災害時の情報伝達
トランシーバの活用
• 災害時の全ての行動は情報から始まる
・情報伝達手段として、その活用は強力な武器
• 発災直後の最も重要な時間帯は近距離通信しかない
• 情報伝達は、地域住民自ら行うのが有効
・専門家でなく、誰でもできることが肝要
・大勢に一斉連絡ができる
・傍受により情報の共有ができる
・ 中継がなく、災害時でも確実に使える
発災からの時間経過と情報伝達
重要な近距離通信
(特定小電力トランシーバ)
生活情報など順次遠距離通信
(簡易無線・アマチュア無線)
災害発生
0~1分
1~10分
10~1時間
命と家屋財産を守る
最も重要な期間
自分で
身を守る
家族の
助け合い
近隣の
助け合い
1~10時間
10時間~3日
対処・適応期間
自治会町内会等
域の助け合い
3日~1ケ月
1ケ月以上
避難生活等
仮住まい期間
地
行政からの支援
傾注すべきはここへの対策
この時間帯への対応は
平時に準備しておかなくては間に合わない
他地域からの
ボランティア支援
復興
期間
トランシーバと携帯電話の違い
・ 携帯電話は相互通信
・ 特定の1人と通話
・ トランシーバは
交互通信
・ 1人1人が放送局
交互通信とは
Aさん
Bさん
送信
受信
送信
受信
受信
受信
Cさん
Dさん
送信
受信
受信
送信
送信
受信
・
・
・
受信は A、B、C 、Dさん ・ ・ ・ 全員に聞こえる
複数人が同時に送信すると通信できない!
操 作 (1)
操 作 (2)
・ トランシーバは左手に持ち、送信は左側面のPTTボタンを
親指で押したままで話す。送信が終ったら「どうぞ」と云って
親指を離す。(PTTを押していては受信できない)
・ PTTボタンを押して
いなければ
常に 受信 状態。
上部の「つまみ」で
適度の音量に調節
して受信する。
・ イヤホーンの使用は
おすすめ。
活 用
1.次の様な場合に電源を入れる
a.地震など災害発生時
b.イベントで使う時
c.防犯パトロール隊の連絡
d.その他
2.災害時に取り出し易い
場所に保管する
3.自分だけでなく
家族の活用も必要
災害時運用のコツ
1.本部などの統制局は、重要度の高いものから、
テキパキと処理する。
2.無闇に送信しない(統制局の指示に従う)
3.細切れで送信する
4.受信から送信への切換え時は1秒ほど空ける
5.丁寧語、曖昧語は使わない
6.トランシーバを持った人が
近距離に集まった時は、音量
を小さく絞るか、イヤホーンを
使用する。
7.使用頻度が少なくても電池は
1年に1度は交換する
資格無しで使えるトランシーバ
災害時の情報伝達に最適
地域で導入し活用しましょう
← 特定小電力トランシーバ
通達距離 100~数100m
離れた地域からの混信がなく
地域内の伝達用に最適
小電力なので
電池は長持ち
デジタル簡易無線→
通達距離 1~数km
他の地域との交信に最適
地域外の混信には要注意
資格は要らないが
登録と電波利用料
が必要
ダウンロード

トランシーバーの使い方