21世紀型科学教育の創造Ⅱ
「天文学とプラネタリウム」
~ある天文学普及プロジェクトの取り組み~
東京学芸大学教育学部
塚田 健
「天プラ」の理念
天プラは、専門の異なる人たちが互いに自らの特徴を
活かして協力することによって、これまでにないアイデ
アの普及活動をすること、また、そのための機会を提供
することを目指している。
つまり
天プラは、天文学普及に興味のある人たちが、集い、
互いを知り合い、それぞれの専門を持ちよることに
よって新しい天文学普及の方法を探り、実行する
「場」である。
天プラの特徴
1. インターネット上での活動
主な活動は、ML(メーリングリスト)上で行われている。
今までになかった新しい天文学普及の形を、
インターネットという手段を活用して作り出していく。
2. 個人ベースでの活動
所属にこだわらずに、個人が自由に意見を出し合い
活動し、様々なものを作り上げていく、新しい天文学
普及のコミュニティである。
天プラへの道のり
問題意識 天文学のような理学は今後立ち行くのか?
【 立ち上げの背景 】
・ 潜在的な天文普及への興味(学生)
・ 生の天文学への需要(科学系諸施設)
手始めに、「天文学」と「プラネタリウム」をつなげてみよう
(その後、対象は「天文学普及」に興味を持つ全ての人に拡大)
学生は普及活動に前向きである
(発起人だけで盛り上がっても仕方ないので)2003年度天文天体
物理若手の会・夏の学校にて、高梨・平松が調査。
アンケート
「 天文学の普及活動に興味
は? 」
全体的に前向き
しかし、
活動例は少ない
プラネタリウム・科学館側は?
(学生だけで盛り上がっても仕方ないので)2003年度JPS
(日本プラネタリウム協会)佐賀大会にて、高梨・平松が調査。
アンケート
「学生と協力しての事業に興味は?」
興味のある館は多い
しかし、
活動例は少ない
なぜ、活動例が少ないのか?
<学生側>
したくとも、話が来ない/どうしたらいいかわからない
<プラネタリウム・科学館側>
学生のことはよくわからない/知り合う場がない
↓
お互いに交流できれば問題ない?
↓
交流の場を作って試してみよう
天プラ
天プラはどのような集団か?
現在は、天文学の普及に興味のある学生とプラネタ
リウム・科学館関係者などによって構成されている。
【学生】
天文学を専攻している必要はない
→教育系や芸術系などの学生もいる
【社会人】
プラネタリウム・科学館関係者である必要はない
→教員や科学ジャーナリスト、企業の方も大歓迎!
参加者の分布(2004.8.18現在)
・参加者は大都市圏に多い
・全国にあまねく広まっているわけではない
天プラでできること ~学生の場合
例えば・・・
一般と研究者のギャップを埋める役割
一般的な天文学のイメージ:星座、神話、星
研究者の天文学のイメージ:物理、宇宙
天文学を専攻している学生は、研究者の視点も
未熟ながら持っている。
学生ならばギャップを埋めるやすいと考えられる。
(あるいは、ギャップを知る機会となる)
一般の人々と天文学のつながりを表した模式図
線の太さは情報量
天プラから派生した活動
① 交流事業
プラネタリウムの見学会など、メンバー同士の交流
のできる場を提供。
② 天文普及事業
科学館・プラネタリウムと学生の協力による講演会
や天文教室に加えて、天文グッズの製作やゲーム
の開発など、さまざまな方法での普及活動が行わ
れている。
③ 普及の普及事業
さまざまな機会を通じて、天プラの輪を広げていく。
7.天プラへのアクセス
http://www.tenpla.net
チラシも配付しています
ダウンロード

21世紀型科学教育の創造 発表資料(pptファイル)