病院感染(院内感染)
入院中の患者が原疾患とは別に病院内で新た
な微生物に感染した場合
→易感染宿主に見られる日和見感染など
医療従事者が業務に関連して罹患した感染症
→血液媒介ウイルス感染など
院内感染
病原体:強毒菌から弱毒菌(通常は非病原性)。
薬剤および消毒薬耐性菌。
感染力の強いもの。
感染経路:医療従事者の手や器具を介する。
空調設備によるもの。
宿主:易感染宿主の増加。
(強力な化学療法、免疫抑制剤の使用)
感染症のなりたち
感染経路
宿主
空気感染
飛沫感染
接触感染
一般担体感染
病原媒介生物
による感染
コンプロマイズド
ホスト
病院感染を防ぐには
感染経路
宿主
空気感染
飛沫感染
接触感染
一般担体感染
病原媒介生物
による感染
コンプロマイズド
ホスト
感染経路の
遮断が一番
!!
感染経路
病院感染の感染経路
①空気感染
感染病原体を含む飛沫咳が空中
を浮遊して感染する。
②飛沫感染
くしゃみ、咳、吸引時の飛沫が
鼻粘膜や結膜、口腔粘膜に付着し
て感染する。
③接触感染
a)菌が直接接種されて感染
b)汚染器具などを介する感染
④一般媒介物感染 汚染された食物、水、薬剤、器具
などによって伝播する。
⑤昆虫媒介感染
蚊、ハエ、ネズミなどが媒介する。
Universal precautions:一般的予防策
1985年に米国CDCによって提唱された疾患非特
異的な隔離法
血液・体液の感染予防策
「すべての人々の血液や体液は、感染性があるも
のとして取り扱うべきである」とする感染防止策
の概念
対象:血液、精液、膣分泌物、羊水、脳脊髄液、
腹水、胸水
問題点:便、尿、喀痰、鼻汁、汗、吐物が対象外。
Body substance isolation: 生体物質隔離
1987年に米国CDCが導入した隔離予防策
疾患非特異的隔離法
「血液の有無にかかわらず、患者に関するすべて
の湿性の生体物質を、主に手袋を着用すること
により隔離すること」とする感染防止対策の概念
対象:血液、便、尿、喀痰、唾液、創部排膿液、
その他の体液
問題点:手袋の費用の増大
手袋の着用は手洗いの代用とはならない
Standard precautions:
標準的予防策
1996年にアメリカCDC と HICPAC
(Hospital Infection Control Practice
Advisory Committee)が作成した概念
Universal precautions と Body substance
isolation を統合、追加、整理した予防策
Standard precautions:標準的予防策
1)「①血液、②すべての体液、分泌液、排泄物、
③創のある皮膚、④粘膜 は
感染性であるとして取り扱う」とする
感染防止の概念。
2)血液感染だけでなく、その他の病原体の感染
の危険を減少させるために作成。
3)必要に応じて感染経路別対策(transmissionbased precautions)を追加する。
(1)手洗い
1) 血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物に
接触後は手袋の有無にかかわらず手を
洗う。
(手袋をはずした後にも手を洗う。)
2) 他の患者の処置に移るときは必ず手を
洗う。
3) 手指が汚染した場合には、同一患者の
異なる部位に触れる合間にも手を洗う。
(1)手洗い
「一処置一手洗い」が鉄則である!
「まず洗浄、次いで消毒」を忘れずに!
