新潟県の蔵元に関する
実証的研究
4年
さひ
4年
4年
4年
4年
商学部 国際ビジネス学科
五十嵐あ
商学部
商学部
商学部
商学部
高沢由佳
高橋佑汰
陳婉露
小塚吉
国際ビジネス学科
国際ビジネス学科
国際ビジネス学科
経営学科
1
はじめに
2
Ⅰ.清酒の概要
1.清酒の歴史
2.清酒の種類
3.清酒の消費量
3
1.清酒の歴史
国税庁によると、清酒の誕生は、
紀元前4世紀頃の縄文時代末期から
弥生時代初期に始まったのではないかといわれている。
時代の変遷とともに徐々に酒造技術は発達し、
明治以降には酒造機械の導入、高度精米技術の開発
などにより、酒質は飛躍的に向上し現在に至っている。
4
表Ⅰ-1
2.清酒の分類
資料:国税庁『日本酒(清酒)に関するもの』、『知識ゼロからの日本酒入門』
5
より作成。
3.清酒の消費量
国税庁統計情報によると、2010年の
全国の清酒消費量は58万9,088klで、
成人一人当たり年間5.7リットルの清酒を飲んで
いる。
2010年、都道府県ごとの一人当たりの清酒の
消費量ランキングでは、新潟県が第一位である。
6
一人当たりの清酒消費量ランキング
表Ⅰ-2
資料:総務省統計局『人口推計年報』、『国税庁統計情報』よ 7
Ⅱ.新潟県の地場産業-清酒
1.地場産業
2.新潟清酒の生い立ち
3.新潟清酒の美味しさ
4.新潟清酒の海外輸出
8
1.地場産業
• 全国酒造組合に加盟している
蔵元は約1,600あり、その中で、
新潟県には94もの蔵元がある。
• 日本清酒専門機関(新潟県醸造
試験場・新潟県酒造組合)によ
る長年の努力が地場産業を支
えている。
9
2.新潟清酒の生い立ち
(1)「新潟淡麗」について
「淡麗」とは、口当たりがさっぱりとして、
癖がないという意味である。
「淡麗辛口」で飲み飽きせず、
後味のきれいなことが最大の特徴である。
10
3.新潟清酒の美味しさ
(1)「酒造りのこだわり」
平均精米歩合58.2%と低い数値で、
良質な酒米を贅沢に磨いて造られている。
2004年には、新潟県産の米を100%使用し
た
新潟ならではの酒を製造するために
「越淡麗」を開発した。
11
(2)「自然環境」
新潟県は、稲作に適した環境で
良質な酒米を作りだしている。
冬は、絶え間なく降る雪が空気を清浄にし、
気温を安定させて醸造を助けている。
12
(3)「水のこだわり」
蔵元は、独自の井戸水や湧水などの
水源を持っている。
新潟清酒は軟水で酒造りをしており、
軟水はミネラル分が少なく、口当たりが柔らか
く
上品な酒になる。
13
表Ⅱ
清酒生産地の出荷量推移 日本酒造組合中央会調
(単位:KL、%)
注)1.年度は1~12月、カッコ内は前年比 2.全国の出荷量は国税庁調べの1~7月確数
14
と中央会調べの8月~9月概数を合計したもの
4.新潟清酒の海外輸出
2012年度における新潟県の清酒輸出
量は、過去最高の1,375klであった。
2011年度までの輸出量はアメリカが
トップであったが、2012年度には韓
国がトップとなった。
東日本大震災以降、中国への輸出は
原子力発電事故の影響で途絶えてい
る。
15
朝日酒造株式会社
大洋酒造株式会社
Ⅲ.実態調査
1.朝日酒造株式会社
2.大洋酒造株式会社
3.新潟県酒造組合の取り組
み
4.課題
16
1.朝日酒造株式会社
(1)会社の概要
・1830年に新潟県長岡市朝日に久保田屋とし
て
創業し、1920年に朝日酒造株式会社となっ
た。
・「酒蔵のある里」づくりを目指し、特に
「酒造りは米づくりから」という理念のもと、
・自然保護活動に力をいれている。
・「品質第一」を念頭に、酒造業を歩み続ける
17
米づくりに対する取り組み
①酒造りの精神
・「酒造りは米づくりから」の精神を基に、契
約栽培
農家と連携して、地域一体となった米づくり、
酒造りを行っている。
・酒米の品質向上や新しい酒米の育成などを推
進
するために、1991年から地元の農家や関連
会社と
18
②環境づくり
・品質の良い清酒を造るために欠かすことのでき
ない、
美しい自然環境づくりを徹底して行っている。
・これまでホタルの保護など自然保護活動の先頭
に
立ってきた。ホタルの保護活動として、
「教育のホタル」「環境のホタル」「交流(観光)
のホタル」
19
2.大洋酒造株式会社
(1)会社の概要
・1943年に新潟県村上市の村上税務署管内にあ
る
14の蔵元業者が合併して設立した会社である。
・1945年には酒名「越の魂」を、1950年には酒
名
「大洋盛」を製造・発売し、現在に至っている。
20
地域と密着した取り組み
・企業理念である「本物の地酒文化の確立」を
実践している。
・「お酒、文化、食を通じた地域活性化」を目的と
して、
「村上市と共に歩む」という地域と密接した以下
の
取り組みを行っている。
①地元産へのこだわり(酒米)
②地元住民と交流(ファンづくり)
③観光都市を目指す
21
①地元産へのこだわり(酒米)
酒造りをする上で、関西地方で多く使われ
て
いる山田錦(酒米)の使用をやめ、
新潟で誕生した越淡麗(酒米)を使用して、
オリジナリティのある新潟清酒を製造して
いる。
22
②地元住民との交流(ファンづくり)
 地域の住民と「大洋盛を味わう会」、「蔵元見
