かのじょは なきながら よるを すごし、
なみだは ほおを つたっている。かのじょの
あいするものは、だれも なぐさめて くれない。
そのともも みなかのじょを うらぎり、かのじょの
てきとなってしまった。
(あいか 1:2)
ふくいんの なみだが
あってこそ
ふくいんを
かいふくする
ことができます
1. なみだの ない じだいは れいてきに
しんだ じだい です
エジプト
じだいに
なみだが ない
ひとたち
ローマじだいに
なみだが ない
バビロンじだいの
ちょくぜんにも
なみだが なかった
おうたち
ユダヤじんたち
2. ふくいんてきな なみだが あってこそ
いかされます
エレミヤは ふくいんてきな なみだを
ながしました
イスラエルの なみだは ときが
おそい こうかいの なみだ でした
たみと じせだいの なみだは
くなんの なみだです
かなしみ
と
なくこと
くなん
と
ほりょ
しんでん
はかい
3. ふくいんの なみだを さとれば
すべての ことが かいふく されます
ダウンロード

슬라이드 1