有機物(汚れ)が付着した状態での消毒剤
の使用は、効果が低い
(1)手洗い
日常の手洗い: 石鹸と流水による手洗い
(10秒以内)
衛生的手洗い: 交差感染を防止することを
目的とした手洗いで
10~30秒間洗う
アルコールによる手指消毒で
代用できる
手術時手洗い: 消毒薬とブラシ等を使用する
手洗い
衛生的手洗いが望ましい場合
1)患者と密接に接触する診察や処置の前後
2)カテーテル、IVH処理、気管内吸引、包帯交
換、侵襲的手術等の無菌操作を行う前後
3)体液や、体液で汚染された器具・器械を取り
扱った後
4)汚れたリネンや感染患者のリネンを取り扱っ
た後
5)清潔病室・隔離病室の入退室時
リスクの高い場合
頭頚部に触れる診察は胸腹部の診察よりも
MRSA汚染の確率が高い
皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科における診察や口
腔領域の診察はリスクが高い
易感染患者や創を有する患者の診察はそうで
ない場合よりリスクが高い
手洗いの実際
(2)手袋着用の留意点
血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物に触れる
時は、手袋(清潔な非滅菌手袋)を着用する。
粘膜や創傷のある皮膚に触れる時には滅菌し
た手袋を着用する。
同一患者でも手袋汚染があった場合には交換
する。
汚染されていない物品や環境表面に触れる前、
他の患者に触れる前には直ちに手袋を外す。
手袋を外した後には手を洗う。
(3)顔面・衣服の防御
フェイス・シールド
血液、体液、分泌物、排泄物の飛沫が発生する危険が
ある時に目、鼻、口の粘膜を守るために着用する。
エプロンおよびガウン
血液、体液、分泌物、排泄物の飛沫などで衣服を汚染
するおそれがある場合に、皮膚や衣服の汚染防止の
ためにガウン(清潔な非滅菌ガウン)を着用する
予想される液量に対して適切なガウンを選ぶ。
他の患者や環境の汚染を防ぐため、汚れたガウンは直
ちに脱ぎ、手を洗う。
(4)器具の処理、リネンの処理
患者のケアに使用した器具
汚染した器具は、皮膚粘膜暴露、衣服の汚染、
他の患者や環境などの汚染を防ぐ方法で取り扱
う
再使用可能な器具は、適切に洗浄されるまで他
の患者に使用しない
シングルユースの器材は、適切に廃棄する
リネン
汚染したリネンは、他に汚染を拡大しないように
運搬、処理を行う
(5)環境対策、患者配置
環境対策
環境表面、ベッド、ベッドサイドの器具など
の清掃および消毒の適切な方法を病院が
確実に行う
床は特別に汚染されない限り、日常的な消
毒は不要である
患者の配置
環境を汚染する患者は個室にいれる
(6)職業感染防止
針刺し事故防止のため、リキャップしない。
どうしてもリキャップしなければならない時は、
両手で操作しない。
手でディスポ注射器から針をはずさない。
危険物は使用現場で耐貫通性の専用容器に
廃棄する。
蘇生術を行う時は、マウスツーマウスの代用と
して、マウスピース、蘇生バッグ、他の換気用
器具を使用する。
まとめ
院内感染の多くは接触感染なので
やはり一番は 手洗い
次に感染経路に応じた対策を
感染経路別対策
1)空気感染予防策(airborne precautions)
2)飛沫感染予防策(droplet precautions)
3)接触感染予防策(contact precautions)
感染経路別対策の対象となる微生物(1)
空気予防策
麻疹ウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、
結核菌
飛沫予防策
ジフテリア菌、マイコプラズマ、百日咳菌、
インフルエンザ菌、溶血連鎖球菌、
アデノウイルス、インフルエンザウイルス、
ムンプスウイルス、風疹ウイルスなど
感染経路別対策の対象となる微生物(2)
