認知科学ワークショップ
第2回
記憶(1)
記憶に与える要因としての言語の役割

記憶の変化




多くの視覚的記憶は、細部は切捨てられて基本的
な要旨のみが記憶として貯蔵される
例えば、10円玉を想起して見て下さい。
但し、記憶の変化も不規則的なものではなく規則的
なところがある
変化に与える要因


最近、目撃したものの影響
言語の影響
記憶に与える要因としての言語の役割

言語の役割



記憶時に同時に言語ラベル(名前)を与えると記憶
に影響を与えることがある
例えば、Carmichael et al. (1931)の研究を参照
ではなぜ言語は記憶に影響?!


言語と記憶は密接に関わっており、多くの場合、音
で記憶することが多い(電話番号など)
音で覚えることの方が視覚的に覚えることよりも得
意(言語情報>視覚情報)
Carmichael et al. (1931)
Carmichael et al. (1931)
実験する時の注意点
参加者の選択



内容を知っている人や同じ実験を受けたことがあ
る人は出来るだけ避ける
協力して頂いた方には必ず感謝の気持ちとお礼を
言うこと
倫理の問題



強制的に実験に参加させない(Informed
Consent)
同意書の内容(実験内容全てを伝える必要はない
が、最低限の情報は教えること)
実験する時の注意点

教示の仕方



実験の場所



どの参加者にも同じ言葉、同じ教示を使用する(ただし実
験条件によって教示が異なる場合は別)
被験者が十分理解したか必ず確認する
集中しやすい静かな場所を探そう!
IT環境を統制する(同じ系統のパソコンetc)
実施中の注意


携帯電話のスイッチを切る
時間を統制する
実験する時の注意点

実施後も大事!


その他


実験の内容を他の人に教えないようにお願いする
2~3人などグループで実験を行う場合、参加者間
で影響し合わないように気をつける
おすすめ!


グループ内で共通のマニュアルを作成する
実験を行う前にもう1度実験手順を確認する
デザインのヒント

本当に言語は視覚的記憶に影響を与えるので
あろうか?



実は割と正確に覚えている人も多かったのでは・・?
実際に試して見よう!
実験に与える要因として



絵画の性質・数
母集団の性質
評価方法
実験のやり方:
パワーポイント版を使ってみる

パワーポイントはけっこう使えます


ビデオや静止画を提示するのに便利
→それぞれの刺激の提示時間を一定にしたり、
マニュアルで操作したりできる
授業URL(資料のダウンロード用)
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/imai/
授業ページ→ワークショップ
実験用パワポファイルの作り方


表紙と背表紙(終了の合図)を作る
刺激提示用のスライドを作る



[挿入]→[図]→[ファイルから]→画像を選択
インターバル用のスライドを作る(空白)
表紙と背表紙以外(刺激とインターバル)を
選択し、画面切り替え設定を行う

[スライドショー]→[画面切り替え]→[画像切り
替えのタイミング]→[自動的に切り替え]→秒
数を設定
カーマイケル実験を
パワーポイント版で行うには


被験者を3つのグループに分け、ランダム
に条件を振り分ける(ただし、男女比や学
部が3つの条件でほぼ同じようになるよう
注意)
被験者一人ずつ施行(ひとつのパソコンの
モニターを複数の被験者でシェアしてはダ
メ)
やり方1




パワーポイントのスライドショーを実行
(ひとりの被験者にはA,B,Cのどれかひと
つのみ)
一回のスライドショーが終わったら回答用
紙に書かせる
一回目の施行で思い出せた絵の数は3つ
のバージョンのうち、言語があるバージョン
とないバージョンで異なるだろうか
やり方2

12の絵のうち、すべて思い出すまで試行
を繰り返す


全部を思い出すことができるようになった回数
は言語あり条件と言語なし条件で異なるか
被験者が書いた絵を条件ごとに比べてみ
る

言語ラベルが記憶をラベルの指す典型的な物
体にイメージに近くなるよう、歪めているだろう
か
ダウンロード

実験する時の注意点