1.先月のアクションアイテム確認
• ■ SATA Disk の現状について
> 製品トレンド
> ディスクバックアップでの市場評価
> などについて、調べる必要がある
• ■ 他社 Low-End Storage 販売状況
> どういった販売戦略を持っているのか?
1.Low End 分科会
SATA Overview
1.シリアル・インタフェースについて
- 歴史
- 性能
2.各社SATA対応ストレージ製品
- 製品紹介
- ソリューション例
3.総評
- ディスクバックアップ
- ILMシステム
- 市場評価
- 提案への指針
1.歴史
1.規格について
- 歴史(シリアルからパラレルへ,そして再びシリアルの時代到来)
11年前以前
6~10年前
最近5年くらい
その昔、シリアル・インターフェースが主流であった時代。
理由:この時代は,一つ一つのドライバが別々の要素(チップや基板)で構成されていた
ため,これらの要素の数を減らすことがコスト削減の鍵となっていた。
昔,パラレル・インタフェースが出回るようになった時代。
理由:複数のドライバを1 チップで実現できるようになり,高性能で低価格なパラレル・イン
ターフェースが出回るようになった。その結果,パラレル・インターフェースが標準的
なインターフェースとなり,シリアル・インターフェースの数は減っていった
とはいえ、長距離通信分野ではまだまだシリアル・インタフェースが主流、ケーブル
(または光ファイバ)の低価格化が,高速な送受信機のコストと相殺されたため。
今、再びシリアル・インタフェースが台頭してきた時代。
理由:パラレル方式の場合,データは同時に送信され,同時に受信されることを前提とし
ているが、インターフェースが高速化し,動作クロックが高くなるにつれ,データはチ
ップの中をつねに一定の速度で伝わるわけではなくなる---つまり,遅延が発生する
ようになる。遅延を回避するための技術が考え出されましたが,それも限界を迎え
つつあります.しかも,そのしくみを設けるためのコストも,インターフェースが高速
化するにつれ高くなります。
つづく
つづき
その結果,パラレル方式で実現するよりも,遅延を回避するためのしくみのいらな
いシリアル方式のほうが安価で実現できるようになった。
例)Fibre Channel、USB、IEEE1394、PCI Express
ATA → Serial ATA へ 、 SCSI → Serial Attached SCSI へ
要するに、こなれた技術を使いコスト削減に成功、新しいながらも歴史のあるインタフェース
2.性能 (SCSI系)
2.性能 (ATA系)
■SATAメリットについて
特徴
利点
- ハイパフォーマンスへのロードマップ
(1.5~6.0 ギガビット/秒)
-パフォーマンス拡張の可能性
- 1メガバイトあたりの低コスト
- 幅広く市場にアピール
- コマンドの最適化
- SATA RAIDをより実用的にする
- Point-to-point接続
- より卓越したデータ信頼性
- ソフトウェアレベルとの高い互換性
- 容易に素早く、低価格で移行
- 1本の細い1メートルケーブル
- より卓越した柔軟性;スペースの
有効利用
- バックプレーンホットプラグ/ホットスワ
ップフレキシビリティ
- ホットプラグ
SATAは、ATAの後継機種として開発。ATA
技術のシリアルテクノロジバージョンである
SATAは、ダ イレクトアタッチドストレージ環
境でのデータ処理を中心とするアプリケーシ
ョンに最適な技術、パフォーマンス、使いや
すさという利点を提供します。もしかしたら、3
年以 内にSATAは、低価格インターフェイス
の選択肢としてATA/IDEに取って替わる可
能性がある。
■デメリットも無いわけではない、、、
FC/SCSI HDDが120万時間以上のMTBFを持つのに対し、SATA HDDのMTBFは40~60万時
間とかなり短い。
2.各社SATA対応ストレージ
Hi-End
Mid-Range
Low-End
EMC AX100
Fujitsu ETERNUS SX300S
NEC iStorage S500/S1500
NEC
NECのソリューション例
D2D2Tの基本提案
D2Dの基本提案
小中規模構成を提案
どちらも、同一筐体内でのバックアップを示している
FUJITSU
FUJITSUのソリューション例
D2D2Tの基本提案
同一筐体内で、FCディスクからニアラインFCディスクへデータコピー、ニアライン
FCディスクからテープライブラリへのバックアップを行うといった方式。
TOSHIBA
TOSHIBAのソリューション例
ここはちょっと古い。
SATA搭載できるローエンドスト
レージはない。
HITACHI
HITACHIのソリューション例
提案モデル8 ~マルチメディアデータ保存・検索~
膨大な映像ソフト等を蓄積・活用するマルチメディアデータを保存・検索システムの構築
参照用映像キャッ
シュディスクとして
の提案例
IBM
IBM 7133 シリアル・ディスク・システム
モデルD40はラック・マウント可能な黒または白色の
ドロワー・モデルで、標準の19インチ・ラックに搭載さ
れます。 また、モデルT40は、黒い筐体のスタンド・
アローン型タワー・モデルです。
最大構成時には、2.3TBの大容量を実現するディス
ク・サブシステムです。
IBMのソリューション例
SAN ボリューム・コントローラーとIBM DS4100ディスクでストレージTCOを削減
現行SAN環境にIBM TotalStorage®SAN ボリューム・コントローラー(SVC)とIBM TotalStorage®DS4100ディスクを導入するメリットは、
1.使用頻度が少ないデータは安価なディスク(SATA)に移行してデータ格納コストを節約できる。
2.SVCの高速コピー(FlashCopy)機能でディスクへの瞬時バックアップができる(バックアップのディスク化)。
3.本番ディスクにフリー・スペースができる。
があり、ストレージ運用のTCO削減効果があります。
HP
ラインナップから見ても、SATA導入については後進である
HPのソリューション例
EMC
EMCのソリューション例
CTCSP
Networld
筐体間でのD2D
バックアップ提案
1次バックアップディスクとしての利用
1.Low End 分科会
3.総評
+ ディスクバックアップ
・ストレージ統合傾向にあるため、ローエンドでは小規模な場合に限る
・D2D2Tとする場合は、ミッドレンジ以上での提案例が多い
+ ILMシステムへの適用
・筐体を分けるILMシステムの提案が少ない
→ SCSIとSATAを混在できるストレージで、D2D2Tシステムを
提案する傾向にある。
・SATAのみのストレージはキャッシュディスクには向かない
+ 市場評価
・確かに、連続稼動時間のみに注目するとFCディスクにはかなわないが、
バックアップデバイスとして認識は一般的となりつつある。今後信頼性の向上も見込める。
+ 提案への指針
・サーバが2台程度のシステム案件であれば、SATAストレージでのディスクバ
ックアップは提案可能、テープドライブとのオペレーションコストが鍵
・ILMシステムでは、FC、SATA の混在可能なストレージでの提案がスマート
したがって、Midrange Storage の提案も有効である。
ダウンロード

Document