下関少年サッカー連盟
U12・11・10リーグ運営と8人制サッカー規則
小学生年代では、無理なく移動しゲームが行えるように、生活圏内に
おいて、年間を通じてこの年代に適したプレー機会(ボールタッチ回数
やゴール前の攻防)が提供されるよう、「PlayersFirst」を念頭におき
日常のゲーム環境の整備が必要とされています。そこで、下関少年サッ
カー連盟では、その推進のために8人制(少人数)サッカーリーグを行
います。その実施に当たり、以下の下関少年サッカー連盟リーグ規則を
指導者・選手・保護者に理解して頂き、円滑なリーグ運営ができるよう
ご協力をお願いします。
Ⅰ リーグ戦を行うために
○ 試合会場は、小学校などの公共の施設です。
・ 駐車場がせまいので、各チーム乗り合わせるなどして、車の台数を
へらしましょう。
・ 喫煙は、マナーを守り、施設のルールをにしたがいましょう。(学校は、
敷地内禁煙です。)
・ 持ち込んだゴミや落ちているゴミなどは、持ち帰り、環境美化に努
めましょう。
○ フィールドの準備
・ 選手・指導者・保護者で協力してつくりましょう。
・ ゴールの移動は、指導者や保護者が中心となって行い、絶対に子ど
もたちだけでさせないようにしましょう。
・ 選手・指導者のベンチと応援エリアは区別し、会場ごとに設定するこ
と
ゴール : 5m×2.15m(少年サッカー用ゴール)
68m×50mを推奨するが、試合会場の大きさによって修正する。
(例 64m×46m や 60m×44mなど)
ペナルティーエリア = 12m
ペナルティーマーク = 8m
ペナルティーアークの 半径 = 7m
ゴールエリア = 4m
センターサークルの 半径 = 7m
選手交代ゾーン = ベンチ側のタッチラインのハーフウェーに6m
Ⅱ 試合の前に
○
サッカーをするために
・ 選手は、シャツ・パンツ・ストッキングはチームで同色とする。
・ 両チーム、異なる色のウエア(ビブス)を着用する。
※両チーム、シャツの色が同じ場合、また、同色彩のシャツが
揃わない場合、ビブスを着用して対応することができる。
・ ゴールキーパーは、キーパーグローブをつけ、シャツはフィー
ルドの選手と異なる色とする。ただし、ビブスでもよい。
・ 競技者はサッカーシューズもしくは、トレーニングシューズを
履き、すね当てを着用する。
・ 競技者の用具はその競技者のみならず相手競技者にとっても安
全なものでなければならず、試合開始前に競技者および交代要
員の用具が主審または補助審判によって検査される。
・ 眼鏡については、主審が安全であると判断したものは着用でき
る。
・ 試合前に、選手証(写真貼付)を提示し、必ず主審か補助審判
等、他のチームの指導者で確認する。
・ 指導者は、審判証、指導者証を携行するものとする。
* このルールに規定されていない事項については、(財)日本サッカー協会「8
人制サッカールールと審判法」の「8人制サッカールール」による。
Ⅲ
試合では
○ 競技者について
・ U12と他のカテゴリーは、兼ねて出場ができる。
・ U11とU10は、同日開催のため、兼ねて出場できない。
(※① 違反した場合は、指導者及びチームに罰則を与える。)
・ ベンチ入できるのは、選手16名、指導者3名までとする。
・ 競技者は、8人( うち1人はゴールキーパー) を基本とする。
※一方のチームが8人に満たない場合、両チーム合意の上、
極力両チーム同数とする。
・ ベンチ入選手は1試合の内、必ず1度は出場の機会を与える。
(※② 違反した場合は、指導者に罰則を与える。)
・ 交代の手続き:
(1) 交代して退く競技者は、交代ゾーンからフィールド外に出る。
(2) 交代要員は、交代ゾーンからフィールドに入り、競技者とな
る。
(3) 交代は、ボールがインプレー中、アウトオブプレー中にかか
わらず行うことができる。(ただし、GKが交代する場合は
主審に告げてアウトオブプレー中に交代する)
(4) 交代について、補助審判に告げ、チェックを受けてから交代
する。
○ 試合時間
・ U12・U11は、前・後半それぞれ15分間を原則とする。
・ U10は、前・後半それぞれ12分間を原則とする。
・ ハーフタイム、インターバルは、5 分間とする。
