昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
原著論文
脳神経活動におよぼす下肢の温熱刺激と匂い刺激の効果
小林 今日子 1), 安部聡子 1), 浅野 和仁 2)
1)昭和大学大学院保健医療学研究科,2)昭和大学保健医療学部生理学
要
旨
下肢の温熱刺激と匂い刺激が健常成人の脳血流動態におよぼす効果について酸素ヘモグロ
ビン(HbO2)濃度変化を指標に光トポグラフィー(NIRS)装置を用いて検討した。被験者 10 名(女
性 5 名、男性 5 名)の前頭葉に NIRS のプローブを装着し 40℃の湯水に下肢を浸漬、1%の匂
い物質、リナロールとバニリンをそれぞれ 30 秒間負荷した時の前頭葉 HbO2 濃度変化を測定
した。下肢の温熱刺激ならびにリナロール単独の匂い刺激負荷では前頭葉 HbO2 濃度が増加し
たものの、バニリン単独負荷では前頭葉 HbO2 濃度が負荷前と比較し、著明に減尐した。しか
し、下肢の温熱刺激とリナロールあるいはバニリンを同時に負荷するとそれぞれ単独の刺激
と比較し、前頭葉 HbO2 濃度が著明に増加した。前頭葉を右側前頭眼窩野外側、前頭眼窩野正
中、左側前頭眼窩野外側の 3 領域に分割し HbO2 濃度増加部位の検討を行ったところ、本実験
で使用した刺激すべてで前頭葉 HbO2 濃度の増加が観察された。特に下肢の温熱刺激とリナロ
ールに前頭葉 HbO2 濃度の著明な増加が観察された。さらに、HbO2 右偏数指数 RLS が左優位
となり、ストレス反応を改善しうる可能性が示唆された。下肢の温熱刺激と匂い物質の同時
負荷により前頭葉の活性化誘導が可能であること、さらには上記刺激がストレス反応改善作
用を有する可能性が示唆された。
Key Words:光トポグラフィー、下肢の温熱刺激、匂い刺激、前頭葉、脳の活性化
前頭葉は大脳半球の中心を左右に走る溝
がある。また、訓練や刺激によって前頭葉
より前方の領域で、高等動物、中でもとり
の機能である注意・記憶・遂行等の動作が
わけヒトにおいてよく発達しているとされ
有意に活性化されることが報告され、訓練
ている
1)
。前頭葉は感覚、記憶、感情等の
や刺激が前頭葉の活性化を誘導する一つの
手段として考えられている 3,4)。
情報を統合し、理解や判断の認知を行い適
切な行動をプログラムするための統合情報
処理機能を担っている
視覚・聴覚・嗅覚・体性感覚等の感覚は、
2)
。その具体的な機
神経科学や脳科学の研究からそれぞれの感
能としては自己の意思を相手に伝える、匂
覚器官で捉えられた感覚情報が、各感覚神
いをかぐ、会話をする、手作業をするなど
経を介して、大脳皮質の一次感覚野に送ら
73
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
れ、これら外界からの刺激に対応する部位
分の中枢神経活動に及ぼす効果としては匂
で処理・統合された感覚が知覚として認知
い負荷時に脳波や嗅覚誘発電位を測定した
されることが明らかとなっている 2)。
ところ、老年層では若年層と比較し、嗅覚
下肢を 40℃前後の温水に浸漬するケアで
誘発電位の潜時が延長すること 17)、さらに
ある足浴には、血液循環の促進作用、皮膚
は快の香りは脳の左半球で、不快な香りは
清潔保持作用、保温作用、睡眠導入作用な
右半球で認知されることなどが報告されて
、糖尿病患者のフットケア、産
いる 18)。さらに近年、神経伝達物質の産生
婦や褥婦のリラクゼーション・浮腫の緩和
を指標に香気成分の中枢神経系に及ぼす効
どがあり
5)
などを目的に看護の現場では多用され
6)
、
果がラットを用いて検討され、アルコール
その作用機序としては温水刺激による自律
とその誘導体、フェノール誘導体に分類さ
神経の変動との関連性が示唆されているも
れる香気成分には視床下部のベーターエン
のの
7)
、足浴の中枢神経系に及ぼす効果に
ドルフィン産生能を増強する作用があるこ
ついては十分に解析されていない 8)。
とが観察 19)され、この結果から香気成分は
香気成分を用いた匂い刺激、いわゆるア
中枢神経活性化作用を有することが報告さ
ロマセラピーは花や木などの植物に由来す
れているものの、その詳細については不明
る芳香成分をヒトの生活空間に取り入れ、
な点が多い。上述したように、下肢の温熱
ヒトが本来有している自然治癒力を高め、
刺激と匂い刺激は看護師が独自に介入でき
心身の健康や美容を増進する技術もしくは
る技術として広く行われつつあるが 20)、脳
行為を示す言葉である 9)。一方、近年、ア
神経活動に及ぼすこれら刺激の効果につい
ロマセラピーには生体のストレス反応の抑
ては十分検討されていない。
制作用や 10)癌性疼痛とそれに伴う不安感 11)、
倦怠感の軽減等
12)
脳機能の変動を体外から非侵襲的に測定
が観察・報告されるとと
する方法としては脳波や嗅覚誘発電位の測
