2011年10月15日
商品開発と新規事業計画
の立て方
ビジネスプロデューサー 内田研一
本日覚えて頂きたいこと
どんな稼ぎ方を目指すべきか考える
1.御客さんの幸せと商品の仮説を考える
2.調べてみる、聞いてみる
3.儲かるかどうか計算してみる
商品開発に進む
1
どんな稼ぎ方を目指すべきか考える
~
原理原則
稼ぎ方
利益率
販売量
直接販売
高
少
間接販売(卸)
低
多
受託生産(OEM)
契約次第
契約次第
2
どんな稼ぎ方を目指すべきか考える
稼ぎ方
~
三文法の視点
A型 B型 C型 D型 E型
直接販売
○
×
×
×
○
間接販売(卸)
×
○
×
○
○
受託生産(OEM)
×
×
○
○
×
利益率・安定度による
稼ぎ方の組み合わせ
三分法
3
御客の幸せと商品化の仮説
~
前提条件を固める
誰に売るか、どこで売るか?
例)
ネット通販
:ストーリー重視、包装は簡略OK
卸経由小売
:包装、掛け率、日持ち、PL保険
雑誌テレビ通販:在庫準備重要。売り出しに半年
かかることを計算にいれる必要
素材供給
:試験データ、安全性確認必須
4
調べてみる、聞いてみる
~
まずはよく観察してみる
ポイント
・どんなお客さんがその商品を買っているか?
・どのような利用のされ方をしているか?
(=どんな幸せを提供しているか?)
・どんな選ばれ方をしているか?
(=どんな基準で御客さんが買っているか?)
5
儲かるかどうか計算してみる
~
損益分岐点分析
売上高
= 費用
+ 利益
= 変動費
+ 固定費 + 利益
@売価×数量 =(@変動費×数量 ) + 固定費 + 利益
6
儲かるかどうか計算してみる
~
損益分岐点分析
7
市場/マーケットの基本要素 ~ 原理原則
一貫性を持って
“ブレない”こと
が最重要
異業種
参入
マーケティングの4P
顧客
自社
仕入先
目標
強み
商品
サービス
価
格
販
路
広
告
宣
伝
ブランド力
顧客
価値
産業
競合
お客にとっては
自社は
“One of them”
代替品
サービス
8
ダウンロード

商品開発と新規事業計画の立て方