本日のアジェンダ
Windowsドメインについて
PDCとBDC
Samba+OpenLDAPとWindowsドメイン
Sambaによるドメインコントローラーの構築
SambaとOpenLDAPを使ったPDCの構築
BDCの構築
1
LPICレベル3技術解説無料セミナー
Samba+LDAPで
ドメインコントローラーを
構築してみよう
主催:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
講師:宮原 徹(株式会社びぎねっと)
Windowsドメインとは
Windows Networkのユーザー情報をドメインコン
トローラーが一元管理する仕組み
ユーザー名とパスワード
その他ユーザー個別の設定
各クライアントにユーザー情報の登録不要
ログオン認証はドメインコントローラーが行う
ファイル共有に対するアクセスもドメインに登録
された情報で管理される
ドメインコントローラーとファイルサーバが別々のマシ
ンでも、情報はネットワーク経由でやり取りされる
3
PDCとBDC
PDC(Primary Domain Controller)
 ドメインに登録されている情報のマスターを管理する
ドメインコントローラー
 ユーザーのログオン認証を行う
 1つのドメインに1つ必要
BDC(Backup Domain Controller)
 PDCから情報を受け取り保持するドメインコントローラー
 PDCに代わってログオン認証を行うこともある
- 負荷が高い場合
- PDCに障害が発生した場合
 1つのドメインに複数存在可能
4
SambaとOpenLDAP
Samba単体では、単独のドメインコントローラー
(PDCのみ)を実現可能
ドメイン情報の複製が必要となるPDC・BDCの
構成では、情報管理にOpenLDAPが必要
LDAPv3をサポートするLDAPサーバ
ユーザー名やグループ名、パスワード情報を管理
Sambaに対してドメインの情報を提供
LDAPサーバ間で情報の複製が可能
5
SambaとOpenLDAPによる構成
サーバOSには
CnetOS 4.5を使用
マスターLDAP
pdc.begi.net
192.168.1.10/24
複製
PDC
スレーブLDAP
BDC
bdc.begi.net
192.168.1.15/24
ログオン認証
Windows
WINXP
192.168.1.100/24
Windows
6
Sambaのインストール
RPMパッケージをインストールする
samba-common
samba
samba-client
samba-swat
:Sambaに共通のファイル
:Sambaサーバ
:Samba付属のクライアント
:Samba設定用SWAT
1.yumコマンドでインストール
# yum install samba-common samba samba-client
samba-swat
7
SWATの使用
SWAT(Samba Web Admin Tool)を使用することで
WebブラウザからSambaの設定が行える
1./etc/xinetd.d/swatを修正
 disable = noに設定(# chkconfig swat onでも可)
 only_from行をコメントアウト
2.xinetdを再起動
 # service xinetd restart
3.WebブラウザでSWATに接続
 http://server_address:901/
 http://を省略しないこと
 管理者rootで認証し、詳細表示モードに変更
 文字コードの設定を行っておく(dos charset = CP932)
8
SWAT 文字コード設定
9
9
Windowsドメインの設定手順
Samba+OpenLDAPによるPDCの構築
1.
2.
3.
4.
OpenLDAPのインストール
Sambaの設定
smbldap-toolsのインストール
ユーザーの登録とWindowsログオン
BDCの構築
1. OpenLDAPによる情報複製の設定
2. Sambaの設定
10
OpenLDAPの設定手順
ドメイン情報を格納するためのLDAPサーバを
設定する
1.LDAPパッケージのインストール
2.LDAP認証の設定と確認
3.LDAPサーバの設定
4.LDAPサーバの起動
11
LDAP用語の基礎知識
 DN:Distinguished Name 識別名
 ディレクトリ内でオブジェクトを一意に識別できる名前
 DC:Domain Component
 ドメインを表すために使用
 OU:Organizational Unit 組織単位
 ドメイン内部を組織単位に分割するために使用
 ユーザーやグループなどのオブジェクトをまとめるためにも
使用
 CN:Common Name 共通名
 クラス(objectClass)
 データのテンプレート
 オブジェクトの属性を定義
 ユーザ、グループなどLDAPで管理するデータの種類によって
用意されている
12
LDAPパッケージのインストール
必要なパッケージ
openldap-servers
openldap-clients
1.yumでインストール
# yum install openldap-servers openldap-clients
同様に「アプリケーションの追加/削除」から
インストールも可能
「ネットワークサーバ」→「openldap-servers」
「システムツール」 → 「openldap-clients」
13
LDAP認証の設定
1. authconfigコマンドを実行
2. 認証の設定
ユーザー情報:「LDAPを使用」にチェック
認証:「LDAP認証を使用」にチェック
LDAP設定
- サーバ:127.0.0.1 ←自分自身のIPアドレスを指定
- ベースDN:dc=begi,dc=net
 X Windowの 「システム設定」-「認証」でも
同様に設定可能
14
LDAP認証設定の確認
ユーザー情報:/etc/nsswitch.conf
 passwd: files ldap