もに、芳香成分の科学的な研究も進展して
定・機能的磁気共鳴画像(f-MRI)、陽電子
いることから、健康や美容の増進のみなら
放射線断層撮影(PET)また電気生理学的
ず、アロマセラピーは補完代替医療の 1 つ
な脳機能観察方法の脳磁計(MEG)などが
としても注目されている
13, 14)
。 アロマセ
ある。しかし、これらの方法によって脳機
ラピーの上述した作用機序に関しては、末
能の変動を測定するためは特殊な測定場所
梢神経を対象に検討され、香気成分は交感
が必要であるのみならず、被験者を拘束す
神経を活性化するものと副交感神経を活性
る必要があり一般的と言い難い面がある。
化するものの2種類に大別できることが報
今回使用する光トポグラフィー装置
告されている 15)。また、実験動物を用いて、
(NIRS)は頭皮上に装着するプローブから
体重と体温の変動を指標に自律神経系の活
波長約 695nm と約 830nm の近赤外線を照射
動に及ぼす香気成分の効果を検討し、香気
し、酸化ヘモグロビン(HbO2)と還元型ヘ
成分には上記と同様に交感神経活動増強作
モグロビンに反射した近赤外線を頭皮上で
用を有するものと同神経活動抑制作用を有
測定する装置で、被験者は運動制限を受け
するものの存在が示されている
16)
。香気成
ることなく脳機能に及ぼす各種刺激の効果
74
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
を測定できる装置である。また HbO2 濃度の
ては 100%エタノールに 1%となるように溶
変化から間接的ではあるものの脳の活性化
解した。足浴に使用する湯は温水 40℃(水
や脳血流量の変化も観察できる利点を有し
道水)で研究開始前、被験者に嫌悪感がな
9)
ている。 そこで今回、足浴とアロマテラ
いか確認した。
ピーについて、下肢の温熱刺激(温熱)と
HbO2 濃度測定装置と測定方法
匂い刺激が脳神経活動に与える影響につい
本研究で使用した HbO2 測定装置は日立
て、健常者に匂い及び下肢の温熱刺激を同
メディコ社製の NIRS(ETG4000)であった。
時負荷し、NIRS によって測定した前頭葉の
HbO2 測定に際しては近赤外線照射プロー
HbO2 濃度変化を指標に検討した。
ブと同受光プローブを 3cm 間隔で配置した
ホルダーを脳波測定時に使用する電極配置
材料と方法
方法である 10/20 法に準じて被験者の前頭
被験者
部に装着した。装着後全プローブが正常に
本研究の被験者は A 大学に在籍中の学生
近赤外線を受光できることを確認し、測定
10 名(女性 5 名、男性 5 名)であった。被
を開始した。なお、本装置で使用する近赤
験者に対しては昭和大学保健医療学部倫理
外線の波長は 695nm と 830 nm の 2 波長で、
委員会において承認(承認番号 192 号)さ
測定チャンネル数は 3x11 に配置した発光
れた研究内容、研究方法、倫理的な配慮等
部と受光部使用で全 52 チャンネルであっ
に関し、書面と口頭で説明し、書面におい
た。また、HbO2 濃度測定間隔は 0.1 秒で、
て承諾を得た。
その結果を mM-mm で記録・保存した。ま
研究期間と場所と測定環境
た、測定結果を画像として表示する際には
本研究の研究期間は 2012 年 10 月から
HbO2 濃度とその変化を示す画像上の赤色
2013 年 8 月で実施場所は昭和大学保健医療
反応が比例する様に機器を設定した。
学部 304 教室であった。測定環境を空調機
匂い刺激負荷方法
と加湿器を用い、温度 24~26℃、湿度 45%
上述した香料 10ml を内径 2.0cm、高さ
~55%に保持した。また、測定室の照明強
5.0cm のガラス製バイアル瓶に入れ、肘付
度は 100 ルクスとし外部からの光刺激を遮
き椅子に安静座位の姿勢を保持した被験者
断するために窓を暗幕で覆い、被験者には
に、鼻孔から 5cm の距離で匂いを負荷した。
閉眼を指示した。
また、匂い物質の測定室内への拡散を防ぐ
匂い物質と湯温の選定
ためバイアル瓶は蓋つきとし、使用する直
本研究では、嫌悪感のある匂いによる被
前までプラスチック製の蓋付容器に入れ保
験者の逃避行動を避けるため研究開始前に
管した。
15 種類の匂いを試験的に嗅がせ、被験者全
下肢の温熱刺激負荷方法
員が好感を示した匂いの中から、リナロー
下肢の温熱刺激に際しては被験者の服装
ルとバニリンの 2 種類を選択し、被験香料
を短パンとし、実験中に温水により服装が
とした。使用した香料は小川香料(株)か
濡れないようにした。サーモスタッド機能
ら分与していただいた原液で、使用に際し
付きの電気恒常器を使用し 40℃の温水 9L
75
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
で、膝下 20 cm の高さまで下肢を漬けさせ
