生物学
第1回 まずはじめに
和田 勝
担当者の自己紹介
東京大学理学部生物学科動物学専
攻を卒業し、同大学院修了しました。
博士論文のテーマは、「鳥類における
視床下部の脳下垂体支配機構」とい
うタイトルでした。
その後の研究テーマ
鳥類の繁殖戦略の内分泌学的研究という
観点から
○ 鳥類の繁殖行動とホルモン
○ ウズラ、コリンウズラなどの繁殖周期
の研究、特に繁殖終了のメカニズム
さらに、 野鳥を用いて野外で行う野外内分
泌学への展開として
○ フンボルトペンギンの換羽と繁殖の内
分泌学的研究
○ ウグイスの繁殖戦略とストレス応答に
関する研究
科学とは
科学(Science)と聞くと、どのようなこ
とを思い浮かべますか。
科学とは
広い意味では「科学」は、自然科学、
人文科学、社会科学の総称です。
狭い意味では、自然科学、特にこれ
から述べる科学的方法と、それに基
づいた知識の集積を指します。
自然科学
物理学、化学、生物学、地学、天文
学など
科学とは
医学、農学、工学などは、これらの科
学的知識を応用した「応用科学」で、
これも自然科学に含めます。
生物学とその方法
バードウォッチング、庭いじり、潮溜ま
りの探索などにみられるように、ヒトは
生き物が好きです。
生物学は、こうしたヒトの性質の上に、
近代科学の方法論と手法によって、
「生物そのもの」と「生物の示すさまざ
まな生命現象」を明らかにしようとす
る科学の一分野です。
科学の方法
ここで、近代科学の方法論について
述べておきます。
Scienceの語源は、ラテン語の「知る
ことscientia」に由来します。
科学には大別して2つの方法があり
ます。 1つは「発見と帰納の科学」で
あり、もう1つは「仮説と演繹の科学」
です。
観察による発見と帰納
測定
観察
測定
データ
観察
(それぞれの
データは
testableで
repeatableで
ある必要)
データを矛盾なく説明できるような
包括的な結論
観察に基づく仮説と演繹
観察
設問
仮説
もしも仮説が
支持されな
かったら、仮
説を修正す
るか新たな
仮説をたてる
予想
試験
(実験あるいはさらに
観察)
もしも仮説が
支持されたら、
次なる予想を
立てそれを試
験する
日常生活での仮説と演繹
もしこの仮説が正しいならば、電池を新し
実際に新しいものに取り換えてみる
仮説に基づく予想が確かめられた
懐中電灯がつかない
どこが悪いのかしら
電池切れか
いものに換えればなおるはず
もしも仮説に基づく予想が否定さ
れたら、仮説を立て直す
似非科学について
上に述べた科学的方法論によらない
結論を本当だと主張する、似非科学
(Pseudoscience)あるいは疑似科学
には注意をしましょう。
たとえば、「水からの伝言」がありま
す。
あるページから引用
『ガラス瓶に水を入れて、一方には
、「ありがとう」と書いた紙を貼り、も
う一方には、「ばかやろう」と書いた
紙を貼り、水の結晶を写真に撮ると
、大きな違いが出てくるのである。』
「ありがとう」の結晶 「ばかやろう」の結晶
似非科学について
これは、江本勝というヒトの書いた
「水からの伝言」、「水は答を知って
いる」に書かれていることですが、み
んな嘘です。
上に述べたような手順を踏んでいる
のではなく、単に全く無関係な2つの
事象をつなぎ合わせただけにすぎま
せん。
似非科学について
TVの健康・科学番組(たとえばもう
終了したが「発掘あるある大事典」な
ど)は、あくまでバラエティー番組な
ので、注意しましょう。
美容や健康食品に関しても、そのよ
うなものがたくさんあります。
科学に戻って
少しわき道にそれましたが、科学リテ
ラシーを持つということはとても大事
なことです。
普段からよく考えるような癖をつけ、
ネット上の情報も本当に正しいかどう
か十分注意しましょう。
講義について
この講義では、「地球上には多様な生
物が生息している」をキーワードにし
て、その本質はなにかを考え、「ヒト」
という生物をどう考えるかを順に追っ
て学んでいきたいと考えています。
講義について
授業に使ったスライドは、後で見るこ
とができるようにWebページに載せて
おきます。授業中は、必要な事項をノ
ートにメモをして、スライドを楽しんでく
ださい。復習として、スライドとメモを
対照させて、自分なりのノートをつくっ
てみてください。
Webページ
以下のアドレスを控えておいてください
。そこにパワーポイントのファイルを載
せておきます。ダウンロードして自分の
パソコンで復習できます。
http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/geidai/
geidai.htm
受講する際のお願い
授業は多様なメディアを使って行なう
つもりです。必ず出席をしてください。
コメントシートを毎回配布しますので、
その回の講義の感想、担当者への注
文、質問などを必ず書いてください。
分からない事があれば、遠慮なく手を
上げて質問してください。
このあと、NHK制作の「プラネットアー
ス」第1週(イントロダクションに当たる
おの)を鑑賞しました。
地球上のさまざまな生態系とそこに生
きる動物たち(主として哺乳類と鳥類だ
ったが)が、美しく迫力ある映像で描か
れています。あとの方の講義で、生態
系が出てきますので、覚えておいてく
ださいね。
これ以降は次週に続きます。
ダウンロード

Document