価格の安定した製品供給を目指す。
― IM から一言 ―
特殊なモータなため更なる活用を検討し、積極的な販売戦略で北海道か
ら世界に羽ばたく企業を目指す。発電体は製品手前であるが、大手の企
業と連携しての開発を進めているため、もうひと押しの支援を心がける。
特集2:支援事例③ ◆企業からのメッセージ◆
商品の研究開発・販路拡大
小型自動ジャガイモ皮むき機の開発
■企業の概要
企 業 名
所 在 地
設
立
業務内容
: 株式会社エフ・イー
: 北海道旭川市工業団地3条2丁目2-27
: 昭和34年4月1日
: 野菜洗浄機・選別機 設計・製造・据え付け
地下タンク、オイルタンク、圧力容器製造
濾材洗浄選別装置 設計・製造・販売・リース
超減容型有機性廃棄物処理装置の設計製造
U
: http://www.fesystem.co.jp
R
L
◆ IK-Motor
◆ 自動小型ジャガイモ皮むき機
◆ コンパクトピーラー
「薄むき名人」
小型自動皮むき機「薄むき名人」は、農業者だけでなく食品加工業者及び飲食店等にも活用
できる装置となっている。
現在も、農業者からの情報を集め研究開発を進めているが、近年は大手食品加工業者から
も情報を収集し、食品加工装置の開発を進めている。
■支援機関に相談した内容についてお聞かせ下さい。
当社は、根菜類を中心とした野菜の洗浄機・選別機
を設計から製造・設置試運転まで一貫して行う、農業
機械製造業者です。近年は特殊ブラシと水膜を活用
した大根洗浄機を開発し、全国各地から評価を得ら
れる企業となりました。このような事業展開を行ってき
た中で、ジャガイモ道内規格のSサイズ以下は澱粉原
料程度の活用しかなく、殆どが廃棄されていると云う
声を農業者から頂きました。この声に応えるべく、平
成19年に「根菜類自動皮むき機」を開発いたしました。
この装置は全国に高評価を受け販売台数も伸びまし
たが、1日の加工量が4tと非常に大きい装置な為、通
常の農業者や農産加工業者、飲食店等からは、少量
加工で安価、尚且つ同様の機能を持つ装置を開発し
て欲しいと多数受け、(一財)旭川産業創造プラザに
相談しました。
■開発時の問題点・課題をお聞かせください。
同装置を開発するうえで課題となったのは、根菜類
自動皮むき機に比べ小型化するため、加工ストローク
が稼げず、ライン式装置ではなくバッチ式装置にする
ことでありました。そこでジャガイモを滞留させ皮を剥
くことを検討したが、根菜類皮むき機のドラムピーラー
ですと、皮が剥け過ぎてしまい、歩留まりが下がる装
置になった。検討を進め、当社の野菜洗浄機の技術
を応用し、コンパクトブラシピーラーを開発し、ジャガイ
モを滞留させ、イモ同志を擦り合せる皮むき装置の技
術が確立した。更に、大手加工業者より当社に要望
があった、ジャガイモの薄皮を残す技術も同時に確立
された。
■支援機関からどのようなサポートをしてもらいまし
たか。
相談時には行政、地域企業とのコディネートや公設
機関との連携をしていただき、ビジネスプラン検討会
議を立ち上げていただいた。(地域新ビジネス創出シ
ステム推進事業)
平成22年度には北海道補助事業「地域新ビジネス
創出モデル事業」では管理法人として研究開発のス
ケジューリング管理、他機関と調整し解決方法の提案、
材料の調達等をご支援頂いた。
開発後は展示会の出展等、販売促進支援を頂き、
実際の顧客の紹介を受けた。
■では、支援後の具体的な成果(途中の段階のも
のでも構いません)についてお聞かせ下さい。
小型自動ジャガイモ皮むき機「薄むき名人」は、平成
23年春から販売し、同年度8台の売上実績がござい
ました。また、第1回旭川元気ものづくり大賞の準大
賞もいただき、各方面から評価を受けております。ま
た、同開発の基となった根菜類自動皮むき機は第4
回日本ものづくり大賞 製品・技術開発部門において
優秀賞もいただいております。支援機関と連携するこ
とにより、このような賞への申請意欲の向上や、PRを
行う重要性を再認識させていただきました。
平成23年度も、食関連「知の地域づくり」推進事業
に(一財)旭川産業創造プラザが参画していることも
あり、開発企業として「じゃがいもの一次加工高度化
システムの開発」に協力させていただき、当社の技術
力向上に協力を得ている。
■今後の目標・展望をお聞かせください。
小型自動ジャガイモ皮むき機「薄むき名人」は平成2
3年度内に8台の売り上げ実績があったが、現状の価
格としては安価でないため、コスト削減を行い市場に
乗りやすい価格にて提供を目指す。
本開発の経験を活かし、(一財)旭川産業創造プラ
ザ及び他機関と連携した開発を今後も展開し、地域
産業の活性化を目指します。
― IM から一言 ―
根菜類の洗浄装置等に関しては全国でも有名な企業であるが、そのため、
企業のニーズ、ユーザーのニーズが集まる企業ともなっている。今後、こ
の情報を収集し、研究開発等の支援を継続して行いたい。
ダウンロード

インキュベーション・マネージャー 支援事例集