て HbO2 右偏数指数 RLS(Right laterality
た。 安定した座位を保持するため足台で足
ratio score)を算出し、表として示した 22)。
底面を保持し、冷感刺激を受けないようバ
スタオルで温水に浸漬していない下肢を被
HbO2 右偏数指数 RLS の計算式
覆した。
RLS = Right laterality ratio score =
被験者への刺激負荷時間と負荷順序
本実験の下肢の温熱刺激時間、匂い刺激
⊿右 oky-Hb -⊿左 oky-Hb
負荷時間は図1に示した通りである。前頭
⊿右 oky-Hb +⊿左 oky-Hb
葉 HbO2 濃度の変化におよぼす匂い刺激の
みの効果を調べる実験では、30 秒の安静後、
統計学的処理
匂い刺激のみを被験者に 30 秒負荷した。負
測定した HbO2 濃度変化をフリードマン
荷した匂いの種類はリナロールとバニリン
検定し、有意差が認められた場合はシェッ
で、負荷の順番はリナロール、次にバニリ
フェの方法による対比較を行った。RLS の
ンであった。
統計学的処理では、Paired student’s test を用
いた。危険率 0.05%以下をもって統計学的
下肢温熱
下肢温熱
安静 下肢温熱 安静
中間安静 下肢温熱 安静
安静
リナロール
バニリン
10sec 30sec 30sec
60sec 30sec 30sec
30sec
30sec
30sec
に有意と判断した。
結
図1 下肢の温熱と匂い刺激負荷時間と匂い
果
1.前頭葉の HbO2 濃度変化におよぼす下
負荷順序
肢の温熱刺激と匂い刺激負荷での相乗
効果
結果の表示
被験者の下肢を温水に浸漬させながら、
本実験で得られた結果を以下の①~④に
リナロールならびにバニリンの匂いを曝露、
示した方法のいずれかで表示した。
前頭葉の HbO2 濃度変化におよぼす下肢の
① HbO2 濃度測定結果を経時的にグラフと
温熱と香料負荷の効果を検討した。被験者
して示した。
② 山本ら
10 名から無作為に抽出した男女 2 名ずつ 4
21)
の方法に準じ HbO2 測定結果
名の測定結果を代表例として、図 2 ならび
を各チャンネルで平均が 0、標準偏差が
に図 3 に示した。まず、女性被験者 A の結
1になるように標準得点(Z‐score)化
果を経時的に観察した。図 2 に示したよう
し、その値を用いて各課題時の HbO2 濃
に下肢を温熱に浸漬したところ、次第に前
度測定結果の平均値から安静時のそれ
頭葉の HbO2 濃度が増加、温熱刺激開始 22
を引いた値による加算平均を行いグラ
秒後に最大となり、それ以降減尐、開始 46
フとして示した。
秒後には安静時のそれとほぼ同程度となっ
③ 前頭葉 HbO2 測定結果を画像として示し
た。次に、被験者に温熱刺激とリナロール
た。
の匂い刺激を負荷したところ、速やかに前
④ Z‐score 算出結果から下記の式に準じ
頭葉 HbO2 濃度が増加、実験開始 21 秒後に
76
昭和大学保健医療学雑誌
は最大となったものの、それ以降は匂いを
第 12 号
2014
ールのそれよりも低かった(図 3)。
負荷しているにもかかわらず、前頭葉 HbO2
NIRS で計測される近赤外線反射信号は
濃度は急速に低下した。また、被験者に温
刺激負荷、あるいは開始時からの相対変化
熱刺激とバニリンの匂い刺激を負荷したと
の値で、上述した結果に示したように被験
ころ、前頭葉 HbO2 濃度は安静時のそれと比
者間での個体差も大きく、実測値を用いて
較し増加したものの、その程度は温熱刺激
被験者全員の評価を行うと正確な評価がで
のみの場合より低かった。女性被験者 B の
きないことが示唆されている 21)。そこで、
場合は、下肢の温熱により徐々に前頭葉
前頭葉 HbO2 のデータを各チャンネルで平
HbO2 濃度が増加、温熱刺激終了 7 秒後に最
均が 0、標準偏差が1になるように標準得
大となり、それ以降安静時の状態にまで
点(Z-score)化を行い 21)、被験者全員の加算
徐々に低下した。当該被験者を温熱刺激と
平均を求めた。さらに下肢の温熱刺激と匂
リナロールに曝露したところ、曝露開始後
い負荷時の HbO2 濃度測定値から安静時の
急速に前頭葉 HbO2 が増加、香料曝露終了後
平均値を引いた値を求め、下肢の温熱刺激
は徐々に安静時の状態にまで低下した。ま
と匂い刺激が前頭葉の HbO2 濃度変化にお
た、バニリンの曝露により前頭葉 HbO2 濃度
よぼす相乗効果を検討した。また、香料刺
は安静時と比較し増加したものの、その程
激単独の前頭葉 HbO2 濃度変化におよぼす
度はリナロール曝露のそれより低かった。
効果を評価するために、下肢の温熱刺激を
次に男性を対象に検討した。男性被験者 C
行わない状態で被験者に香料を負荷し、前
では下肢の温熱刺激により前頭葉の HbO2