接触予防策
MRSA、大腸菌O157:H7、赤痢菌、
ジフテリア菌、緑膿菌、
単純ヘルペスウイルス、
ロタウイルス、RSウイルス、
眼科感染ウイルス、ダニ(疥癬)、
血液媒介ウイルス
(HIV、B、C、G型肝炎ウイルスなど)
空気予防策
患者配置
負圧設定の個室隔離(6~12回換気/時間)
排気はヘパフィルターを使用
レスピラトリープロテクト
感染性肺結核患者と接する時は呼吸器
感染防御用具
麻疹、水痘患者と感受性のある職員は接触
を控える
やむを得ず入室する時にはレスピラトリー
プロテクトを行う
患者移送
患者移送は必要不可欠な場合に限る
外科用マスクを着用
飛沫予防策
患者配置
マスク
患者移送
個室管理または集団隔離
隔離不可能な場合は、他の患者や
面会人と十分な空間的分離(ベッド
間隔2m以上)を行う
特殊空調は不要でドアも開放で可
患者に1m以内で接触する場合に
着用
移動は制限するが、必要な時には
患者にマスクを着用させる
接触予防策
患者配置
付着菌量を考慮するが、一般的には
隔離不要
手袋と手洗い 入室時に手袋(清潔で非滅菌)着用
便や膿に接触した後は手袋を交換する
接触後は手袋を外し、衛生的手洗いを行う
手洗い後は病室の器具物品等に触れない
ガウン
感染患者が以下の状況の場合にガウンを
着用 (失禁、下痢、腸瘻、開放ドレーン、
褥瘡など)
患者移送
感染予防対策を行って移動
患者使用器具 聴診器や血圧計は患者専用とする
共用するものは使用前に消毒する
カテーテル菌血症
原口正史ほか:臨床外科2001
血流感染防止のために
①医療従事者の手指の汚染
手洗い、アルコール含有消毒薬
②消毒液(消毒綿・消毒綿球)の汚染
③薬液の消毒
混合後速やかに使用、
クリーンベンチ内での薬液の調整
④接続部の汚染
(カテーテルや三方活栓の接続部・
キャップ、
ヘパリンロックアダプターなど)
クローズドシステムの利用
⑤カテーテル刺入部の汚染
フィルムドレッシング
成人集中治療室における院内感染の発生頻度
Richards MJ, et al:Critical Care Med 1999
院内血流感染の起炎菌
Richards MJ, et al:Critical Care Med 1999
三方活栓
感染症のなりたち
感染経路
宿主
空気感染
飛沫感染
接触感染
一般担体感染
病原媒介生物
による感染
コンプロマイズド
ホスト
宿主
易感染性を示す主な背景要因
①血管内カテーテル留置と長期輸液療法
②複雑な手術療法を長時間手術、複数科同時手術
③臓器移植と免疫抑制療法
④人工臓器や体内留置異物の存在
⑤持続的な観血的モニターの装置
⑥未熟児や超高齢者に対する医療
⑦大量出血や救急医療、人工透析
⑧長期人工呼吸などの集中治療
⑨抗癌剤の使用と終末期医療、放射線治療
⑩広範重症熱傷と皮膚欠損
⑪消耗性疾患(糖尿病、膠原病、肝硬変、癌末期患者)
⑫多臓器不全
麻 疹
風 疹
水 痘
帯状疱疹
感染経路を考えると
空気予防策
麻疹ウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、
結核菌
飛沫予防策
ジフテリア菌、マイコプラズマ、百日咳菌、
インフルエンザ菌、溶血連鎖球菌、
アデノウイルス、インフルエンザウイルス、
ムンプスウイルス、風疹ウイルスなど
ワクチンの有効性
適切なワクチン接種による予防が基本(CDCも勧告)
B型肝炎
A型肝炎
インフルエンザ
麻疹
ムンプス
風疹
水痘
髄膜炎菌
ポリオ
肺炎球菌
狂犬病
破傷風
ジフテリア
腸チフス
感染症のなりたち
感染経路
宿主
空気感染
飛沫感染
接触感染
一般担体感染
病原媒介生物
による感染
コンプロマイズド
ホスト
病原体
市中感染と院内感染
宿主
起因菌
市中感染
正常
強毒菌
伝染力 強
院内感染
易感染宿主
弱~強毒菌
伝染力 弱~強
