貧困から窮乏・福祉へ
ベヴァリッジ理念とケインズ経済学
龍谷大学 小峯 敦
経済学史学会・第72回全国大会
2008年5月25日、愛媛大学
1
I
考察範囲
1942年の貧困と福祉の概念とは?
貧困の本質、原因、対策、社会通念
2つの工夫
1900s-1930sの経済思想を3つに分類
ケインズ等の経済思想と対照
2
II
福祉の経済思想(1)
20世紀初頭の特徴
貧困観の旋回→社会貧→社会権の立法化
この時代の経済思想を類型化
社会と経済をめぐる拮抗-包含関係
社会…市場以外の機能を含む人間集団の場
3
II
福祉の経済思想(2)
(a)若手による厚生経済学の発展
Pigou, Robbins, Hicks, Kaldor
「科学性」という信念
理想の状態を語れる分析用具
技巧artと科学scienceの峻別
専門的経済学者の出現…professionalization
社会問題(価値観)の切り離し…皮肉
4
II
福祉の経済思想(3)
(b)有力・老練な現実主義
Pigou, Chapman, Clay, Cannan
現実性…政官財と関係し、影響力
一方で、最低賃金法(規制)などを当然視
他方で、長期清算というノルムも信奉
→居心地の悪い併存
5
II
福祉の経済思想(4)
(c)異端派・非正統派
Hobson…human welfare、仕事=生き甲斐≠苦痛
Tawney…Functional Society、社会的義務、人格完成
Cole…Guild Socialism、needs、社会的配当分
Polanyi…社会からの自己防衛、大転換
→経済体系と社会規範の対立、後者の優位
6
II
福祉の経済思想(5)
この時期の発展による帰結
貧困問題を経済学で扱う準備が整う
社会貧から社会状況…不規則な雇用、公正な賃金
問題の限定とスライド…理論的に扱いやすい
残された問題
社会的権利・慣習と経済的合理性、水と油
両者を調停・統合する論理がない、求めない
7
III
貧困から窮乏・福祉へ(1)
Beveridge(1942)の問題設定
貧困から窮乏wantへ、限定・スライド
「家族や個人が健康的な生存最低限の手段を欠く
状態healthy subsistence」(para. 11)
窮乏の原因
低賃金…小さな重要性、大家族…別途に対策
収入の中断、稼得力の喪失、特別支出
8
III
貧困から窮乏・福祉へ(2)
í ·í ¿ ã‡
ëÂâ²ë•
ï s ãK ë•ò Jì °
1 93 6
1 89 9
é•
ã²
ò Vó Ó
éæï a
éÄñ S
0
10
20
30
40
50
60
Rowntree (1901: 120) & Rowntree (1941: 110)
9
貧困から窮乏・福祉へ(3)
III
ベヴァリッジの普遍性・特殊性
(1)非価格介入…低賃金を除くから
 特に、労働市場で
(2)新しい道徳観…国家と個人に義務
 誘因両立的、怠け・騙しを許さず
(3)貧困=少数派、窮乏=大多数

全員に起こるリスク管理、水平的人間関係
10
IV
ケインズとの親和性
理念への共鳴と、実現への助言
(1)価値観に共鳴
 社会保障、制度設計、水平的分配
(2)経済分析と合致
 マクロ的把握、社会保障予算
(3)正統派経済学からの脱却

社会保障とリンク、複数の短期均衡→長期へ
11
V
おわりに
ベヴァリッジの側
社会保障体制を軸に、ケインズを受容
ケインズの側
新しい経済学を軸に、社会保障を受容
→福祉国家の合意へ。
普遍性(福祉)と特殊性(多くの前提)
12
ダウンロード

貧困から窮乏・福祉へ ベヴァリッジ理念とケインズ