ケアハウス清水苑会報 “うるおい”
(1)
平成23年5月1日
第120号
編集・発行 ケアハウス 清水苑
福井県福井市大森町第7号1番地
TEL (0776) 98 - 5790
FAX (0776) 98 - 5780
http://www.shimizuーen.info
Eーmail:[email protected]ーen.info
題字は 田中了也さん です
1.清水苑の災害時対策
◎避難訓練(火災発生時)実施…毎月1回以上(不定期)
日にち、時間等を指定せず、抜き打ちで訓練を実施しています。入居者の皆様へ居室の施錠解除とタオルの持参をお願いしていますが、ほぼ全員がこの2
つについては実施できている状態です。 また新しく入居された方に対しても指導していきます。地震発生時の訓練についてはまだまだの状態です。
消防署のと相談して、地震発生時の訓練も今後は実施していきたいと考えております。
◎備蓄(食材)の管理…米、水などを災害用として、厨房、うるおいハウスで管理しています。
下の写真の他、お米、調味料などは十分に備蓄がしてあります。災害後3日程度の量を備蓄しています。また、期限の切れそうなものに関しては、食材
として活用し、新たなものを補充するという形を取っております。
アルファ米(白飯・わかめご飯・梅粥)と500ccの水を
常備しております。直ぐに取り出せる場所へいくつか
に分けてセットしてあります。
全て5年保存です。身体的問題から常食が難しくなっ
てきている方もいらっしゃいますし、今後も増える可
能性が高いので、そちらの面も考慮していきます。
◎避難袋の設置…避難袋を事務所内スタッフ全員が常備しております。
入居者の皆さん全員が避難袋を居室に常備するように入居者・ご家族にお願いしております。こういう時なので、直ぐには揃えられませんが少しずつセット
して頂けたらと思います。
入居者モデル
浦嶋キヨコさん
中身は、
懐中電灯、水、
軍手、マスク、
タオル、非常食
(乾パンなど)、
カットバン、簡
易トイレ、ロー
プなど必要最
低限のもので
す。
浦嶋さんは、水が
無かったので1本
でも入れて頂く様
お願いをしました。
カイロ、簡易トイレ
も用意してありまし
た。素晴らしいで
す。
◎防災無線の設置…福井市役危機管理室からの要請により、事務所内に設置しました。
災害時の緊急放送(緊急地震速報など)が流れます。災害時、迅速に行動できるように、設置しました。(FROG第39号参照)
◎スタッフ緊急連絡網・・・夜間の緊急時にスタッフ全員に連絡・報告が出来るように連絡網があります。
宿直者は、まず施設長とスタッフBへ連絡をし、スタッフBから広がりスタッフSまで
届きます。
スタッフB・C・E・G・H・I・Lは1分~5分内(小学校区内)で到着できる範囲に住んで
います。また、スタッフK・MN・O・Q・R・Sについては5~10分(中学校区内)、その
他スタッフは15分(校外)かかります。
スタッフの3分の2は中学校区内に居る訳ですから、入居者の皆さんは、普段行っ
ている訓練で非常扉の外にまで出れば、スタッフが集合し無事脱出できるのでは
あろうか・・・と思います。
ケアハウス清水苑会報 “うるおい”
(2)
平成23年5月1日
2.19年度からのデータの集積
①安全・安心居室を目指して
救急車対応
19年度
20件
苑内転倒事故(件数)
20年度
21年度
14件
12件
22年度
8件
19年度
5件
転倒⇒入院
20年度
21年度
4件
5件
22年度
3件
12
10
8
6
4
2
0
19年度 20年度 21年度 22年度
『苑内の転倒事故の件数』は、居室マップを作り、居室の動線を検証したことにより、減少しました。居室内のリスク(危険)を事前
に察知し、居室の整理整頓、無駄なものの撤去をした結果だと考えられます。また、『転倒→入院』が減少したことに関しても、転
倒しても、危険が及ばない居室を目指した結果だと思います。まだ整理できていない居室が多々あるのも事実です。居室マップ
を常に更新し、全居室が安心して生活できる空間になるよう日々研究していきます。
②残食ゼロを目指して
③より良い人間関係を目指して
苦情の件数は年々減少していますが、苦情がなくなっ
たわけではありません。ご意見箱を活用しなくなっただ
けだと思います。トラブルメーカーが去った昨年度と、
今年度を比較しても大して変化は見られません。
14
12
10
8
19年度
6
20年度
4
21年度
2
22年度
やはり1人の方はトラブルを引き起こしている節が見ら
れます。この方に退去していただくのではなく、どうした
ら苑での生活を有意義に過ごし、トラブルを引き起こさ
ないかを考えていきます。
22年度
8件
19年度
52件
社交トラブル
20年度
21年度
45件
33件
22年度
30件
他
19年度
28件
苦情件数
20年度
21年度
13件
12件
の
し
そ
トラ
列
ち
出
ブ
ル
だ
み
行
持
し
容
噛
整
咳
き
吐
痰
入
れ
歯
0
清水苑開設当初から、「残食ゼロ」という目標があります。美味
しい食事を提供するために、よい環境を目指して、日夜努力を
しております。食堂でのトラブルはまだまだ解消しません。ゼネ
ラルスタッフ、キッチンスタッフ、ケアスタッフ、夫々が気付き(福
祉力)を
発揮し、対応していくことが求められています。
運転安全確認不良
④事故ゼロミッション
「事故ゼロはみんなの願いです。」
某CMでも流れていますが、当然のことです。
今年度から運転手が交代し、朝会等で運転手の安全確認
について、何度も取り上げられました。
どうすれば未然に事故を防げるか、事故にあった時に、被
害を最小限に抑えるにはどうしたら良いかを運転手、スタッ
フ共に考え、都度注意出来る関係を1年で構築しました。
件数が増えているのは、そういったことが原因だと考えます。
運行前に運転手は、シートベルトの確認を
します。そして、アイドリングストップを守ります。
19年度
20年度
21年度
22年度
3件
8件
6件
15件
ダウンロード

スライド 1 - ケアハウス清水苑