薬剤耐性菌
現在問題となっている耐性菌
肺炎球菌:ペニシリン耐性肺炎球菌、
ペニシリン低感受性肺炎球菌
黄色ブドウ球菌:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
バンコマイシン・グリコペプタイド低感受性黄色ブドウ球菌
腸球菌:バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)
インフルエンザ菌:
β-ラクタマ-ゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌
(BLNAR)
腸内細菌:基質拡張型β-ラクタマ-ゼ産生菌(ESBLs)
肺炎桿菌:ESBLs、カルバペネム耐性菌
緑膿菌:メタロβ-ラクタマ-ゼ産生菌、多剤耐性緑膿菌
結核菌:多剤耐性結核菌
PCG耐性S.pneumoniaeの年次推移
(%)
60
50
40
30
20
10
I: Intermediate
19
98
20
00
19
96
19
94
19
92
19
90
19
88
19
86
19
84
0
R: Resistant
Shimada et al : 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について
全国の医療機関におけるMRSAの検出率
厚生労働省委託事業より
薬剤耐性緑膿菌
IPMに耐性 (16μg/ml以上)
・・・ 151株(37.7%)
AMKに耐性 (32μg/ml以上)
・・・
24株( 6.0%)
・・・
45株(11.2%)
CPFXに耐性 (4μg/ml以上)
いずれか1系統に耐性のもの ・・・175株(43.6%)
2系統に耐性のもの
・・・ 37株( 9.2%)
3系統すべてに耐性のもの ・・・ 7株( 1.7%)
(多剤耐性緑膿菌)
ESBL について
(基質拡張型β-ラクタマ-ゼ産生菌)
腸内細菌科の E.coli、K.pneumoniae を
はじめとして、腸内細菌から多くみつかって
いる。
プラスミドを介して菌から菌へ伝達される。
第3世代セフェム薬に耐性、セファマイシン、
カルバペネム系に対しては感受性。
欧米での検出率は~30%、日本では少なく
約1%
メタロβ-ラクタマーゼ
第3世代セフェムだけでなく、カルバペネム
系抗菌薬をも分解
最も危険なβ-ラクタマーゼの一つ
全てのβ-ラクタム系抗菌薬が効果を示さな
い。
現在使用しているβ-ラクタマーゼ阻害剤も
全く効果を示さない。
国外よりも日本国内の方がより深刻。
広域抗生物質を使うということと
常在菌叢に及ぼす影響
常在菌叢
菌
量
菌
量
菌種
菌種
保菌
お互いにバランスをとって
いる状態
発病
理想の抗生物質療法
抗生物質(狭域)
菌
量
菌
量
菌種
菌種
広域の抗生物質を使うと
抗生物質(広域)
耐性菌は増加!
菌
量
菌
量
菌種
菌種
抗生物質を使うということ
感染症を治すために用いるが、同時に
常在菌叢を攪乱し、
耐性菌による感染症や
真菌感染症をひき起こす。
このリスクが常につきまとうのを忘れては
いけない!!
真菌症の発生頻度
それでは耐性菌を増やさないためには
広域抗生物質の使用を最小限に
起炎菌が判明したら狭域のものへ変更
できるだけ短期間の投与を心がける
(標的臓器の症状は改善しているのに、
熱やCRPの上昇が続いている理由だけで
抗菌剤を続けない。)
不十分(中途半端)な量の抗菌剤投与
除菌のためだけの抗菌剤投与
安易な安心のためだけの抗菌剤投与
・・・もう一度 感染症の診断を
ペニシリン系など
第3世代セフェム系など
外科の抗菌薬使用量とMSSA,MRSA患者数の推移
T大学附属病院分院
療養型病床群における抗菌薬使用量とMRSA患者数の推移
Y病院資料より
病院感染具体的な事例
結核に院内感染?
