ICTプロフェショナル概論
講義サマリー
Office PiT
NETCITYS株式会社
久保田 浩二
経済産業省推進資格
JMBSコンサルタント・グループ
ICTエンジニアの仕事
事業経営に関する領域
従事する人の領域
システム技術に関する領域
ITに関する事業フェーズ
経営戦略
の策定
戦略
情報化
情報化
資源
企画
調達
情報
システム
システム
運用
開発
デリバリ
アプリケーション・システム部分のフェーズ※
システム化 要求仕様の システム
業務の分析 抽出・確定 機能の設計
システム システム製造
テスト
実装設計 プログラミング
環境設定
運用
プロジェクト・マネージャ
システム・
アナリスト
システム・エンジニア
プログラマ
運用管理エンジニア
(システム・アドミニストレータ)
関連するエンジニアの領域
※フェーズ名は、一般的な言葉で記述しています
ICTエンジニアの仕事
実業務の世界
汎化、抽象化
情報システムの世界
企業の成長・発展のために、経営に役立つ情報システムを構築・運用する仕事
利用者が抱える様々な課題を
ITを使って解決する。
○社内業務を効率化したい
○生産設備の稼働率を上げたい
○顧客サービスを向上させたい
○社内のノウハウを共有化したい
○必要な情報を素早く手に入れたい
○複雑な計算を正確に早く実行したい
・
・
・
ITエンジニアのキャリア・パス
エンジニア
人 材 像
経営戦略に基く情報戦略の立案、システム化全体計画及び個別
システム・
アナリスト
システム化計画の策定を行うとともに、計画立案者の立場から情
報システム開発プロジェクトを支援し、その結果を評価する。
情報システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の作
成、要員などのプロジェクト遂行に必要な資源の調達、プロジェクト体
プロジェクト・
マネージャ
制の確立及び予算・
納期・
品質などの管理を行い、プロジェクトを円
滑に運営する。
情報システム開発プロジェクトにおいて、プロジェクト計画に基いて、
業務要件分析からシステム設計、プログラム開発、テストまでの一
連のプロセスを担当する。
システム・
エンジニア
特に、業務要件定義、システム機能(
外部)
設計では、利用者との
折衝や仕様の確定に中心的な役割を果たし、テスト工程でその機
能が実現されていることを確認する。
情報システム開発プロジェクトにおいて、システム機能に基いて、
プログラムに機能を実装するための内部設計書・
プログラム設計
プログラマ
書を作成し、効果的なプログラムの開発を行う。
また、各々のプログラムが担う機能が実装されていることを確認
するテストを行う。
情報システム基盤(
業務システム共有のシステム資源:
CPUや
運用管理エンジニア
記憶装置等)
の構築・
運用において中心的な役割を果たす。
情報システムの動作環境や、品質、安全性を維持する。
実際のシステム開発シーンでは、それぞれの役割は常に独立している訳ではなく、
複数の役割を兼務することもあります。
どんなスキル・ノウハウが必要か
専門技術
業界知識
業務知識
システム開発手法
プロジェクト管理
コンサルティング
プロフェショナルとして、自らの専門性を高める
ために、深く追求していく領域
全てに精通する必要は無いが、ある程度の幅
と、いくつかの得意分野を持つことが必要
ICTの基礎技術
システムの基礎知識・技術
プログラミング能力…等
社会人としての能力
社会人としての意識
対人折衝、コミュニケーション
協調性、リーダーシップ
技術者としての物の見方、考え方
社会常識、自己管理、チャレンジ精神
初級ICT技術者として、キャリア・アップ
していくためのベースとなる領域
幅広いカバーが必要
社会人として、どんな
業種、業務であっても
ベースとして身に付け
ておく必要がある領域
ITの分野は、DogYearからMouseYearと言われるほど変革が早い。
しっかりしたベースを持って、常に新しい動きを見ていないと、取り残される。
標準となるテクノロジーを見極める力も重要。標準から外れたプラットフォームはすぐに
淘汰される。…(OS2、NetWare、Officeツールetc.)