頭葉の HbO2 濃度変化を検討した。図4に示
濃度が徐々に増加、温熱刺激 24 秒後に最大
したように、下肢の温熱刺激を負荷すると
となった(図 3)。次に、当該被験者にリナ
前頭葉 HbO2 濃度が増加した。また、リナロ
ロールを負荷したところ、前頭葉 HbO2 濃度
ールのみの負荷でも前頭葉 HbO2 濃度が増
が急速に増加、8 秒後に最大となり、その
加した。次に、温熱刺激とリナロールの匂
後は匂い刺激を負荷しているにもかかわら
い刺激を同時に負荷した時の前頭葉 HbO2
ず、次第に減尐、匂い刺激開始 38 秒後には
濃度を調べたところ、単独刺激と比較し、
安静時のそれよりも低値となった(図 3)。
両者の併用刺激によって前頭葉の HbO2 濃
一方、負荷する匂い刺激の種類をバニリン
度が著明に増加した。刺激に用いる匂いの
に変更したところ、前頭葉 HbO2 濃度は下肢
種類をバニリンに変え、被験者の前頭葉
の温熱刺激時のそれと同程度にまで増加、
HbO2 濃度を測定した。図 4 に示したように
この増加は匂い刺激負荷終了時においても
匂いのみを被験者に負荷したところ、前頭
観察された(図 3)。男性被験者 D では下肢
葉の HbO2 濃度が著明に減尐したものの、温
の温熱刺激により安静時と比較しわずかに
熱刺激と同時にバニリンを負荷すると、前
増加した前頭葉の HbO2 濃度がリナロール
頭葉 HbO2 濃度が増加した。しかし、下肢温
の負荷により安静時の約 4 倍と著明に増加
熱刺激とバニリンの二重刺激による前頭葉
した(図 3)。しかしながら、負荷する匂い
HbO2 濃度の増加は下肢温熱刺激のみの時
刺激の種類をバニリンに変更してもリナロ
と比較し有意なものではなかった。
77
昭和大学保健医療学雑誌
78
第 12 号
2014
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
後頭部側では HbO2 濃度の増加を示す赤色
2.下肢の温熱刺激と匂い刺激による前頭
反応が全く観察されなかった。しかしなが
葉 HbO2 濃度増加部位の検討
ら、下肢温熱刺激時にリナロールの匂いを
被験者に下肢の温熱刺激と匂い刺激を負
負荷すると前頭葉全体で HbO2 濃度の増加
荷した時の、前頭葉 HbO2 濃度変化部位に差
を示す赤色反応が観察された(図 5)。負荷
が認められるか否かを検討した。前頭葉
する匂いの種類をバニリンに変えたところ、
HbO2 濃度変化を画像として処理し、被験者
右側前頭眼窩野外側ならびに前頭眼窩野正
の中から無作為に抽出した男女 1 名ずつの
中領域の後頭部側では HbO2 濃度の増加を
結果をそれぞれ図 5 と図 6 に示した。女性
示す赤色反応が全く観察されなかった(図
被験者に温熱刺激のみを負荷したところ、
5)。被験者を男性に変えても女性のそれら
図 5 に示したように右側前頭眼窩野外側の
と同様な変化が観察された(図 6)。全被験
79
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
者を対象に、前頭葉を図 7 に示したように
熱刺激より HbO2 濃度が増加を示すものの
右側前頭眼窩野外側、前頭眼窩野正中、左
右側前頭眼窩野外側と、特に前頭眼窩野正
側前頭眼窩野外側の 3 領域に区分し標準得
中では温熱単独の HbO2 濃度より低い値が
点(Z-score)化のデータを用い、HbO2 濃度の
認められた。次に、Z-score 化した数値を用
変化を数値化して検討を行った。図 8 に示
いて前頭眼窩野外側の左右差を検討したと
すように下肢の温熱刺激のみでは、右側前
ころ(図 8)、温熱単独刺激ならびに下肢温
頭眼窩野外側、前頭眼窩野正中、左側前頭
熱刺激とリナロールの同時負荷を行っても
眼窩野外側の 3 領域全体で HbO2 濃度の増
左右差は認められなかったものの(P>0.05)
、
加が認められた。また、温熱とリナロール
負荷する匂いの種類をバニリンに変えたと
においても温熱刺激のそれと同様の領域で
ころ左前頭眼窩野外側で統計学的に有意に
HbO2 濃度が増加し、その程度は温熱刺激単
Z-score 化値が上昇した( P <0.05)。
独の HbO2 濃度より高かった。一方、温熱と
バニリンの場合は左側前頭眼窩野外側で温
80
昭和大学保健医療学雑誌
81
第 12 号
2014
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
3.下肢の温熱刺激と匂い刺激時の前頭葉
82
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
と比較し統計学的に有意差が認められた
HbO2 濃度の左右対称性についての検討
( P < 0.05)
。温熱刺激とリナロールの RLS
全被験者男女 5 名ずつ 10 名の標準得点
は‐0.22 で安静時と比較し統計学的に有意
