PMS Forum
医薬品リスク管理計画
(RMP)ガイダンス
-Risk Management Plan-
パブリックコメント学習用資料
内容については各位確認のこと
PMS Forum
医薬品リスク管理計画(RMP)ガイダンス(案)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
緒言
安全性検討事項とその特定
医薬品リスク管理計画(RMP)
安全性監視計画
有効性に関する調査・試験
リスク最小化策
見直しの時期
報告及び評価について
PMS Forum
概念図(バランス)
リスク評価
(PSUR)
医療現場での負担
リスク最小化策
情報提供等適正使用推進
安全性監視計画
情報収集(含調査・試験等)
PMS Forum
緒言
目的:
製造販売後の安全性確保
ベネフィットとリスクの評価
評価に基づく安全対策の改善に資する
主として安全性に関する
リスク最小化のための
追加的な措置の検討
監視強化のための
追加的な調査・試験の検討
PMS Forum
ガイダンスに含める範囲

対象品目と適用時期
 新医薬品(効能・効果の追加、用法・用量の変更・追加、
新配合剤、新剤型を含む。以下同じ。)の承認審査時及
び再審査期間中に安全性検討事項が新たに示された時
 後発医薬品及び再審査期間を終了した医薬品について
は製造販売後に安全性検討事項が新たに示された時
 先発医薬品において追加のリスク最小化活動が課せら
れた品目の後発医薬品においては、当該後発医薬品の
承認時

製造販売後調査等基本計画書
 安全性監視計画
 リスク最小化策
RPM
 有効性を含むベネフィットとリスクの評価
今後含める
PMS Forum
安全性検討事項とその特定
医薬品のベネフィットとリスクのバランスが適
正な状況であることを確保するために安全性
監視計画及びリスク最小化活動において追
加の対応の必要があるか否かを検討する
 安全性検討事項とは、医薬品のベネフィット・
リスクバランスに影響を及ぼす可能性のある
重要なリスクや情報を要約したもの

 重要な特定されたリスク
 重要な潜在的リスク
 重要な不足情報
ICHE2Eガイドライン参照
PMS Forum
「重要な特定されたリスク」
※重篤又は高頻度で起こるものであって、以下に示すもの(相
互作用を含む)
 非臨床試験において十分に証明されており、臨床データに
おいても立証されている副作用
 臨床試験等で、因果関係が示唆された副作用
 副作用報告から因果関係が強く示唆された副作用
PMS Forum
「重要な潜在的リスク」
※以下の事例に示すような安全性の懸念があるために更なる
情報収集が必要なもの(相互作用を含む)。
 臨床試験等やその他の臨床使用で発現した重篤又は高頻
度で因果関係が不明な有害事象
 臨床試験等やその他の臨床使用で発現した有害事象で重
篤度が高まる可能性のあるもの
 非臨床試験では認められるが、臨床試験等では認められて
いない有害事象
 薬理作用から予測されるが、臨床試験等では認められてい
ない有害事象
 同種同効薬では認められているが、本剤では認められてい
ない有害事象
 集積された因果関係不明の副作用報告
PMS Forum
「重要な不足情報」
※医薬品リスク管理計画(RMP)提出時には得られていなかっ
た情報であって、製造販売後の安全性を予測する上で限界
があることを示している情報
 臨床試験から除外されている患者集団のうち、臨床現場で
の使用頻度が高い等、安全性の検討の必要性が高い患者
集団などにおいて必要となる安全性等の情報
 小児、高齢者等での使用情報
 慎重投与等の合併症を有する患者群での使用情報
 その他特別な集団での使用情報
PMS Forum
安全性検討事項とその特定

承認審査時及び製造販売後において、常に安全性検討事
項として安全性課題を特定しなければならない
※「製造販売後調査等基本計画書」を安全性検討事項の特定を起点と
して作成

安全性課題は、CTDの内容を踏まえて検討




安全性の概括評価[2.5.5項]
ベネフィットとリスクに関する結論[2.5.6項]
臨床的安全性の概要[2.7.4項]
承認申請時には特定できなかった安全性課題で、審査過程
での指摘事項は、その根拠も記載
※審査報告書、照会事項回答等

製造販売後の安全性監視等の結果、安全性検討事項の追
加が必要となった場合は、その根拠とともに「製造販売後調
査等基本計画書」を 改訂
※追加した安全性検討事項は、安全性定期報告等の定期的な報告に
も含める
PMS Forum
医薬品リスク管理計画(RMP)
リスク最小化策
情報提供等適正使用推進
安全性監視計画
情報収集(含調査・試験等)
RMP
基製
本造
計販
画売
書後
調
査
等
PMS Forum
医薬品リスク管理計画(RMP)

審査報告書の記載との整合性も検討




通常の安全性監視



薬事法第77条の4の2に基づく副作用報告
新医薬品は原則、「市販直後調査」を実施
通常のリスク最小化策(活動)