○ プレーの開始および再開
・キックオフから直接相手のゴールに入った場合は、相手にゴール
キックが与えられる。
○ ファウルと不正行為
・競技者が退場を命じられた場合は、交代要員の中から競技者を補
充することができる。
○ フリーキック
・ ボールがインプレーになるまで相手競技者は7m 以上ボー
ルから離れる。
○ スローイン
・ 相手競技者は、スローインが行われる地点から2m以上ボー
ルから離れる。
○ コーナーキック
・ボールがインプレーになるまで相手競技者はコーナーアークか
ら7m以上離れる。
○ 延長戦およびPK 方式
・リーグ戦においては、基本的に延長戦およびPKは行わない。
(順位を決定する必要がある場合は、以下の通りとする)
① 前、後半それぞれ3分間ずつの延長戦を設けることができ
る。
② PK方式において、両チーム3人ずつの競技者がキックを
行ったのち、両チームの得点が同じ場合は、同数のキックで
一方のチームが他方より多く得点するまで交互に順序を変え
ることなくキックは続けられる。
○ 主 審
①試合は、主審1名と補助審判1名によって運営される。
②主審及び補助審判は、審判服を必ず着用する。
②主審は、フェアプレー精神あふれる行動やリスペクトある行動
を取った競技者にグリーンカードを示す。
※グリーンカードは試合開始前から試合中、また試合終了後であ
っても、ボールがインプレー中、アウトオブプレー中にかかわ
らず示すことができる。
○補助審判
(1)試合には、補助審判1名が指名される。
(2)補助審判の任務は次のとおりとする。
・主審によって要請された試合前、中、後の管理上の任務を援
助する。
・ボールの交換を管理する。
・交代の手続きが円滑に行われるよう、主審を援助する。
・チーム、競技者が試合中にフェアプレー精神あふれる行動や
リスペクトある行動を取っていたのを見た場合、主審に知ら
せ、主審がグリーンカードを示す援助をする。
・警告する競技者の特定を間違えて別の競技者が警告された場
合や、2つ目の警告が与えられたにもかかわらずその競技者
が退場させられない場合、また主審の見ていないところで乱
暴な行為が起きた場合には、主審に合図する。
・試合後、レフリングについて話し合い、技術の向上に努める
Ⅳ
賞罰について
○
チームについて
・順位決定方法は、勝ち点(勝ち3点、引き分け1点、負け0点)、
得失点、総得点、当該チーム同士の勝敗、抽選の順とする。
・順位により後期U12リーグは編成を変更する場合がある
○ 選手について
・(優秀選手賞)
リーグの最終節に、優秀選手を各チームから1名選出する。
1試合ごとに、対戦チームの指導者が、特に頑張っている選手を
1~2名を選出し、リーグの規律委員に報告する。規律委員は、
優秀選手ポイント(1試合につき1点)を記録しておき、年間優
秀選手を各チーム1名決定する。
・(リスペクト賞)
リーグ最終節に、年間を通して、リスペクトに値する選手を各
チームから1名程程度選出する。1試合ごとに、補助審判は、グ
リーンカードを提示した選手または、提示できなかった場合でも、
リスペクトに値する行為を行った選手を記録しておき、試合後、
主審と相談の上、リーグの規律委員に報告し、記録しておく。
▽
選手について
・試合中にうけた警告は、試合を行っている当日に限り、累積を認
める。退場となった(レッドカード及び当日イエロー2枚)場合は、次の
試合には、出場できない。
(例)①第1節にイエローカード1枚となっても、第2節は、0からのカウン
トとなる。
②第1節の最終試合で退場となった場合は、第2節のチームの
第1試合に出場できない。
▽ 指導者について
・※①、②等の規則を守らなかった場合は、その事実を発生時に該
当チームの指導者に注意するとともに、審判・規律委員会及び
常任理事会を開き、罰則を話し合って定めるものとし、指導者
及びチームに後日連絡する。(罰則は、下関少年サッカー連盟
が運営する全ての大会において有効である。)
(例)次節の試合または、カップ戦にベンチ入りできない。
※ その他、検討事項が生じた場合は、審判・規律委員会または審判
委員会、及び常任理事会で話し合い、その都度、規則等を追加し、
定めるものとする。
ダウンロード

リーグ運営とルール