(Z-score)化を行った結果から、安静時、下肢
差があった( P < 0.05)ものの温熱刺激のみ
の温熱刺激時、下肢の温熱刺激とリナロー
の間では、差が認められなかった(P>0.05)
。
ル負荷時、下肢の温熱刺激とバニリン負荷
温熱刺激とバニリンの RLS は‐0.38 となっ
時の前頭葉 HbO2 濃度変化における左右の
た。この値は、安静時ならびに温熱刺激の
偏り比較するために 3 分割した領域の右側
みと比較し統計学的に有意であった( P <
前頭眼窩野外側と左側前頭眼窩野外側を用
0.05)
。
いて HbO2 右偏数指数 RLS(Right laterality
ratio score)を算出し、RLS 算定結果として表
1に示した 22)。表 1 に示すように安静時の
RLS は 0.10 で正の値を示した。下肢の温熱
刺激では RLS は‐0.22 で負の値で安静時
考
察
は神経伝達物質によって生体内の環境の一
ヒトが正常な生命活動を営むためには、
定化、恒常性の維持に寄与している各種器
常に変動している外部環境の状態を視覚、
官・臓器に伝えられることから、匂い刺激
聴覚、嗅覚さらには体性感覚を駆使して把
の神経伝達物質産生に及ぼす効果が実験動
握し、生体にとって最適な環境を作り上げ、
物を対象に検討されている。その結果、ア
この環境、特に内部環境の一定化が必要で
ルコール類、フェノール誘導体、ケトン体
あるとされている。近年、この感覚刺激を
に分類される香気成分をラットに暴露する
利用した足浴やアロマセラピーは予防医学
と視床下部のベーターエンドルフィン産生
や補完代替医療としてリラクゼーションや
量が著増すること 9)や、マウスにリナロー
メンタルヘルス、美容や健康維持、疲労回
ルを曝露すると中枢神経における興奮性神
復に使用され、その効果が実証されつつあ
経伝達物質であるグルタミン酸の作用が拮
る。
抗される事 9)が報告されている。また、ラ
生体内の自律神経を含む各種神経の活動
ベンダーの匂い曝露によりマウスの脳では
83
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
γ―アミノ酪酸(GABA)の産生が増強さ
頭葉 HbO2 濃度は上昇を示し、下肢の温熱刺
れ、その結果これらマウスでは興奮性の低
激とリナロールの同時刺激の負荷で単独刺
下や傾眠傾向が強まることも報告されてい
激と比較し、より強い前頭葉 HbO2 濃度の上
9)
る 。一方、温熱刺激についてもラットを
昇が確認された。またバニリンでは、匂い
用いた実験で 40℃の温水に浸漬すると扁桃
刺激単独時に前頭葉 HbO2 濃度が安静時の
体からの興奮性神経伝達物質である自律神
それより低下したものの、下肢の温熱刺激
経系のニューロテンシン様活性が増強され
との併用により前頭葉 HbO2 濃度は正の値
ることや視床下部のドーパミン放出量が増
まで上昇し、前頭葉賦活反応を認めた。匂
強することも報告され 25)、温熱刺激におい
い分子は情動反応発現におよぼす効果によ
ても中枢神経活動に影響を及ぼすことが示
って興奮系と鎮静系に分類され、興奮系の
唆されている。このように温熱刺激や匂い
匂いでは脳血流量が増加し、鎮静系では減
刺激の中枢神経活動に及ぼす効果について
尐することが報告
は動物実験を対象として単独刺激による検
本実験の結果は、リナロールは興奮系、バ
討が行われているが、これら刺激のヒトを
ニリンが鎮静系の匂いに分類されることが
対象とした相乗効果の検討はほとんど認め
示唆された。生体に温熱刺激を負荷すると
られない。そこで今回健常者を対象に、下
脳神経活動が亢進し、脳血流量が増加する
肢の温熱刺激と香気成分曝露による二つの
ことが報告されている
感覚刺激の脳神経活動に及ぼす効果につい
れらの結果を合わせ考察すると鎮静系の匂
て NIRS を用いて検討した。
い曝露時であっても温熱刺激を負荷するこ
9)
されていることから、
28)
。したがって、こ
健常者に温熱刺激、温熱刺激とリナロー
とにより、発現機序は不明であるものの、
ル、温熱刺激とバニリンを負荷し、前頭葉
鎮静とは全く別の効果、すなわち脳活動の
の HbO2 濃度を測定、比較検討すると、各刺
亢進がもたらされることが示唆された。
激によって前頭葉の HbO2 濃度は増加する
NIRS においては頭皮上に近赤外線光を
傾向を示した。しかし、各個人の値は、安
入射プローブと検出プローブを3cm 間隔
静時の HbO2 濃度がマイナスからはじまる
の距離で配置し、HbO2 濃度変化を測定して
被験者や HbO2 濃度の増加量に個人差が観
いることから、各種刺激によって誘発され
察されることから、全被験者から得られた
る HbO2 濃度変化部位のおおよその同定が
測定結果の平均を求めて相互に比較しても、
できることが報告されている 9,23,24)。
そこで
