(6) 「泡イーター® の適用粘度について」
前述のように、『マルチスワール泡イーター®』および『スリットスワール泡イーター®』
では、流体の速度エネルギーを利用して、容器内部に圧力差を形成させて気泡除去
を図っている関係から、速度減衰を生じさせる粘度の影響を強く受けます。
(株)技術開発総合研究所®の『マルチスワール泡イーター®』および『スリットスワー
ル泡イーター®』共、同種の原理に基づく市販中の製品の中で最高の性能を発揮し
ます。しかし、粘度が大きくなりますと性能低下を生ずる関係については、基本的に
は同じです。しかも、粘度が高いことは表面張力が強いことも意味しているため、同じ
減圧を生じさせても、中々気泡分離し難い傾向にあります。しかも、同じ気泡除去効
果を得るために同じ流量を供給させようとしますと、必要圧力は大きくなる関係から、
供給圧力が同じであるならば供給流量が小さくなり、益々、性能低下を招きます。
例えば、潤滑油を用いた実験では、水を用いた場合の圧損=1(kgf/cm2) における
流量を“Qw1(㍑/min) ”{=形式表示の####(㍑/min)}、実際の供給流量を“Qx
(㍑/min)”、粘性係数をν(cPs)、その時の圧損をΔP(kgf/cm2)としますと、下記の式
で概算されます。
ΔP1/2=ν0.4(Qx/Qw1)…………………(3)
すなわち、適用流体の粘度が大きくなりますと、同じ流量を供給するための圧損は、
「ν0.4」倍大きくなりますので注意して下さい。なお、上記の式は、推定圧損を若干
大き目に見込んでおりますので、実際は、これよりも小さい程度と考えて下さい。
このように、粘度の大きい流体に適用する場合は、①使用するポンプとして、圧送能
力に余裕のあるもの{目安として、≧4(kgf/cm2)程度}を選ぶ、②速度減衰を考慮し
て、最大吐出圧力でポンプ圧送を行う、③流体温度の上昇が可能な場合は、温度を
上げて粘度の低下を図って使用する、等々に留意しつつ、④実際に、「泡イーター®」
を適用して見て、可否の判断を行う、ことが重要です。
一方、『スクリュー泡イーター®』では、流体を回転させてその遠心効果により脱泡を
図っている関係から、適用可能粘度は、凡そ1000(cPs)程度と考えて下さい。その
理由は、流体の圧送等を考えますと、粘度が余り高いと、それに伴う必要エネルギー
が大き過ぎることにあります。
ただし、構造見直等により、更に高い粘度の液体にも適用可能性を有しておりますの
で、使用される液体に適用試験を行うことは意味があると考えます。一方、『CJV泡
イーター®』の場合は、ポンプ圧送が可能な流体であれば、液体種別に捕らわれず、
基本的には処理可能です。ただし、「センターポール」から重力により下方流出する
必要性がありますので、この面で限定されることに成ります。流出不可能なレベルの
粘度液体の場合は、現状では、容器内脱泡しか方法がありません。
(株)技術開発総合研究所®では、将来の脱泡システムとして、現在、ポーラス状配管
を用いた『フルフロー泡イーター®』の開発を進めておりますが、これが実現すれば、
非常に簡単にしかも効率良く脱泡を行うことが可能となります。
ダウンロード

awa006