カンペーズ
• Otawa ankle rule
• 足関節X線(正面・側面)は以下のいずれか有ればオーダー
•
1) 内果(腓骨)先端より6cmまでの後方に圧痛
•
2) 外果(脛骨)先端より6cmまでの後方に圧痛
•
3) 受傷直後および来院時に患肢で加重できない
• 足部X線(正面・斜位)は以下のいずれか有ればオーダー
•
1) 第5中足骨基部に圧痛
•
2) 舟状骨に圧痛
•
3) 受傷直後および来院時に患肢で加重できない
• 捻挫・骨折の鑑別において、
•
Sens=1.00(Clinical Exsam=0.69)、Spec=0.39、
•
LR+=1.64、 LR‐=0.0
• *ただし、機能予後の悪化を来すような状態にかんしての
感度特異度。小さな剥離骨折などは見逃されることも。
~当直御法度より
研修医.com
http://kensyui.com
• Otawa Knee rule
• 以下のいずれかで膝部Xp撮る
• 1) 年齢55歳以上
• 2) 腓骨の頭に圧痛
• 3) 膝蓋骨に孤立した圧痛
• 4) 90°以上屈曲できない
• 5) 受傷直後および来院時に患肢で加重(4歩)できない
• ▼Ottawa knee rule による骨折診断
• Sens=1.00, Spec=0.49 LR+=1.98, LR-=0.00
~当直御法度より
研修医.com
http://kensyui.com
心不全Framingham
感度
特異度
Dyspnea on exertion
100
17
Orthopnea
22
74
Paroxysmal nocturnal dyspnea
39
80
Peripheral edema
49
47
うっ血性心不全を臨床診断するためには
大症状2つか,大症状1つおよび小症状2つ以上を満たす必要あり
急性心筋梗塞以外の心不全の原因
OMI:弁膜症:心筋症:高血圧:その他=3:2:1:1:1
心臓エマージェンシーの疫学1994 より
研修医.com
http://kensyui.com
• 大症状
•
発作性夜間呼吸困難または起座呼吸
•
頚静脈怒張
•
ラ音
•
心拡大
•
急性肺水腫
•
S3 gallop
•
静脈圧上昇(16cmH2O)
•
肝頚静脈逆流
•
•
•
•
•
•
•
•
小症状
下腿浮腫
夜間咳嗽
労作性呼吸困難
肝腫大
胸水貯留
肺活量が最大値の1/3以下
頻脈(120/min以上)
大症状または小症状
• 5日間で4.5kg以上の治療に
よる体重減少
研修医.com
http://kensyui.com
慢性心不全・増悪因子
~DIE HEART~
•
•
•
•
•
•
•
•
D:Drug Diet
I :Infection Infarction
E:Exercize
H:HT
E:Embolism
A : Anemia
R:Rhythm
T:Thyroid
研修医.com
http://kensyui.com
病態から診断に向かう VINDICATE+P
V: vascular(血管性)
I: infection(感染)/idiopathic(特発性)
N: neoplasm(新生物)
D: degenerative(変性)
I: intoxication(中毒)
C: congenital(先天性)
A: allergy/autoimmune(アレルギー・自己免疫)
T: trauma(外傷)
E: endocrine and metabolic
P:Psycogenic+Pregnancy
研修医.com
http://kensyui.com
TAFな3X MAP&D
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
T; (Cardiac) Tamponade
A; Airway obstruction
F; Flail chest
X; Open pneumothorax
X; Tension pneumothorax
X; Massive hemothorax
M; Massive hemothorax
A; Abdominal hemorrhage
P; Pelvic fracture
切迫するD
心タンポナーデ[C]
気道閉塞[AB]
フレイルチェスト[B]
開放性気胸 [B]
緊張性気胸[BC]
大量血胸[BC]
大量血胸(重複)
腹腔内出血[C]
後腹膜出血[C]
重度頭部外傷 [D]
研修医.com
http://kensyui.com
研修医.com
http://kensyui.com
徐脈の鑑別 VF AED ON!
•
•
•
•
•
•
•
V
F
A
E
D
O
N
Vagal reflex (VVR)
Freezing
AMI/Acidosis/Adam stokes
Electrolite(特にK↑↓高Mg)/Endocrine
Drug(ABCD)
O2
Neurogenic shock+脳血管障害(クッシング現象)
研修医.com
http://kensyui.com
• E Electrolite(特にK↑↓高Mg)
•
Endocrine(甲状腺機能低下 副腎不全)
• D Drug(ABCD)^多いもの
•
Aantiarrhythmic agent
•
BβーAdrenergic blockers
•
Ccalcium-channel blockers
•
Ddigoxin
• O O2
研修医.com
http://kensyui.com
高体温時の重要な合併症
•
•
•
•
•
•
横紋筋融解症
腎前性腎不全
肝機能障害
高K血症
低カルシウム血症
高乳酸血症
重要なDDx:甲状腺クリーゼ
研修医.com
http://kensyui.com
脳炎・髄膜炎
Wells criteria
臨床的徴候(客観的に測定した下肢腫脹、深部静脈に
沿った触診での痛み。
HR>100
トイレ以外三日以上連続で臥床、あるいは4週以内に手
術した。
DVTあるいは肺塞栓と前に客観的に診断されている。
喀血
癌があり治療をうけている、6ヶ月以内に中断した、ある
いは待機療法を受けている。
肺塞栓が他の疾患と同等かそれ以上に考えやすい(問
診と診察からECG、胸部写真、血液検査を使って)。
研修医.com
http://kensyui.com
3.0点
1.5点
1.5点
1.5点
1.0点
1.0点
3.0点
Wells criteria
• The pretest probability of pulmonary embolism
•
low<2.0点, 2.0点≦moderate≦6.0点, 6.0点<high.
•
high pre-test probability (40.6% [CI, 28.7% to 53.7%])
•
moderate pretest probability (16.2% [CI, 12.5% to 20.6%])
•
low pretest probability (1.3% [CI, 0.5% to 2.7%])
• NPV of the D-dimer test
•
entire patient 97.3% (CI, 95.8% to 98.4%)
•
low-probability group 99.5% (CI, 98.4% to 99.9%)
•
moderate-probability group 93.9% (CI, 89.8% to 96.7%)
•
high-probability group 88.5% (CI, 69.9% to 97.6%)
•
低リスクでD-dimer testが陰性ならPEは否定しうる、
というリスクスコア。
研修医.com
http://kensyui.com
肺虚脱の程度分類
1度:肺尖部が鎖骨の上
2度:肺尖部は鎖骨の下にあるが、
虚脱率は一側全体の50%を超えない
3度:虚脱率が一側全体の50%を超える
研修医.com
http://kensyui.com
研修医.com
http://kensyui.com
研修医.com
http://kensyui.com
熱傷の範囲
研修医.com
http://kensyui.com
重傷度判定(Burn Index)
Brun Index =
½×Ⅱ度熱傷(%)
Ⅲ度熱傷(%)
+
10~15以上 = 重症熱傷
研修医.com
http://kensyui.com
重傷度判定(Artz分類)
★重症熱傷
1.Ⅱ度30%以上
2.Ⅲ度10%以上
3.気道熱傷
4.陰部熱傷
5.顔面・手・足熱傷
6.電撃傷・化学熱傷
7.骨折・軟部組織損傷を伴う
研修医.com
http://kensyui.com
ダウンロード

カンペ集 - 研修医.com