調査実習Ⅰ事前演習
(第5班)
主要穀物を取り巻く環境
①イネの種類と用途
表1:イネの種類
アジアイネ
アフリカイネ
その他の野生稲
ジャポニカ
(日本型)
ジャバニカ
(ジャワ型)
インディカ
(インド型)
デンプンの種類
アミロース
アミロペクチン
うるち種
15~35%
65~85%
もち種
なし
100%
①イネの種類と用途
表2:新形質米の種類と用途
種類
低アミロース米
高アミロース米
香り米
高グリテリン米
低グリテリン米
低アレルゲン米
有色素うるち米
有色素もち米
主な用途
おかき・おこわ・混用米
ピラフ・おかゆ・米菓
カレー・ピラフ・パエリア・混用米
高栄養食品・乳児食
病院食(腎臓病等)
病院食(アレルギー患者用)
赤米・混飯米・ドライフラワー
赤飯・混飯米・ドライフラワー
②ムギの種類と用途
②ムギの生育環境
俗に「ムギのふんどし」と呼ばれる部分
②ムギの種類と用途
表3:麦類の用途
食用
コムギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パン・めん類・菓子・工業用,一部濃厚飼料
二条オオムギ・・・・・・・・・・・・・
ビール醸造用,一部濃厚飼料用
六条オオムギ(ハダカムギ)・・ 飯用,濃厚飼料
飼料用
エンバク・・・・・・・・・・・・・・・・・
粗飼料・濃厚飼料
ライムギ・・・・・・・・・・・・・・・・・
粗飼料・濃厚飼料
表4:小麦粉の種類と用途
区別
普通系
二粒系
種類
粗タンパク質含量
硬・軟質別
用途
薄力粉
7.0%以上
軟質
菓子・料理
中力粉
8.0%以上
中間質
めん・菓子
準強力粉
11.5%以上
半硬質
食パン・菓子パン
強力粉
11.8%以上
硬質
デュラム
―
―
食パン
マカロニ
③ダイズの種類と用途
表5:ダイズの種類と用途
大粒種
中粒種
小粒種
煮豆など、そのまま料理に使われる
豆腐、味噌、醤油などの加工品によく使われる
主に納豆に使われる
コラム:「畦豆」
畦に植えると水不足の心配がなく、
また田んぼでの水管理と豆の生育
過程で必要な水管理とがちょうどう
まく重なるため、一石二鳥。
田んぼという限られた土地の中で
稲を植え、その周囲に豆を植え、さら
に裏作で麦をつくるということが少し
前まではよく行われていた。
③ダイズの種類と用途
煮豆
みそ
煮る
発酵
しょう油
納豆
いり豆
いる
ダイズ
きな粉
発芽
もやし
豆腐
しぼる
搾油
豆乳
ゆば
おから
乾燥
凍豆腐
油揚げ・生揚げ・
がんもどき
ミルク・アイスクリーム
ダイズ油
脱脂ダイズ
原料用タンパク質・豆乳・脱脂ダイ
ズ粉・みそ・しょう油・豆腐・飼料
④トウモロコシの種類と用途
馬歯種
(デントコーン)
硬粒種
爆裂種
甘味種
ろう質種
(フリントコーン) (ポップコーン) (スイートコーン) (ワキシーコーン)
表6:トウモロコシの種類と用途
デントコーン・・・・・・ 飼料用、デンプン(コーンス
ターチ)
フリントコーン・・・・・ 食用、飼料用、工業原料用
ポップコーン・・・・・・ 菓子用・間食用
スイートコーン・・・・
生食用
ワキシーコーン・・・
もち、工業原料用
コメの生産量
(1000t)
16000
14000
12000
10000
8000
6000
4000
2000
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
・増減を繰り返しているが徐々に低下
2000
2005
(1000t)
ムギ(大麦、小麦、裸麦)の生産量
4500
4000
3500
3000
2500
2000
1500
1000
500
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
2005
ダイズの生産量
(1000t)
450
400
350
300
250
200
150
100
50
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
2005
トウモロコシの生産量
(1000t)
140
120
100
80
60
40
20
0
1960
1965
1970
1975
1980
・80年代にはほぼゼロに
1985
1990
1995
2000
2005
コメの輸入量
(1000t)
2000
1800
1600
1400
1200
1000
800
600
400
200
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
2005
1993年 : 異常気象で大凶作 → 外国米の緊急輸入
(
ムギ(大麦,小麦,裸麦)の輸入量
1000t)
10000
9000
8000
7000
6000
5000
4000
3000
2000
1000
0
1960
1965
1970
1975
1980
・大麦、小麦がほとんど
1985
1990
1995
2000
2005
ダイズの輸入量
(1000t)
6000
5000
4000
3000
2000
1000
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
・80年代中ごろからほぼ横ばい
1990
1995
2000
2005
トウモロコシの輸入量
(1000t)
18000
16000
14000
12000
10000
8000
6000
4000
2000
0
1960
1965
1970
1975
1980
・80年代後半から輸入に頼りきり
1985
1990
1995
2000
2005
なぜ日本は米以外の主要穀物を生産
せず輸入しているのか?