システムのライフサイクルとITエンジニアの役割
従来の役割
プロジェクトマネジメント/コミュニケーション
経
営
戦
略
策
定
戦
略
情
報
化
企
画
情
報
化
資
源
調
達
情
報
シ
ス
テ
ム
開
発
運
用
サ
ー
ビ
ス
デ
リ
バ
リ
・
I
T
立ガ
上バ
ナ
げン
とス
計
画
活動のモニタリング/コントロール
従来のカバー範囲
これからのカバー範囲
成
果
モ
ニ
タ
リ
ン
グ
利用者の要望を満たす
情報インフラを調達し、
情報システムを構築・
運用する。
新たな要望が発生すれ
ば、システムの改訂を
行う。
これからの役割
利用者の事業戦略に貢献
する情報システムを利用者
と共に企画し、それを構築・
運用することによって、利用
者の業績向上に繋げていく。
情報サービス産業とは
資本系列別企業数
その他
1%
ユーザー系
29%
独立系
58%
コンピュータ
メーカー系
12%
独立系:
コンピュータメーカー系、ユーザー系のいずれ
にもあてはまらず、資本的にも独立し
ている企業
コンピュータメーカー系:
コンピュータメーカーの出資比率が50%
以上の場合、または、経営上コンピュー
タメーカーの影響力が大きいと認められ
る、いわゆる「コンピュータメーカーの子会
社」の企業
ユーザー系:
事業会社・金融機関等の系列であり、
いわゆる「ユーザーの子会社」の企業
その他:
海外企業の出資比率が50%以上の
企業および、各種団体等。
独立系:比較的小規模の会社が多い。営業力が強い。(営業力が弱ければ下請けビジネス)
コンピュータメーカー系:技術的に強い会社が多いが、業務ノウハウに弱い場合がある。
ユーザー系:特定の業務ノウハウには強いが、技術的には弱い場合がある。
売上高上位10社で、業界全体の売上の22.3%を占めるガリバー型産業
(NTTデータがダントツ首位、2位:NTTコムウェア、3位:富士通ビジネスシステム)
※2000年JISA(情報サービス産業協会)調査による
ITベンダーの特徴を知る
ITベンダーも種類によって特徴は様々、ニーズに合わせて選択する
ベンダーの種類
該 当 企 業
特 徴
ユーザー系や、コンピュータメーカー系
等に属さず、資本的・
経営的に独立し
た企業。
数的には最も多い。
システム開発を専門的の行う企業が多く、開発力がある。
比較的小規模の企業が多い。
メーカーにとらわれないシステム構成が検討できる。
下請け開発中心の企業では、システム企画や要件確定
等の上流工程に弱い場合がある。
コンサルティング系
コンサルティング・
ファーム系のベンダー
で、金融関連の企業が多い。
経営戦略やシステム企画等の上流工程に強いが、工数
単価は高い場合が多い。
メーカーにとらわれないシステム構成が検討できる。
実際の開発工程では、外部の協力会社を使うこともある。
ユーザー系
様々な事業会社の子会社で、情報シス
テム部門が独立して子会社となったケー
スが多い。
いわゆる「
ユーザーの子会社」
。
親会社の属する業種の業務ノウハウには非常に強い。
実際の開発工程では、外部の協力会社を使うこともあり、
技術力が弱い場合もある。
比較的メーカー色は薄い。
独立系
コンピュータメーカーの出資比率が高い
企業で、コンピュータメーカーがSI
戦略
コンピュータメーカー系 として設立した企業も多い。
いわゆる「
コンピュータメーカーの子会
社」
。
親会社のメーカー系の技術は大変強く、先端技術を有す
る場合も多いが、システム構成では、メーカーが制限され
ることがある。
メーカーとの協力関係で、大規模開発を行う場合も多い。
要素技術で専門化した企業や、対応業界で専門化した
企業もある。
会社規模 ≠ 高品質 ≠ 高価
コンピュータの今昔
大会議室程度の壁一面
約5cm
IBM 真空管式CPU
(ボストンコンピュータ博物館所蔵)
AMD CPU
Duron1.0GHz
これからの情報サービス産業
☆何故IT:Information Technologyなのか(コンピュータ技術とどう違うの?)