 shadow: files ldap
 group: files ldap
認証:/etc/pam.d/system-auth
 auth sufficient pam_ldap.so use_first_pass
 account [default=bad success=ok user_unknown=ignore]
pam_ldap.so
 password sufficient pam_ldap.so use_authtok
 session optional pam_ldap.so
LDAP設定:/etc/ldap.conf
 host 127.0.0.1
 base dc=begi,dc=net
15
LDAPの設定
1. スキーマ設定ファイルのコピー
スキーマ設定は/etc/openldap/schemaに入れる
# cp /usr/share/doc/sambax.y.z/LDAP/samba.schema /etc/openldap/schema/
- x.y.zはインストールしたバージョンにより異なる
2. LDAP管理者パスワードの生成
パスワードをMD5を使ってダイジェスト化
# slappasswd -h {MD5} -s ldapadmin
- “ldapadmin”がパスワード(シークレット)
16
/etc/openldap/slapd.confの設定
/etc/openldap/slapd.confに以下の追加と修正
1.追加
include /etc/openldap/schema/samba.schema
2.修正
suffix "dc=begi,dc=net"
rootdn "cn=Manager,dc=begi,dc=net"
rootpw {MD5}TmZgZ01/Z0/29bOPByMr4A==
- slappasswdの結果をコピー&ペースト
17
LDAPサーバの起動
1. OpenLDAPサーバの起動
# service ldap start
2. LDAPポートの確認
# netstat -tl
3. システム起動時に自動起動するように設定
# chkconfig ldap on
18
Sambaの設定手順
SambaをLDAPサーバと連携したPDCとして設定
1.Sambaの設定
2.管理者パスワードの設定
3.smbldap-toolsのインストールと設定
Perlのモジュールをインストール
19
/etc/samba/smb.confの設定(1)
基本オプション
workgroup = BEGINET
セキュリティオプション
passdb backend = ldapsam:ldap://localhost
admin users = Administrator
ログオンオプション
domain logons = yes
ブラウジングオプション
domain master = yes
※SWATで設定する場合、「詳細表示」(Advanced)で行う
20
/etc/samba/smb.confの設定(2)
LDAPオプション
ldap
ldap
ldap
ldap
ldap
ldap
admin dn = cn=Manager,dc=begi,dc=net
group suffix = ou=Groups
machine suffix = ou=Computers
passwd sync = yes
suffix = dc=begi,dc=net
user suffix = ou=Users
Winbindオプション
winbind nested groups = no
※SWATで設定する場合、「詳細表示」(Advanced)で行う
21
設定項目について(1)
workgroup
 ドメイン名を指定
passdb backend
 Sambaのユーザー情報の格納先を指定
 smbpasswd tdbsam ldapsamの3種類から選択可能
admin users
 Samba管理者のユーザー名を指定
 コンピュータがドメインに参加する際に必要
domain logons
 ドメインログオンをサポートするドメインコントローラになる
domain master
 ドメインマスタブラウザになる
22
設定項目について(2)
ldap admin dn
 LDAPサーバの管理者ユーザーをDNで指定する
ldap suffix
 LDAPの検索ベースを指定する
ldap machine suffix/ldap user suffix/ldap group
suffix
 ドメイン情報の各格納先(OU)を指定する
ldap passwd sync
 SambaとUNIXのパスワード情報を同期させる
winbind nested groups
 デフォルトがyesなので正常動作のためにnoに設定
 設定しないとsmbプロセスが落ちる
23
SWAT LDAP設定
24
LDAP管理者パスワードの設定
SambaがOpenLDAPに接続する際に使用する
パスワード
設定値は/etc/samba/secrets.tdbに保存される
slapd.confでのrootpwの設定値と対応させる
rootpw :ldapadmin ←実際にはハッシュ値
ユーザー名はsmb.confに設定したldap admin dn
の値が使用される
ldap admin dn :cn=Manager,dc=begi,dc=net
1.smbpasswdコマンドに-wオプションで実行
# smbpasswd -w ldapadmin ←パスワードを指定
25
管理者パスワードの関係
OpenLDAP
マスター
LDAP
slapd.conf
ユーザー名:rootdn "cn=Manager,dc=begi,dc=net"
パスワード:rootpw {MD5}TmZgZ01/Z0/29bOPByMr4A==
slappasswd -h {MD5} -s ldapadminの結果を記述
それぞれのユーザー名/パスワードを
一致させること
smb.conf
