図解 漢方処方の証
古典を現代医療に生かす
山内一晃
桂枝湯証
〔薬能と共力作用〕
太陽病中風系列(軽症)
桂枝(君)+生姜(臣)
4
太
陽
中
風
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
而
陽
浮
・
熱
自
発
・
嗇
嗇
悪
寒
桂・
枝翕
湯翕
主発
之熱
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
内
陽
表
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
桂枝加葛根湯証
太陽病傷寒系列(軽症)
6
→
1
2
条
葛
根
湯
→
1
6
条
青
竜
湯
)
6
条
『
項
背
強
』
の
傷
寒
系
列
に
(
6
条
桂
枝
加
葛
根
湯
桂枝(君)+生姜(臣)
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
陽
表
→
1
5
条
麻
黄
湯
→
主太
之陽
。病
、
項
背
強
几
几
、
反
汗
出
、
悪
風
者
、
桂
枝
加
葛
根
湯
5
条
『
頭
痛
』
の
中
風
系
列
に
(
5
条
桂
枝
湯
太
陽
病
分
裂
〔薬能と共力作用〕
1
3
条
葛
根
湯
)
内
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
葛根(使)
背筋のこりや痙攣を、
温め滋潤して弛緩する。
梔子豉湯証
少陽温病の煩熱・不眠証
64 主 者 必 24
発 之、 反
汗 。梔 覆 発
、 子顚 汗
若 甘倒
下 草、 若
之 豉心 下
後 湯中 之
、 、懊 後
煩 主悩 、
熱 之、 ①
、 。梔 虚
胸 若子 煩
中 嘔豉 、
窒 者湯 不
者 、、 得
、 梔主 眠
梔 子之 、
子 生。 ②
豉 姜③ 若
湯 豉若 実
主 湯少 劇
之 、気 者
、
。
〔薬能と共力作用〕
c
少
外
胃
内
陽
山梔子(君)苦寒
表
裏
少陽部位(胸部)の煩熱を清
熱し心煩・不眠を鎮静します。
病
香豉(臣)苦寒
胸中の煩悶を除煩しま
す。
【参考】
甘草(使)甘平。激しい
呼吸困難を解除します。
生姜(使)辛温。嘔吐を
鎮めます。
茵蔯蒿湯証
陽明裏熱温病の煩熱・黄疸証
(
久 穀 身 46
久疸必陽
発之発明
黄為黄病
。病、、
茵、茵発
蔯寒蔯熱
蒿熱蒿、
湯不湯但
主食、頭
之、主汗
。食之出
金即。、
渇
匱頭康、
要眩治小
本
略、
心傷便
黄胸 不
疸不寒利
病安論者
篇、 、
〔薬能と共力作用〕
c
少
外
胃
陽
表
(
内
裏
病
茵陳蒿(君)苦寒
清熱消炎作用と利胆利
尿作用により黄疸を治し
ます。
山梔子(臣)苦寒
煩熱を清熱し、血中のビ
リルビンを排尿により除
去します。
大黄(使)苦寒
清熱、利胆作用と裏熱
を消炎利尿します。
)
)
桂枝湯証
〔薬能と共力作用〕
太陽病中風系列(軽症)
桂枝(君)+生姜(臣)
4
太
陽
中
風
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
而
陽
浮
・
熱
自
発
・
嗇
嗇
悪
寒
桂・
枝翕
湯翕
主発
之熱
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
内
陽
表
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
桂枝湯証
〔薬能と共力作用〕
太陽病中風系列(軽症)
桂枝(君)+生姜(臣)
4
太
陽
中
風
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
而
陽
浮
・
熱
自
発
・
嗇
嗇
悪
寒
桂・
枝翕
湯翕
主発
之熱
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
内
陽
表
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
桂枝湯証
〔薬能と共力作用〕
太陽病中風系列(軽症)
桂枝(君)+生姜(臣)
4
太
陽
中
風
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
而
陽
浮
・
熱
自
発
・
嗇
嗇
悪
寒
桂・
枝翕
湯翕
主発
之熱
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
内
陽
表
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
桂枝湯証
〔薬能と共力作用〕
太陽病中風系列(軽症)
桂枝(君)+生姜(臣)
4
太
陽
中
風
体表部を温めて、悪寒
発熱、項のこり、頭痛、
汗出などを軽く発汗解熱
する。
而
陽
浮
・
熱
自
発
・
嗇
嗇
悪
寒
桂・
枝翕
湯翕
主発
之熱
芍薬+甘草=芍薬甘草湯
少
外
胃
内
陽
表
裏
筋肉の攣急を弛緩して
、疼痛を除去する鎮痙鎮
痛作用がある。〔使薬〕
病
(生姜)+大棗=(棗姜
煎)
胃を温め消化を促進し
滋養を補う。
〔佐薬〕
梔子柏皮湯証
陽明裏熱温病の煩熱・黄疸の虚証
(
傷
寒
論
)
傷
寒
、
身
黄
、
発
熱
者
、
梔
子
柏
皮
湯
主
之
。
〔薬能と共力作用〕
梔子(君)苦寒
清熱・除煩・利胆・消
黄作用があります。
少
外
胃
内
陽
表
裏
病
甘草(佐)甘平
苦味から胃を守りま
す。
黄柏(臣)苦寒
清熱・利胆・消炎利
尿作用があります。
加味逍遥散証
血虚労倦・五心煩熱・肝気鬱結証
〔和剤局方・婦人諸疾門〕
肌室 ⑩ ⑧ 昏 ①
体女 臍 減 重 血
羸血 腹 食 ⑤ 虚
痩弱 脹 嗜 心 労
、、 痛 臥 忪 倦
漸陰 ⑪ 、 頬 ②
く虚 寒 及 赤 五
骨し 熱 び ⑥ 心
蒸て 瘧 血 口 煩
と栄 の 熱 燥 熱
成衛 如 相 咽 ③
る和 く 搏 乾 肢
をせ な ち ⑦ 体
治ず る ⑨ 発 疼
す、
痰を月熱痛
。嗽 治 水 盗 ④
潮す調汗頭
わ 目
熱。
又
、 ず
、
少
〔薬能と共力作用〕
①柴胡・苦寒(君)+芍薬・酸寒(臣)
疏肝解鬱し、寒熱瘧を治します。
②当帰・甘温+甘草・甘平(佐)
血虚を補い体を温めます。
外
胃
内
陽
表
裏
③生姜・辛温+白朮・甘温+茯苓・
甘平(佐)
胃内停水を除き、消化を促進し、
食欲を増します。
病
④牡丹皮・苦微寒+梔子・苦寒
(使)
血熱を凉血し、五心煩熱を治す。
⑤薄荷・辛涼(使)
風熱を発散し、疏肝解鬱しま
す。
ダウンロード

外 表