通常の安全性監視計画及びリスク最小化活動
追加の措置を実施する必要性を検討
追加措置の実施・不実施及びその理由を明確化
添付文書による情報提供
新医薬品は、補助資材(使用上の注意解説書等)を用いて「市販直
後調査」に基づく情報提供
追加の安全性監視が必要と判断され場合



調査の目的を明確化
適切な方法で計画を実施
薬剤疫学的手法を活用することにも留意
PMS Forum
追加の措置の必要性を検討する際の考慮事項
①副作用が及ぼす影響の大きさ、重篤な副作用における重症
度・頻度及び可逆性・予防可能性
② 対象疾患の重篤性、合併症の重篤性及び背景発現率
③ 推定使用患者数
④ 特定されたリスク集団
⑤ リスク最小化活動の実施で期待されるベネフィット
⑥ 投与期間
⑦ 海外での市販状況
⑧ 海外で実施されている調査・試験の結果(変更の場合、考慮
すべきもの)
⑨ 海外との安全性プロファイルの相違
⑩ 海外でとられた安全対策
PMS Forum
安全性検討事項とその特定
※安全性監視計画及び/又はリスク最小化活
動について追加の措置が必要な場合
 理由と措置の手法を明らかにする
 追加の措置が必要ないと判断した場合も、そ
の理由を明確にする

定期的なリスク評価と報告
PMS Forum
安全性監視計画
-Pharmacovigilance Plan (PVP)-
1 通常の医薬品安全性監視計画
2 追加の医薬品安全性監視計画の検討と要約
3 追加の医薬品安全性監視計画の具体的な
実施計画
4 医薬品安全性監視計画の一覧
-予定を含む未完了の監視活動の要約-
PMS Forum
1 通常の医薬品安全性監視計画
PVP
※日常的な安全性監視活動及び実施体制を簡
潔にまとめる
 自発報告
 文献調査
 海外措置情報
 その他
PMS Forum
2 追加のPVPの検討と要約

PVP
追加のPVPの要約方法
※安全性検討事項ごとに簡潔にその要約を記載
 追加のPVPの要否とその理由
 監視計画の手法
※どのような結果を得るか、結果をどのように活用する
か手法を選択する必要がある
 ICH E2Eガイドラインの別添を参照
 医療情報データベースを活用した薬剤疫学研究の可
能性の考慮
PMS Forum

製造販売後の状況による追加措置
PVP
※新たに重大な安全性検討事項が特定された場合
 リスク最小化の追加措置を実施
 実施内容の評価のため、追加の安全性監視活動を実施
※有害事象と副作用と区別が難しい状況が判明した場合
 追加の安全性監視活動を実施
※PVPを更新する場合
 安全性監視により新たに得られた結果に基づく安全性検
討事項を反映
新たに重大な安全性検討事項が特定
当局相談
PVPやRMAPの追加措置を実施
PMS Forum
3 追加のPVの具体的な実施計画
PVP
※「製造販売後調査等基本計画書」の作成又は改訂時に以下
の事項等を記した実施計画書を作成
 計画概要を実施計画ごとに簡潔な一覧表作成
 同一調査・試験において、複数の安全性検討事項に対応す
る場合、安全性の課題として、当該事項の記載
 有効性に関する情報収集と安全性監視を同一調査・試験で
実施する場合、その旨を記載又は同一計画として記載
 臨床試験では安全性の懸念に関するモニタリングの詳細を
実施計画書に記載




試験中止についての規定
安全性モニタリング諮問委員会への情報提供
中間解析の実施時期
安全性定期報告等で、安全性監視計画の実施状況を報告
PMS Forum
4 PVPの一覧
PVP
-予定を含む未完了の監視活動の要約進行中の及び実施を計画している研究について一覧表で記載
 実施状況




実施中及び計画中の行動
マイルストーン
スケジュール
報告書作成予定
マイルストーンを定める理由
※1つの安全性監視計画で、複数の安全性検討事項を同時に
検討する場合
 個別及び全体の監視計画の進捗を管理することが可能
 結果の中間的な評価や計画の見直しを行うことが容易
それぞれの目標が適切な時期に達成
PMS Forum
マイルストーン設定時の考慮事項

所定の信頼性レベルで事前に定義された頻度の有害事象
が検出できるのはいつか





PVP
頻度の設定は、患者や公衆衛生のリスクの許容レベルを反映するよ
うに選択
進行中の及び実施を計画している研究について一覧表で記載
有害事象の発現に影響するリスク因子を十分な正確さで評
価できるのはいつか
進行中あるいは提案された安全性研究の結果が利用できる
のはいつか
リスク最小化活動の対象とされているリスクの重篤性と重要
性の評価時期はいつか
※リスクが非常に重篤な場合は、リスク最小化活動の効果をより早期か
つ頻繁に評価
PMS Forum
有効性に関する調査・試験