2人死亡、福島県○○市の病院で
7:24p.m. JST May 29, 1999
福島県○○市の△△病院で、結核と診断された80歳代
の男性患者を看護していた看護婦ら7人と、この患者
と同じ病室に入院していた70歳代の男性、孫2人の
計10人が結核に感染し、うち男性患者2人が死亡し
ていたことが29日、明らかになった。
菌の鑑定を研究所に依頼中で、死因はいまのところ分
かっていない。県は、院内感染の可能性が大きいこと
や結核予防法で定められた報告義務を病院側が怠っ
た疑いが強いことから、週明けにも、医療法に基づく
指導に乗り出す。
セラチア感染、
○○病院で5人目の死者
5:23p.m. JST August 08, 1999
東京都墨田区の○○病院で起きたセラチアの
院内感染で、重体が続いていた81歳の男性
が8日午前、多臓器不全のため死亡した。セ
ラチアによる一連の死者は5人になった。
感染原因は、患者に投与する点滴をつくる際に
菌が液内に入った疑いがあるとしている。感
染経路の調査も進めたが、病院の空調施設
や床などからは同型の菌は見つからなかっ
た。
新生児59人が感染
○○病院のMRSA感染問題
00:56a.m. JST October 20, 1999
神戸市須磨区の○○病院で新生児がメチシリン耐性
黄色ブドウ球菌(MRSA)に院内感染した問題で、
同病院は19日、6月から9月にかけて生まれた96
人のうち、6割を超える59人がMRSAに感染してい
たとする調査結果を発表した。
同病院は院内感染の専門家ら病院外の委員4人で構
成する「○○病院母子医療センターMRSA感染対
策委員会」を近く発足させ、再発防止策や感染経路
の究明を進める。
集団赤痢で院内感染
1999年10月28日 20時50分 共同通信社
群馬県倉渕村にある神奈川県○○市の保養施設
「△△山荘」の宿泊客の集団赤痢で、○○市は28日、
患者1人が入院した同市内の病院で、相部屋だった
無職女性(72)が赤痢に2次感染したとみられる、と
発表した。
同市が26日に集団赤痢を発表するまで、病院側は食
中毒とみていたといい、同市は「病院に落ち度が
あったとはいえない」などとしている。
○○病院で院内感染か
流行性角結膜炎の発症相次ぐ
2000.07.01(15:26)(時事)asahi.com
○○病院の眼科病棟で、6月上旬から入院患者ら30人が
流行性角結膜炎にかかっていたことが分かり、同病院
は1日、「院内感染の疑いもある」として眼科病棟を一時
閉鎖すると発表した。
同病院によると、入院患者の1人が6月5日、涙が出たり
目が充血するなどの症状が出たため、検査したところア
デノウイルスによる流行性角結膜炎と診断された。
その後同様の発症者が相次ぎ、30日までに入院患者22
人や外来患者5人ら計30人が発症した。2週間ほどで
完治するため、現在も症状があるのは、このうち半数程
度だという。
C型肝炎に5人が院内感染
福岡の民間病院
2000.10.02The Sankei Shimbun
福岡市保健予防課は二日、人工透析専門の民間病院、
○○クリニックで、50-60歳代の患者5人(男性4人、女
性1人)がC型肝炎ウイルスに院内感染したと発表し
た。いずれも自覚症状はなく、肝機能も回復に向かっ
ているという。
同市は院内感染対策検討委員会を設置。貧血になった
患者に投与する薬剤を扱った際、ウイルスが混入した
可能性があるとみて、感染経路などを調べている。
その後のウイルス検査などで、早期の急性C型肝炎と
判明した。
いずれも週二、三回の定期的な透析を、同じ透析室で、
同じ曜日の同じ時間帯に受けている。
院内感染:1週間で次々と
院長、異変伝えず風邪強調
2002年01月19日Mainichi INTERACTIVE
弱毒性のセラチア菌が、抵抗力のない患者の命を
次々に奪っていった。院内感染の疑いで10日から
16日の間に患者計7人が死亡した東京都世田谷区
の○○脳神経外科病院。保健所への報告が遅く、
都に指導された院内感染対策マニュアルもなかった。
病院の対応が後手に回り、被害が拡大した可能性