被験者全員の各種刺激に対する正確な評価
次に、前頭葉を右側前頭眼窩野外側、前頭
が難しいとされている
21)
。そこで、前頭葉
眼窩野正中、左側前頭眼窩野外側の 3 領域
HbO2 濃度測定の結果を各チャンネルで平
に区分し各刺激によって HbO2 濃度が変動
均が 0、標準偏差が1になるように標準得
している前頭葉の部位別検討を行った。そ
点(Z‐score)化
21)
し、被験者全員の各刺
の結果、前頭葉の区分した 3 領域において
激時の値から安静時の値を引き HbO2 濃度
は、本実験で使用した刺激すべてで前頭葉
の増加量を算出した。その結果、下肢の温
HbO2 濃度の増加が観察された。体性感覚の
熱刺激時とリナロール単独の匂い刺激で前
1 つに分類される温度感覚には体温より低
84
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
い温度を感受する冷受容器と体温より高い
そこでさらに、前頭葉 HbO2 濃度の情動刺
温度を感受する温受容器が存在し、これら
激負荷時の左右対称性について検討した。
受容器はいずれも第一次感覚細胞で構造的
HbO2 右偏指数 RLS は脳波の非対称性の評
には自由神経終末である
26)
。温受容器が外
価に用いるものである。右偏指数が正の値
界の温度を感受すると、受容器先端で起動
を取った場合には右前頭葉での HbO2 濃度
電位が発生し、この受容器に連絡している
の増加が左前頭葉より大きいことを示し、
C 線維の閾値を越えると活動電位となり、
負の値を取った場合は逆の関係にあること
第一次神経線維を介して脊髄に入力、視床
が示され 22)、RLS が正の値の場合は右の脳
を経由し、中心溝の頭頂葉側に位置してい
活動が相対的に大きいとされている。また、
る大脳皮質体性感覚野、特にブロードマン
暗算課題を用いて右前頭葉が優位に活動す
3、1、2 野に投射、熱刺激として認知され
るヒトにおいては心拍変動との相関があり、
る
26,27)
。また、これら温熱刺激は最終的に
右前頭葉が優位に活動をするとストレスに
22)
左右の前頭眼窩野外側に送られ、他の刺激
弱い可能性があることが報告されている
。
と統合処理されることも報告されている
本研究の結果は、安静時に正の値であった
2,28)
。吸気とともに鼻腔内に侵入した匂い分
RLS は、各刺激のすべてで負の値を示した
子が嗅上皮内に存在する嗅細胞上の受容体
ことより、安静時から刺激負荷によって左
に結合すると起動電位が発生し、この起動
前頭葉の活動が優位となったことを明示し
電位が嗅神経の閾値を超えると活動電位と
ている。したがって、ストレスケアにおけ
して神経を伝導、嗅球に投射し、統合され
る事前の予防に対し、前頭葉への刺激が有
る。その後、活動電位は嗅結節、梨状皮質、
効的な手段であるとされている 22)ことから、
を経て、側頭葉の嗅内野皮質に至る。ここ
本研究の結果はストレスケアにおいても、
を経由した神経線維が左右の前頭眼窩野外
下肢の温熱刺激と匂い刺激の同時負荷が有
側に投射し、匂いとして認識される。本能・
用なことを示唆し看護師として寄与できる
情動と前頭葉各領域の関連性については、
手段の一つになりうる可能性があることが
前頭眼窩野正中は意思決定や期待、さらに
示唆された。
は報酬に関連した行動、いわゆる情動行動
前頭葉や側頭葉のさまざまな機能を総合
の計画を制御する部位であることが示され
的 に 検 討 で き る 言 語 性 流 暢 課 題 ( Verbal
ている
29,30)
。また、前頭眼窩野正中は主観
fluency task)をうつ病患者に課し、NIRS に
的な快楽性の追求に重要な役割を果たして
よって前頭葉の活性化を調べると、うつ病
いることも示唆されている
30)
。したがって、
患者では課題負荷による前頭葉賦活反応が
これら報告と本実験の結果を併せ、考察す
減衰していること 32)が報告されている。ま
ると、下肢の温熱刺激とリナロールならび
た 、 う つ 病 患 者 を 対 象 に Single Photon
にバニリンの匂い刺激によって被験者では
Emission Computed Tomography(SPECT)を用
情動行動が発現し、その結果、左右の前頭
いて脳血流量を評価すると背側前頭葉の血
眼窩野外側の活性化が誘導された可能性が
流減尐が認められ、この前頭葉の機能低下
示唆された。
(Hypofrontality)がうつ病像を反映する所
85
昭和大学保健医療学雑誌
見と考えられている
33)
。うつ病に有効であ
第 12 号
2014
2) Mitsuo
T : Integration
of
sensing
るとされている経頭蓋磁気刺激(TMS)の
mechanism in human brain. Vita Origino,
治療では、高頻度 TMS により左前頭前野を
35, 110-115, 2007.