ユーザー名:ldap admin dn = cn=Manager,dc=begi,dc=net
パスワード:smbpasswd -w ldapadmin
Samba
/etc/samba/secrets.tdbに格納される
26
smbldap-toolsパッケージのインストー
ル
1. RPMforgeを有効にする
 http://rpmrepo.org/RPMforge/Using から使用している
ディストリビューションに合わせたRPMパッケージを
ダウンロードしてインストール
2. smbldap-toolsパッケージをインストール
 # yum install smbldap-tools
3. Sambaを起動しておく
 # service smb start
4. 初期化を行う
 # cd /usr/share/doc/smbldap-tools-x.y.z
 # ./configure.pl
- LDAPへの接続パスワードを聞かれるのでldapadminを入力
27
SIDについて
SID(Security Identifier・セキュリティ識別子)
Windows内部のオブジェクトを識別するための
一意の値
 「S-?-?-?」といった形式になっている
 ドメイン毎に異なるSID値を持っている
/etc/samba/secrets.tdbに保管されている
ローカルドメインのSID値の確認
 # net getlocalsid
ローカルドメインのSID値の設定
 # net setlocalsid SID
その他のドメインのSID値の確認
 # net rpc getsid [domain]
28
ドメインの初期化とユーザー登録
SambaがPDCとして動作するために必要な初期
情報をLDAPサーバに登録
1.ユーザーおよびクライアントコンピュータを登録
2.初期ドメインデータの作成
3.ユーザーの登録
4.コンピュータの登録
5.ドメイン参加とWindowsドメインログオン
29
初期ドメインデータの作成
1. 初期ドメインデータの作成
ドメインの動作に必要な初期データを作成する
# smbldap-populate –a Administrator –b guest
-aオプションで指定するユーザー名はsmb.confで
admin usersに設定したユーザーを指定する
/var/lib/ldap/にファイルが作成される
2. ドメイン管理者のパスワード設定
パスワード:domainadmin
-aオプションのユーザー名とパスワードはWindows
コンピュータをドメインに参加させる時に必要
30
ドメインユーザー設定
ユーザー登録
 # smbldap-useradd -a -m username
 -mオプションでホームディレクトリも同時に作成
ユーザーパスワード設定
 # smbldap-passwd username
コンピュータ登録
 # smbldap-usreadd -w computer_name
ユーザー情報修正
 # smbldap-usermod options username
ユーザー削除
 # smbldap-userdel username
31
ユーザーとコンピュータの登録
1. ユーザーbeginetを登録
# smbldap-useradd -a -m beginet
# smbldap-passwd beginet
- パスワード:beginet
2. クライアントコンピュータwinxpを登録
# smbldap-useradd -w winxp
3. 確認
# getent passwd
# smbldap-usershow beginet
# smbldap-usershow winxp$ ←末尾に$が付く
32
ドメイン参加とドメイン認証
1. Windowsクライアントのドメイン参加設定
1. ローカル管理者権限でログオン
2. 「システムのプロパティ」→「コンピュータ名」→「変更」
ボタンをクリック
3. コンピュータ名をドメインに登録したコンピュータ名に
設定(ここではwinxp)
4. ドメイン名:beginet
5. 管理者ユーザー名/パスワードが必要
6. 「Administrator/domainadmin」を入力
7. ドメイン参加後、Windowsクライアントを再起動
2. ドメイン認証


ログオンダイアログでログオン先をドメインに変更
移動プロファイルの問題が発生(後述)
33
ドメイン参加(1)
34
ドメイン参加(2)
35
ドメイン参加(3)
36
ドメイン参加(4)
37
実用上考慮すべきポイント
移動プロファイルの利用
smbldap-useradd.plの設定ではユーザー名が入る
\\NETBIOS NAME\profiles\usernameと設定される
profilesというファイル共有を作っておく必要がある
1. # mkdir /home/profiles
2. # chmod 777 /home/profiles
3. SWAT等で/home/profilesをprofiles共有として設定
– 読み書き可能(read only = no)に設定すること
– ゲストアクセス可能(guest ok = yes)に設定すること
38
SambaによるPDC-BDC
の構築
SambaとOpenLDAPによる構成
マスターLDAP
複製
PDC
スレーブLDAP
BDC
ログオン認証
Windows
Windows
40
BDCの構築手順
PDCと同様の作業
1.SambaとOpenLDAPとをインストール
2.認証にLDAP使用を設定(authconfig)
 BDCでもlocalhostのLDAPを参照するように設定すること
3.スキーマ設定ファイルsamba.schemaのコピー
BDC独自の作業
1.OpenLDAPの複製を設定
 PDCからLDAPの情報ファイルをBDCにコピー
 マスター/スレーブ間で複製を設定
2.SambaをBDCとして設定
 ドメインマスターにならないサーバとして設定
 ユーザー情報はOpenLDAPサーバから取得
41