が指摘される。
「病棟内、風邪等が流行しております。お見舞いはお
断りしております。緊急の場合のみ、マスクを着用し
ていただきます」。患者4人が既に死亡していた12
日付で、院長名の「おしらせ」が病院のエレベーター
の扉に張られていた。
北九州市でVRE感染
北九州市は9日、バンコマイシンに耐性を持ち、欧米で院内感染源と
して問題になっている「バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)」が、市
内の総合病院で3人の患者から検出され、うち1人が死亡したと発
表した。死亡した1人について同市は「院内感染で死亡した可能性
も否定できない」としている。
VREが検出されたのは同市小倉北区の○○病院で、平成12年9月
から同年12月までの間に男性患者3人からVREが検出された。
3人の患者のうち、76歳の男性が12年10月20日に死亡していたこと
が判明。男性は死亡の数日前の血液検査でVREが検出された。
バンコマイシン耐性腸球菌(VRE):細菌感染症の特効薬であるバン
コマイシンが効かず、院内感染が問題となっている菌。外科手術
後の患者や、がん、白血病など重症患者に感染すると、敗血症や
腹膜炎などの感染症を起こして死亡することもある。
病院感染対策
病院感染予防対策
1.病院感染制御チーム
(インフェクションコントロールチーム)
2.消毒・滅菌ガイドライン
3.抗菌薬使用ガイドライン
4.血液・体液暴露予防
病院感染に関する歴史
1847年:Ignaz Philipp Semmelweis による手洗いの効果の証明。
産褥熱死亡率 医学生教育の病棟では約10%
助産婦教育の病棟では約3%
1860年:Florence Nightingale
消毒薬噴霧が不要。ベッド間隔を7フィートとすること。
病院内職業感染が看護婦に多く発生していること。
1860年:Louis Pasteur
自然発生説否定の実験
1865年:Joseph Lister
石炭酸を用いた開放性骨折に対する無菌的手術の施行。
病院感染対策(欧米)
1959年:イングランドにおいて Infection control sister (ICS) を任命。
黄色ブドウ球菌による病院感染と戦うため
1963年:アメリカ、スタンフォード大学で Infection control nurse
(ICN)を任命。
1968年:CDCが病院感染のサーベイランス、予防、制圧の
教育コースを新設。
1972年:Association for Practitioners in Infection Controlを組織。
1976年:Joint Commission on Accreditation of Hospitalsが
感染対策の基準を示した。
1980年:学会として Hospital Infection Society (HIS)(イングランド)
Society of Hospital Epidemiologists of America (SHEA)
(アメリカ)の設立。
日本における ICD、ICN
1999年:感染制御ドクター(Infection Control Doctor, ICD) の
認定制度がスタート
2000年:感染管理看護婦(Infection Control Nurse, ICN) の
認定がスタート
ICNの誕生は、英国で1959年。米国で1963年。
ICDの役割
①院内感染の実態調査(サーベイランスの実施)
②院内感染対策の立案と実施
③対策の評価および対策の再構築
④患者、職員の教育と啓発
⑤アウトブレイク(感染症多発時)における緊急対応など
病院感染予防対策
1.病院感染制御チーム
(インフェクションコントロールチーム)
2.消毒・滅菌ガイドライン
3.抗菌薬使用ガイドライン
4.血液・体液暴露予防
消毒・滅菌について
1999年4月1日 感染症新法の成立
(感染症の予防及び感染症の患者に対する
医療に関する法律)
「消毒と滅菌のガイドライン」の作成
感染症新法に対応した具体的な消毒・滅菌法
例えば、