賦活する、あるいは、低頻度 TMS により右
3) 松田康裕、池淵恵美:認知機能リハビ
前頭前野を抑制するという刺激法が用いら
リテーションと SST の併用による効
れている
32)
。また、左前頭葉優位の相対的
果.精神医学,55(3), 223‐230,2013.
血流低下が認められるうつ病患者に、
4) 渡辺英寿、室田由美子、中島千鶴:近
Electro Convulsive Therapy (ECT)
療法を行う
赤外線トポグラフィーを用いた失語
と本療法の奏功例では前頭ならびに側頭血
症回復過程の計測.高次脳機能研究,
流量が回復するとの報告もあり、特に前頭
25(3), 215-222,2005.
葉の血流量変化がうつ病における回復指標
となりうる可能性が示唆されている
5) 桑田恵子、坂井
33)
泰、木下弘基、他:
。し
ヒノキオイルを併用した足浴時脳波
たがって、本実験で示した複合感覚刺激は
の変動と Sense of Coherence との関
左前頭葉の優位な活性化を誘導することか
連.日本アロマテラピー学会誌,5(1),
ら、うつ病の進展予防に寄与できる可能性
041-050,2006.
を示唆している。さらに、統合失調症では
6) 福澤 充、田中晶子、野澤ゆい:足部
前頭葉機能を評価する課題であるウィスコ
温浴と香りが脳内酸化ヘモグロビン
ンシンカード分類テスト(WCST)、n-back
濃度と情動に与える影響.昭和大学保
課題、言語性流暢課題を患者に負荷しても
健医療学雑誌,10, 69-74,2012.
前頭葉の血流量が増加しないことが報告さ
7) 吉田和典、水田敏郎、他:香りを付加
れ、各種刺激に対する脳の活性化低下が統
した足浴効果に関する生理心理学的
合失調症の原因の一つとなっている可能性
検討-主として脳波を指標とした事
が示唆されている 35)ことから、本実験で使
例的検討‐.福井医科大学研究雑誌,
用した複合感覚刺激は統合失調症の進展予
2(1,2), 1-12,2001.
防にも使用できる可能性が推察される。し
8) 桃井雅子:腰痛のある妊婦に対する足
かしながら、本実験は健常者を対象とした
浴 の 効 果 . 日 本 看 護 学 会 誌 ,19(1),
研究であることから、今後これら疾患の患
31-41, 1999.
者を対象にした、検討が必要であろう。
9) 草山聡子、小林今日子、浅野和仁:前
頭葉の酸化ヘモグロビン濃度変化に
文
献
およぼす匂い刺激の効果-光トポグラ
1) 竹田里江、竹田和良:作業が持つ意味
フィー装置をもちいての検討-.昭和
を前頭連合野における認知と情動の
学士会雑誌,73(3)印刷中.
相互作用から考える-神経科学的知見
10) Rimmer
L.:
The
clinical
use
of
に基づいたこれからの作業療法に向
aromatherapy in the reduction of stress.
け て -. 作 業 療 法 , 31(6), 528-539,
Home Healthcare Nurse, 16(2), 123-126,
2012.
1998.
86
昭和大学保健医療学雑誌
11) Louis
第 12 号
2014
of
hemispheric location of pleasant and right
aromatherapy with hospice patients to
hemispheric localization on unpleasant
decrease pain, anxiety, and depression
odors. J Comput Assist Tomogr,
and to promote an increase sense of
493-514, 2001.
M,
Kowalski
S.D.:
Use
19) 浅野和仁、三原 智、吉田
well-being. Am J Hospice Palliative Care
啓、他:
視床下部―エンドルフィン濃度に及
19(6): 381-386, 2002.
12) 森
25(2),
彩香、安部聡子、浅野和仁、小口
ぼす匂い刺激の効果.日本アロマセラ
江美子:香りの脳内酸化ヘモグロビン
ピー学会誌, 8(1), 17-22, 2008.
濃度への影響.昭和大学保健医療学雑
20) 岡田朱民、西山ゆかり、小山敦代、
誌, 9, 53-57,2012.
13) 柴
他:明治国際医療大学看護教育学部に
伸昌:アロマセラピーの臨床研究
おける補完代替医療/療法の教育履
に際してー運動器に対するアロマセ
修者の学び.明治国際医療大学誌,
ラピー研究に携わった経験からー.日
7(1),35-43,2012.
本アロマセラピー学会誌,9(1), 15-22,
2010.
14) 柴
21) 山本修一、柳沢一機、綱島均:視覚刺
激呈示に伴う快・不快情動と脳活動の
伸昌、並木文代:変形性膝関節症
関連性に関する研究.日本大学生産工
に対する精油使用施術(マッサージ)
学部第 46 回学術講演概要,2(1),157‐
の有効性についてー外用消炎鎮痛剤
160,2013.
を対象としたランダム化比較試験―.
22) 酒 谷 薫 、 谷 田 正 弘 : ス ト レ ス の 評
日 本 アロ マセ ラピ ー学会 誌 , 9(1),
価.NIRS‐基礎と臨床(第一版), 新
36-42, 2010.