学会」といった地域の人々との交流を大切にし
ている。
 会員を募集して2か月に1回、「蔵の一年探訪」
という清酒の頒布会を実施している。
 村上市の地域ブランドを確立させるために
地域限定商品である「紫雲大洋盛」(酒名)を
販売している。
23
③観光都市を目指す
 大洋酒造が所在している村上市は
観光都市を掲げている。村上市の交流人
口
(観光地に訪れる人の人口)増加を目的と
して、
町屋再生、お人形さま巡り、屏風まつり
へ
積極的に参加をしている。
24
④地域ブランド「村上」の確立
 観光産業を育成させる地域ブランドの確
立は、
大手企業のナショナルブランドに対抗し
うる
強力な手段となっている。
第一段階は観光産業の育成・発展である。
村上市にしかない資源を有効活用し、そ
れを
25
3.新潟県酒造組合の取り組み
県内にある約90の蔵元の地酒500
種類を新潟の豊かな料理とともに
味わうことができる。
知識を身に付けて、新潟清酒
の愛飲者の増加と共に、新潟
県全体を理解する人が増加し
ていくことで新潟訪問者の増
加につなげることを目的とし
ている。
26
4.課題
(1)調査結果
新潟県における清酒と蔵元の現状を理解し、
実態調査を行った結果、蔵元は
①新潟清酒を地域ブランドとして確立させ
る
②消費者に知ってもらう取り組みを行う
ということを続けてきていることがわかっ
た。
27
(2)若者の清酒離れの打開策
①清酒の愛飲者である年長者が、若年層
に
対して清酒の美味しいさや良さを伝え
る。
②販売する側が地域行事などを通して、
28
(3)清酒消費量増加のために
・スーパーやコンビニで売っている清酒と比べて
高価なものであったため、購入する人は少ない。
・消費者は定番商品化した低価格なものを購入する
傾向がある。
蔵元は価格で競争するのではなく、品質と地域ブラン
ド力で勝負して販売することが重要となってくる。
29
5.今後の展望と課題
(1)マーケティング戦略
契約農家と連携し、
地元産の酒米にこだわる
地元のイベント等に
積極的に参加する
地域ブランドが確立し、
個々の特性が生まれる
蔵元自身を地域ブランド
として売り込むことがで
きる
商品差別化を意識した
マーケティング戦略の実行
30
(2)品質の高い新潟清酒
良質な清酒
高品質の酒米
清らかな水
自然環境の保護
地域住民や小・中学校の生徒に
地域環境保全の大切さを学ばせ
維持に努める
31
(3)販路拡大案
新潟淡麗にいがた酒の陣
開催時は売れるが、その後の購買には繋がっていな
い
日本各地を会場とした新潟清酒のイベントを行
う
新潟清酒の海外輸出
これからも輸出先と友好的な貿易関係を図る必要があ
る
市場の有望性がある国への販売活動が重要
特に東アジア地域への市場拡大が不可欠
32
おわりに
33
参考文献
1. 秋山裕一著『日本酒』岩波書店,1994年。
2. 尾瀬あきら著『知識ゼロからの日本酒入門』幻冬社,2011年。
3. 木村克己著『日本酒の教科書』新星出版者,2013年。
4. 新潟清酒達人検定公式テキストブック編集委員会編『新潟清酒ものしりブック』新潟日報
事業者,2012年。
5. 日刊経済通信社編『酒類食品統計月報2012年11月号』日刊経済通信社,2012年。
6. 新潟日報社発行『新潟日報』2013年6月21日号。
7. Oishii JAPAN-世界の見本市・展示会-ジェトロ-JETRO.(http://www.jetro.go.jp/jmesse/tradefair/OishiiJAPAN_35817).2013.7.19取得
8. 国税
庁.(http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/kasseika/hokoku/pdf/02.pdf).2013.6.2
取得
9. 国税庁.日本酒に関するもの.(http://www.nta.go.jp/tokyo/shiraberu/sake/abc/abcsake.htm).2013.6.9取得
10. 統計表一覧 政府統計の総合窓口.(http://www.estat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001084274).2013.9.28取得
11. 新潟淡麗倶楽部(新潟県酒造組合).(http://niigata-sake.or.jp/).2013.6.16取得
12. 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合
会.(http://www.sakejapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=32&Itemid=
50).2013.6.16取得
13. 日本酒造組合中央会.(http://www.japansake.or.jp/sake/know/what/01.html).2013.6.9取得
34
14. 日本酒の種類.(http://home.q00.itscom.net/sakenomi/syurui1.htm).2013.6.15取得
ダウンロード

新潟清酒の海外輸出