Ⅰ.ホルマリンくん蒸はのぞましくない。
Ⅱ.消毒薬の噴霧は避けること。
Ⅲ.クレゾール石鹸の使用は勧められない。
Ⅳ.器械、器具の消毒には熱を利用すること。
病院感染予防対策
1.病院感染制御チーム
(インフェクションコントロールチーム)
2.消毒・滅菌ガイドライン
3.抗菌薬使用ガイドライン
4.血液・体液暴露予防
抗菌薬の使用
①患者を治す → 個人防衛
②耐性菌を増やさない → 集団防衛
③医療資源の有効利用 → 社会防衛
①を最重視しながら②、③をも考慮すること。
(1)安心のための使用は避けること
(2)使用前にできるだけ細菌培養を行うこと
(3)治療目標を定め、漫然と長期の使用は避けること
などに注意。
病院感染予防対策
1.病院感染制御チーム
(インフェクションコントロールチーム)
2.消毒・滅菌ガイドライン
3.抗菌薬使用ガイドライン
4.血液・体液暴露予防
分子疫学と病院感染
パルスフイールド電気泳動
PFGE (pulsed-field gel electrophoresis)法
高分子DNAの解析技術
特徴としては、
染色体DNAの解析が可能。
広範囲の目的分子量のDNA断片を分離が可能。
ラジオアイソトープを必要としない。
利用としては、
一般細菌・抗酸菌・真菌感染症の分子疫学的解析
(遺伝子の指紋解析=DNA fingerprinting)手段として
幅広い菌種を対象に導入が進んでいる。
PFGE技術の特徴
1.物理的な断片化を防ぐ特殊なDNA抽出操作法
→アガロースブロック内に菌体を包埋してDNA抽出を行う。
2.巨大DNA分子のアガロース内での電気泳動
→
→
一方向のみの電気泳動ではなくて
2方向からの電気パルスを一定時間毎に交互に流す。
巨大DNAを方向転換させ、ゲル内をジグザグに移動
させ分離する方法で、主流は
CHEF(Counterclamped Homogenous ElectricField)
PFGEの電気パルスの模式図
パルスフィールドの実際
第1日目
菌体のアガロース包埋と溶菌処理
plug mold、リゾチーム、リゾスタフィンを利用
第2日目
第3日目
第4日目
プロテイナーゼKによる蛋白
洗浄によるプロテイナーゼKの除去
検体の制限酵素処理
PFGE
電気泳動用アガロースに包埋
第5日目
染色・観察・データ解析
EtBr染色、UV下での観察、
コンピュータソフトウエアーによる画像解析
PFGEの系統樹作成
細菌DNA制限酵素断片の泳動パターンの変化に
影響する事象とその結果
具体的な事例(1)
A病院にて喀痰検査を施行した患者から
連続して、Klebsiella pneumoniae が分離された。
ただし、分離症例の多くにおいて、肺炎症状は呈して
いなかった。
Klebsiella pneumoniae が分離された例
結論として、
検査室で用いている喀痰溶解液が
K.pneumoniae によって汚染されていたことが判明
具体的な事例(2)
接触感染経路が主である
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の
多発に伴う鼻腔拭い取り調査
B病院 ICU 入室患者および ICU 内で診療
にあたる医療従事者の MRSA 保菌状況を
調査することにより、現行のMRSA感染防止
対策の問題点を検討する。
期間:
方法:
平成11年5月12日~5月19日
上記期間中にICU入室中あるいは
新たに入室した患者、
頻回に出入りする医療従事者
(医師、看護師、検査技師)
に対して、鼻腔、咽頭粘液の培養を行う
同時期に同定分離されたMRSA42株に
ついてPFGEを用いた遺伝子解析を行う。
ブドウ球菌保有率(医療従事者)
期間:1999年5月12-19日
全医療従事者81名:医師42、看護婦28、看護助手1、
技師8、学生2
S.aureus
咽頭
鼻腔
26
29
保有人数
(32.1) (35.8)
(%)
43
(53.1)
CNS
咽頭 鼻腔
MRSA
咽頭 鼻腔
25
71
0
3
(30.9) (87.7) (0.0) (3.7)
72