興医学出版,161- 163, 2012.
15) 土師信一郎:香りの心理・生理効果の
23) 福田正人、亀山正樹、山岸
裕、他:
評 価 法 . ア ロ マ リ サ ー チ , 10(3),
精神疾患の生理学における NIRS の意
202-206, 2009.
義
16) 永井克也:匂い刺激のエネルギー代謝
.
臨
床
精
神
医
学,33(6),787-798,2004.
に対する影響とその機構―グレープ
24) 朝比奈茂、草山太一、大嶋健三郎、小
フルーツとラベンダーの芳香の効果
倉
浩、弓桁亮介、堀川浩之、浅野和
―.肥満研究 ,11(2), 206-208, 2005.
仁:近赤外線スペクトロスコピー
17) Murphy C, Morgan CD, Geisler MW, et
(NIRS)を用いた超音波療法の科学的
al.: Olfactory event-related potentials and
検証.
aging:
6,65‐69,2009.
normative
data.
Int
J
25) 岡田
Psychophysiol , 36(2)133-145, 2000.
26) 乾
brain activation to imagination and smell
(fMRI):
幸二:痛みの伝導路. Brain
and
nerve,64(11), 1215-1224, 2012.
of odors using functional magnetic
imaging
昇:温浴刺激と神経伝達物質.
日温気物医誌,55(1),3‐9,2010.
18) Henkin RI, Levy LM.: Lateralization of
resonance
昭和大学保健医療学雑誌,
27) 岩村吉晃:求心性神経系Ⅱ体性感覚.
left
87
昭和大学保健医療学雑誌
OT ジャーナル, 47
(6),507-513,2013.
第 12 号
2014
127,2008.
28) 田中忠蔵、福永雅喜、染谷芳明、他:
35) 三浦伸義、中村真樹、藤山
航、刑部
ファンクショナル MRI による鍼灸の
和仁、他:近赤外分光法(NIRS)による
検 討 . 全 日 本 鍼 灸 学 雑
統合失調症の前頭前野機能障害の検
誌,54(5),686-697,2004.
討 . 脳 と 精 神 の 医 学 , 17(3) ,
257-265,2004.
29) Kringelbach ML : The orbitofrontal
cortex:
linking
reward
to
hedonic
experience. Nature Rev Neurosci, 6,
691-702, 2005.
30) Bechara A, Damasio AR, Damashio H, et
al: Insensitivity to future consequences
following damage to human prefrontal
cortex. Cognition , 50, 7-15, 1994.
31) 吉田なつみ、柳沢一機、若井翔平、他:
小型 NIRS を用いた脳機能診断システ
ムの開発.NU-Brain シンポジウム-脳
機能イメージングの研究開発および
臨床応用に関するシンポジウム資料
集,3,69-70.
32) 福田正人、須田真史、武井雄一、青山
義之:精神疾患・心理現象への応用と
うつ症状の先進医療.NIRS‐基礎と臨
床(第一版), 新興医学出版, 148-160,
2012.
33) 滝沢 龍、福田正人:精神疾患の臨床
検査としての光トポグラフィー検査
(NIRS)-先進医療「うつ症状の鑑別診
断補助」-.MEDIX, 53,30-35,2010.
34) 小 山
文彦、北条
尊:脳血流
99mTc-ECD SPECT を用いたうつ病像
の客観的評価.日職災医誌,56,122―
88
昭和大学保健医療学雑誌
第 12 号
2014
The influence of thermal and odor stimulations on the activation of central
nervous system.
Kyoko Kobayashi, Satoko Abe
Graduate School of Nursing and Rehabilitation Sciences, Showa University
Kazuhito Asano
School of Nursing and Rehabilitation Sciences, Showa University
Abstract
The influence of thermal and odor stimulation on the changes in the levels
of oxygenated hemoglobin (HbO 2 ) in frontal cortex was examined by using
near-infrared spectroscopy (NIRS ). Thermal stimulation was applied to the
lower limbs of healthy subj ects (five female and five male) by immersion of
limbs into hot water at 40 O C for 30sec. In the odor stimulation, we used two
odorants, linalool and vanillin, which were diluted with 100% ethyl alcohol
at 1.0 % and healthy volunteers were also subjected th ese odorants for 30
seconds. HbO 2 levels in frontal cortex were increased by thermal
stimulation of lower limbs. Although odor stimulation with linalool also
caused increase in HbO 2 levels in the frontal cortex, vanillin decreased
HbO2 levels. However, significant increase in HbO2 l evels in the frontal
cortex was observed, when thermal and odor stimulation with vanillin were
used simultaneously. Furthermore, Right laterality ratio score (RLS),
showing the potency of stress responses, was changed to left si de, when
thermal and odor stimulation were used simultaneously. These results
strongly suggest that thermal and odor stimulation are effective in
attenuation of stress responses.
Key words: near-infrared spectroscopy (NIRS), thermal stimulation, odor
stimulation, frontal cortex, cerebral activation
89
ダウンロード

脳神経活動におよぼす下肢の温熱刺激と匂い刺激の効果