• 1.単位面積当たりの収量の関係
水稲は単位面積あたり収量が高いのに対し、小麦
トウモロコシ・大豆はさほどではない。
広大な農耕地の確保が収量の単価引き下げに大
きな影響を与える。(広い農耕地がないと大量生産
ができないのでコストが高い)
• 例.2005年の大豆の10a当たりの収量(単位:kg)
カナダ 259
アメリカ 287
アルゼンチン 273
ブラジル 219
日本 153
資料:FAOSTAT database
• 2.日本の国土と風土条件
日本の国土・・・山間部が多く、大規模平野が少ない
単位収量が高く、栽培条件(月平均気温17~18℃
以上、年降水量1000mm以上)も良い水稲栽培が効
率的だった。
• 3.アメリカの小麦戦略と食事の洋食化
戦後、アメリカは自国の余剰小麦のはけ口、さらに
は将来の小麦の客としての育成を目的に日本に小
麦を提供
洋食化による需要の増加が小麦の輸入を促進
後継者問題
年齢別新規参入者数(H19)
39歳以上
40~50
60歳以上
27%
460人
32%
560人
720人
41%
年齢別自営農業就農者(H19)
39歳以上
40~50
60歳以上
15%
9640人
34730人
54%
20050人
31%
他の職業との所得格差
• 天候等による収穫物の値動き
海外より大量の安価な作物の流入
不安定な収入体質
若者が農業の道に進むことを嫌がる。
生活水準と地域格差
• 継承者であることは、その地に定住して生活
する必要がある。
• 生活水準の地域格差の存在は後継者である
者の離農離村を促がすように働く。
• 社会生活環境整備や就業の場の確保による
生活水準の向上とそれによる定住性の確保
がまず必要となる。
外国と日本の農業
・外国
日本と比べ一つ一つの過程が細かくないが、国
の広い土地の大部分を農地にしている為, 農地
自体が広く日本と比べて大量生産が可能。
・日本
基本的には山地が多く平野が少ないことや土地
自体も狭いが、高い生産性のある水田が多く、そ
の為単位面積あたりの収穫量が多い。
農地1haで養える人数の比較
•
•
•
•
•
•
オーストラリアは0.1人
アメリカは0.8人
イギリスは2.6人
フランスは2.9人
ドイツは4.5人
日本は、10.5人 と日本は農地1haで養える
人数が多い
外国と日本の大豆の生産量
(2006)のデータ参照
•
•
•
•
•
•
アメリカ 8億2820万トン
ブラジル 5億0195万トン
アルゼンチン 3億8300万トン
中国 1億6900万トン
日本
22万9200トン
日本は外国に比べ生産量は明らかに低い
食料自給率
(%)
90
80
食料自給率
70
穀物自給率
60
50
40
30
20
10
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
2005
輸入に依存する日本
日本は食料自給率が低い
輸入に頼るしかない。
このまま輸入に頼っていて何も問題ないのか?
輸入できなくなる可能性
• 人口の増加により、以前は食料輸出国だった
中国が食料輸入国になった。
• バイオ燃料への利用
• 温暖化による干ばつ等の不作
参考
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
農林水産省ホームページ
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/kaidai/noukanouson/13-3-4_h.html
世界の食糧危機
http://www.tetsuaki.net/shokuryou.html
鈴木猛夫著 「アメリカの小麦戦略」と日本人の食生活 長崎大学環境科学部助教授・中村
修
図集作物栽培の基礎知識 千葉浩三 農山漁村文化協会 1980
FAOSTAT database
新形質米ってなんだろう
http://www.coara.or.jp/~nougiusa/kakubu/suiden/suiden_dec98/suiden_dec.html
ミツハシライス お米の知識 イネの種類
http://www.3284rice.com/chishiki/quest1.html
大豆の種類 大豆のおはなし グリコ
http://www.ezaki-glico.net/daizu/kinds.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-06-14/2008061412_01faq_0.html
http://www.maff.go.jp/j/biomass/b_energy/pdf/bea_05.pdf#search='アメリカのトウモロコ
シ%20生産量'
http://blog.livedoor.jp/nocs/tag/%A5%A2%A5%E1%A5%EA%A5%AB
http://www.maff.go.jp/kaigai/gaikyo/z_america_2.htm
質問案
• 後継者問題について意識しているか。また、不
安はあるか
• 新規就農者獲得のための運動をしているか。ま
た、あればどんな運動か
• ムギ、ダイズ、トウモロコシの国内生産量を増や
そうとする政策はあるのか
• 自給率を回復させるためには何が必要か(生の
声)
• 輸入について生じる問題(農薬の審査基準など)
ダウンロード

Document