民法教育におけるカリキュラム
および教育方法の改革
2003年8月2日
名古屋大学大学院法学研究科教授
加賀山 茂
1
目次

法科大学院の教育目標


民法の教育方法





民法の教育目標
予習の重視
事実関係の重視
発見の重視
家族法の教育実践
民法における新しい予習用教材の作成
2
法科大学院の教育目標

司法制度改革審議会『意見書-21世紀の
日本を支える司法制度』(平成13年6月12
日)


専門的な法知識を確実に習得させるとともに,
それを批判的に検討し,また発展させていく創
造的な思考力,あるいは
事実に即して具体的な法的問題を解決していく
ために必要な法的分析能力や法的議論の能
力等を育成する。
3
民法の教育目標


民法及びその関連法並びに民事法実務に関す
る法知識を確実に習得させるとともに,それを批
判的に検討し,また発展させていく創造的な思考
力を育成する。
別冊ジュリスト『判例百選』に掲載された判例,お
よび,最近の『重要判例解説』に掲載された判例
等を題材として,事実に即して具体的な法的問
題を解決していくために必要な法的分析能力や
法的議論の能力等を育成する。
4
民法の教育方法

予習の重視



事実関係の重視


教師と学生間の対等なコミュニケーションの実現
教育の原点は教えることではなく,学習環境を整えて,
自ら学ばせること
大陸法における体系重視の考え方と英米法の事実重視
の考え方の融合←要件事実教育批判
発見の重視



批判的な考え方も,創造的な思考力も発見から始まる
主観的な発見と客観的な発見は,連続的に起こる
発見には,比較(時間的比較=法制史,場所的比較=比
較法)が有効
5
予習のための教材開発と
インターネット環境の整備
インターネットを利用できる図書館で,優れた教材(ケース・ブック)と判例等の
データベースを駆使して予習に励むロー・スクールの学生(シカゴ・ケント大学)
6
判例の事実関係を重視した
講義(ソクラティック・メソッド)
教師と学生,学生同士のコミュニケーションがうまく取れるように,机の配
置が馬蹄形となっている講義室(W&M大学における不法行為法の講義)
7
ルールに基づく事実の発見と
事実に基づくルールの再発見
ルール 2
ルール 1
事実の発見 ルールの発見
他のルールの発見
と他の事実の発見
事実 1
事実 2
事実 3
8
家族法の教育実践

予習教材をホームページ上で公開


法科大学院用のホームページ
講義レジュメ


予習を前提にした講義展開

ソクラティック・メソッド,事実関係の重視




家族法判例百選第 1事件(子に嫡出性を与えるための婚姻の効力)
統計の利用と多様な読み方(離婚統計のからくり)
家族法判例百選第22事件(推定の及ばない嫡出子)
双方向コミュニケーションのための電子掲示板の利用

学生からの質問に即座に答える



関連法令,関連判例(1審,2審,最高裁)の全文データベース
電子掲示板での質疑応答の例
学生同士の情報交換
試験による評価

試験問題と模範解答例
9
民法における新しい
予習用教材の作成

民法の編成






家族法,団体法
財貨帰属法(物権法)
契約法
債権担保法
不法行為法
教材例

契約法の1単元(弁済の場所)
10
予習教材を使った予習と
講義
予習は,本来,講義の前に行うものであるが,わが国では,これが学生の
習慣となっていないため,講義の中で,強制的に予習をさせてみた。
11
パソコン実習室での試験とログ
による教材・講義の評価
学生たちが,教材のどのページを何回見ながら答案を作成したかが自動的
に記録される。これを分析して,教材と講義の評価に利用することができる。
12

プレゼンテーション終了
13
ダウンロード

民法教育におけるカリキュラムおよび教育方法の改革