BDCへのLDAP情報のコピー
1. PDCのSambaとOpenLDAPサーバを停止する
 PDC # servive smb stop
 PDC # service ldap stop
2. PDCのLDAP情報をアーカイブ
 PDC # cd /var/lib
 PDC # tar cvf /root/ldap_data.tar ldap
3. ldap_data.tarをPDCからBDCへコピー
 BDC # scp [email protected]:/root/ldap_data.tar /root
4. LDAP情報をコピー
 BDC # tar xvf ldap_data.tar
 BDC # rm -rf /var/lib/ldap/*
 BDC # cp -p /root/ldap/* /var/lib/ldap/
42
LDAP情報複製の設定(PDC側)
 /etc/openldap/slapd.confに以下の設定を追加
 replogfile /var/lib/ldap/openldap-master-replog
 replica host=192.168.1.15
binddn="cn=Manager,dc=begi,dc=net”
bindmethod=simple credentials=ldapadmin
 hostには更新情報を伝播させたいスレーブのIPアドレス
(ここでは192.168.1.15)を指定
 マスターに対する変更は差分ログとして記録される
 スレーブに対してbinddnで接続認証する
 スレーブに管理者ユーザーのDNが存在しなくてはいけない
 簡易認証・パスワードはldapadminで接続
43
LDAP情報複製の設定(BDC側)
/etc/openldap/slapd.confを以下のように設定
 include /etc/openldap/schema/samba.schema
 suffix "dc=begi,dc=net"
 rootdn "cn=Manager,dc=begi,dc=net"
 rootpw {MD5}TmZgZ01/Z0/29bOPByMr4A==
 updatedn "cn=Manager,dc=begi,dc=net"
 updateref ldap://192.168.1.10
updatednはローカルのrootdn、マスター側のbinddn
と同じ設定にする
updaterefは更新要求を受けた時にマスターの所在
を知らせる
44
LDAP情報複製の確認
1. PDC・BDCでOpenLDAPを起動
PDC # service ldap start
BDC # service ldap start
2. PDCでユーザーを追加
PDC # smbldap-useradd -a -m reptest
PDC # smbldap-passwd reptest
PDC # id reptest
3. BDCでユーザーを確認
BDC # id reptest
45
/etc/samba/smb.confの設定(1)
基本オプション
workgroup = BEGINET
セキュリティオプション
passdb backend = ldapsam:ldap://localhost
admin users = Administrator
ログオンオプション
domain logons = yes
ブラウジングオプション
domain master = no ←ドメインマスターにはならない
※SWATで設定する場合、「詳細表示」(Advanced)で行う
46
/etc/samba/smb.confの設定(2)
LDAPオプション
ldap
ldap
ldap
ldap
ldap
ldap
admin dn = cn=Manager,dc=begi,dc=net
group suffix = ou=Groups
machine suffix = ou=Computers
passwd sync = yes
suffix = dc=begi,dc=net
user suffix = ou=Users
Winbindオプション
winbind nested groups = no
※SWATで設定する場合、「詳細表示」(Advanced)で行う
47
SIDの設定
BDCにはPDCと同じSIDを設定する必要がある
1.PDCのSambaは動作させておく
 PDC # service smb start
2.BDCの/etc/samba/secrets.tdbを削除
 BDC # rm /etc/samba/secrets.tdb
3.BDCのローカルSIDを設定
 BDC # net rpc getsid -S PDC –U
Administrator%domainadmin
4.BDCのSambaがスレーブLDAPサーバに接続する際
のパスワードを設定
 BDC # smbpasswd -w ldapadmin
48
BDCの動作の確認
1. あらかじめWindowsコンピュータのドメイン認証キャッシュに
関する設定を変更しておく
 「コントロールパネル」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリ
シー」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」→「対話型ロ
グオン : ドメイン コントローラが利用できない場合に使用する、前回
ログオンのキャッシュ数」を0に設定
 設定後、Windowsを再起動
2. PDC・BDC両方を動作させる
 PDCで認証され、ログオンできる
3. PDC、BDC両方を停止する
 ログオンできなくなる
4. BDCだけ動作させる
 BDCで認証され、ログオンできる
 PDC停止中のため、移動プロファイルが更新できないエラーが発生
49
ログオンキャッシュを無効にする(1)
50
ログオンキャッシュを無効にする(2)
51
ダウンロード

LPICレベル3技術解説無料セミナー Samba+LDAPでドメイン