(88.9)
※S.aureus 陰性+ CNS 陰性者: 5名
S.aureus 陽性+ CNS 陽性者:42名
3
(3.7)
医療従事者および患者から分離された
MRSAのPFGEよる疫学解析
M
ICU
1
ICU
2
ICU 患者
3
1
患者
2
5/17
6/7
6/14
M
6/23
PFGE:pulsed-field gel electrophoresis
PFGE解析結果
対
象
検体採取部位
PFGE型別
ICU医師1
鼻腔
A
ICU医師2
鼻腔
B
ICU医師3
鼻腔
B
患者1
鼻腔、咽頭
C
患者2
鼻腔、咽頭
D
Pulsed-field gel electrophoresis (PFGE) analysis
Location:
Typing:
2c 3c
8e
3m
7e
3m 3c
5c
3m
3m
3e
3m
3m
K
B1
D2
N
D2 D1
P1
O
D1
P2
D2
D1
L
Epidemiology of MRSA in A Hospital
east
by PFGE
M1
center
B1
D4
H
F
N
P1
P2
M2
M2
I
D4
D1
L
A
C
D2
D6
J1
J3
D4
K
D1
D1
D2
D2
D1
D1
D2
D2
D3
D5
G
I
D4
J2
Legionella
Legionellosis
1)在郷軍人病(レジオネラ肺炎)
発熱、悪寒、咳、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、
呼吸困難、下痢、意識障害など。
比較的徐脈。重症。
ポンティアック熱
肺炎像はなく、経過は良好。自然に軽快。
2)土壌細菌で、クーリングタワーの水の中で繁殖
しやすい。日本では24時間風呂や温泉での繁殖
が注目されている。
3)β-ラクタマ-ゼ産生性で細胞内増殖菌
レジオネラ院内感染
1996年:都内の病院で3人の新生児がレジオネラ症に
感染し、うち1人の女児が死亡。
温水タンクの蛇口や加湿器からレジオネラ菌を検出。
タンクの蛇口付近の温度は約50度と低く、温水タンクのお湯を
使った加湿器を通じて、菌が散布された可能性が強い。
1985年:イギリスのスタンフォードの病院で
163人が院内感染し、うち46人が死亡。
空調設備の冷却水が感染源。
その後、イギリスでは特に厳しい管理を行なうように規定。
疥癬(scabies)
ヒゼンダニ(Sarcoptes scabiei )による皮膚の感染症
疥癬は、皮膚と皮膚が頻繁に接触するような混雑した
状況(たとえば病院、療養施設、保育所、老人ホーム)で
急速に蔓延する。
免疫能の低下した人や高齢者は疥癬のより重症のタイプ、
すなわちノルウェー疥癬(痂皮化疥癬)にかかるリスクが
高い。角化型疥癬(ノルウェー疥癬)では腎障害を起こし
死亡する症例もある。
いったん人の体から離れると、ダニは48~72時間
以上は生存できない。 人体上では、雌の成虫は
1ヶ月生きる。
シラミ
アタマジラミ (Pediculus capitis)
頭髪と頭髪の直接的な接触
洗髪と櫛が有効
コロモジラミ (P. humanus)
躯体の接触や衣類を介して
発疹チフスや回帰熱や塹壕熱の病原体を媒介
熱湯処理が有効(55℃以上の温水で5分間)
ケジラミ
(Pthirus pubis)
性行為
Enterobacter cloacae が、点滴を通じて感染し、
敗血症で死亡。
輸液の管にある三方活栓というバルブのキャップを
繰り返して使用していた東海地方の総合病院の
病棟で、点滴の管からBacillus cereus が体内に
入り、19人が敗血症を起こした。Bacillus は、芽胞と
呼ばれる冬眠状態になると、アルコールでは充分に
除菌できなくなる。
新生児集中治療室(NICU)・未熟児室に入っていた
未熟児が髄膜炎に感染。
滅菌していない注射器を誤まって使用してしまい、死亡。
Carbapenem resistant Serratia で死亡。
流行性角結膜炎の患者が多数出たため、
眼科病棟を閉鎖。
ダウンロード

院内感染