明確な定義は存在しないが、ネットワーク技術の発展により、コンピュータが相互接続できるようになって
情報の共有、交換が容易になったこと。
また、PDAや携帯電話の普及と、インターネット(ブロードバンド)の普及の相乗効果で、ユビキタスな環境
が整いつつあると言うこと。
通常、Information:情報と言う訳が用いられるが、本来Informationには「知識」と言う意味がある。
「知の共有」を支援する「技術」であることが重要なポイント。
顧客の住所・地図は…
何時でも、何処でも
○本をめくるように
○CDを聞くように
○VIDEOを見るように
○様々なメディアに書き込む
ように…
商品の在庫は…
今日のスケジュールは…
※ユビキタス:「神は至るところにある」と言うラテン語。
これからの情報サービス産業
☆部分最適解から全体最適解へ
高速化された処理能力と、大容量の記憶デバイス、何処でもネットワークに接続できる環境。ITの進展は
情報システムにも大きな変革をもたらした。
メーカーの技術に依存したホスト・コンピュータ中心の世界から、オープン・システムの世界に移行して久
しいが、ハードウェア、ネットワークのアーキテクチャだけでなく、そこへ搭載するアプリケーションシステム
に対する要請も変ってきている。
サプライチェーンマネジメント
単独企業のシステム構築
小売業者
サプライヤー
人事システム
経理システム
販売システム
主に社内の各種業務における効率化、
生産性の向上を目的としてきた。
「そのシステムの導入で、何人社員が
減らせるの?」
コスト削減ツールから、事業戦略そのものを
決定付ける武器へ。
Ex.マクドナルドのシステム(コックピット経営)
卸売・物流業者
メーカー
良い物を安く、必要な時に、必要な量を、必要な場所に
供給する体制を構築する。
「そのシステムで、商品にどんな付加価値を付けて、
顧客満足を向上させるの?」
これからの情報サービス産業
☆提供するソリューションの変化
全体最適解を求められれば、当然情報システムがカバーする範囲も飛躍的に広汎化する。そのことにより
自社で提供可能なシステムの範囲では最適解が得られない場合も多い。アライアンス(alliance:同盟)に
よるノウハウやテクノロジーの相互補完、システムの結合が必要になる。
また、提供するサービスも、時間やコストをかけてもユーザー各社に固有の機能をオーダーメードで提供
するものや、より早く、より安く、各社に汎用的な機能をレディメードで提供するものなど、多岐にわたって
きている。
システム構築・コンサルティング
アウトソーシング
各種システム開発やIT化コンサルティング
などの従来型サービス
情報システムに関する企画・設計から
運営までを、一式請負うサービス
情報サービス産業
データセンター
サーバーやネットワーク設備をセキュリ
ティ対策を施した施設で管理・運用する
サービス
ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)
SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)
インターネット経由で行う、アプリケー
ションのレンタルサービス
各種サービスを組み合わせて提供する
企業活動全体像を意識したIT化
SCM
EC
価値の付加
調達
EC
販売
サプライヤ
顧客
新たな価値
の開発
マーケ
ティング
基幹プロセス
SCM
Supply Chain
Management(サプライ
チェーンマネージメント)
の略。
経営
総務
経理
支援プロセス
ERP
人事
EC
Electronic Commerce
(エレクトロニックコマー
ス/電子商取引)の略。
ERP
Enterprise Resource
Planning(エンタープライ
ズリソースプランニング
/経営資源利用計画)の
略。
ICTエンジニアを目指す方に
情報サービス企業の元人事部長としては…
まずは、「読み」「書き」「算盤」
…つまり、「理解力」「表現力」「論理的思考」
何にでも好奇心を持つこと
…毎日新しいことばかり、変わることから逃げて
いてはダメ
根気を持って取り組めること
…システム構築は長期にわたる地道な作業、
絶対やりぬく強い意思が必要
失敗を恐れないこと
…新たなチャレンジに失敗はつきもの、要はどう
リカバリーして、失敗から何を得るか
技術に溺れないこと
…システムでユーザーに提供するのは技術では
ない、確固な技術をバックボーンとしたコミュニ
ケーション力こそ重要
とは言え、コンピュータともの作りが好きな
ことが一番です!!!
ビジネス・パーソンの資質について
学んで習得する領域:研修効果あり
☆専門領域の知識
☆経営戦略
☆財務会計
☆組織マネジメント
☆人事管理
☆経営法務
☆・・・
情
他者を思いやる心
誠実、正直、謙虚
知
スキル、ノウハウ
広範で高品質な情報
専門技術
リーダーシップ
判断力、決断力
コミュニケーション力
先見性・・・
(組織として代替可能な
部分も多い)
意
意志、覚悟
チャレンジ精神
先天的または自ら獲得する領域:本人の「気づき」に委ねられる
(他人、組織での代替は不可能)
ダウンロード

その1(久保田)(PowerPoint)