安全性監視計画の立案においては、有効性
に関する情報の収集を考慮すること。
PMS Forum
リスク最小化策(活動)
-Risk Minimization Action Plan (RMAP)-
1 リスク最小化活動の概観
2 通常のリスク最小化活動の内容
3 追加のリスク最小化活動の内容
4 追加的のリスク最小化活動の実施計画
PMS Forum
リスク最小化活動の概観
情報の評価
全品目で通常行う活動
承認時までに得られている
医薬品の安全性等に関する情報
特定品目で追加的に行う活動
市販後に医薬品リスク管理計画に
基づく安全性監視計画の下で
収集された安全性等に関する情報
リスク最小化活動
ベネフィット/リスク
バランスの適切な維持
医療現場での実施可能性
PMS Forum
リスク最小化活動の内容
※通常の活動:添付文書の作成及び医療関係者への提供
※追加の活動:
(1)医療関係者への追加的な情報提供
①市販直後調査による情報提供
②適正使用のための資材の作成及び配布
③情報配信サービスへの登録要請
④企業ホームページによる市販後安全監視情報の迅速な公表
⑤その他
(2)患者向け資材の作成及び提供
①患者向医薬品ガイド
②その他
(3)医薬品の使用条件の設定
①処方医等における専門的知識・経験の確保
②医薬品の使用管理体制の確保
③投与患者の慎重な選定
④投与に際しての患者への説明と理解の実施
⑤特定の検査等の実施
(4)その他
①表示、容器・包装等の工夫
PMS Forum
医療関係者への追加的な情報提供
RMAP各論
①市販直後調査による情報提供
②適正使用のための資材の作成及び配布
※医薬品適正使用を医療関係者に周知するため、厚生労働省等からの


指示又は製造販売業者の判断により、添付文書補完目的で作成、配
布
添付文書に警告が設けられている品目
適正使用に関して特に注意すべき事項がある品目


効能・効果に関連する使用上の注意が設定
用法・用量に関連する使用上の注意が設定
③情報配信サービス(PMDAメディナビ)の登録要請
④企業HPによる市販後安全監視情報の迅速な公表
※適切な頻度で更新し、当局等及び関係学会等と連携した情報周知
⑤その他


新医薬品の使用上の注意の解説、製品情報概要等の資材
学会等の第三者が作成する適正使用を目的としたガイドラインや指針
PMS Forum
患者向け資材の作成及び提供
RMAP各論
①患者向医薬品ガイド
※患者やその家族が医薬品を正しく理解し、重篤な副作用の
早期発見などを促す目的で作成される資材
※添付文書を基に、患者等に分かりやい表現を用いて必要な
情報を示したもの



添付文書に警告が設けられている品目
使用上の注意の項に、重篤な副作用回避等のために「患者に説明
する」旨が記載されている品目
患者に、特別に適正使用に関する情報提供が行われている品目
②その他
※製造販売業者の判断や承認審査過程での指示に基づき作
成・提供

患者向医薬品ガイドの情報も活用しながら、医薬品の特性等に応じ
て個別の注意点等を記載した資材(患者手帳など)
PMS Forum
医薬品の使用条件の設定
RMAP各論
目的:医薬品特性や対象疾病の性質等に照らして、医
薬品の安全で適正な使用を確保
手段:設定された条件が確保され得る医療機関に対し
て当該医薬品を納入するなど、製造販売に当たって
必要な措置を講じる
公表:承認条件としての規定、安全管理手順等の一環
としての規定などの形で設定
①処方医等における専門的知識・経験の確保
②医薬品の使用管理体制の確保
③投与患者の慎重な選定
④投与に際しての患者への説明と理解の実施
⑤特定の検査等の実施
PMS Forum
①専門的知識・経験の確保


RMAP各論
治療域が狭い医薬品、重篤な副作用が懸念される医薬品等
については、処方医等に対して対象疾病の治療に関する高
度な専門的知識及び経験の確保を求める
投与に際して特別の技術を要する医薬品については、使用
方法等に関する講習の受講や、知識・経験の確保のため一
定の要件を定め、製造販売業者に医師の登録等を求める
例)光線力学的療法に用いられる薬剤について、使用医師に対して、当該
療法に関する講習の受講、専門的知識及び経験の確保を求める。
PMS Forum
②医薬品の使用管理体制の確保



RMAP各論
重篤な副作用により致命的な経過をたどる可能性がある医
薬品
投与後の患者の厳格な監視が必要な医薬品
緊急時に十分な対応が可能な医療機関での使用、入院管
理下での投与など、使用管理体制の確保
催奇形性の強い医薬品など特別な薬剤管理が必要な医薬
品
医薬品の管理体制の確保や、製造販売業者における医師、
薬剤師等の登録
例)無顆粒球症等の血液障害が投与初期に発生することが懸念される薬剤
→ 投与開始後一定期間は入院管理下での投与
催奇形性の強い薬剤
→ 院内調剤に限定し、医療機関の医師及び薬剤師並びに患者を登録
→ 安全対策への理解と予防措置の実施を徹底
PMS Forum
③投与患者の慎重な選定

医薬品の有効性、安全性を確保する上で、投与患者を特に
慎重に選定する必要がある医薬品
選定に係る条件を設定


RMAP各論
患者の疾病の状態、既往歴・治療歴、併用薬など
特に注意を要する場合
患者の適応条件への適合性の確保やモニタリングの実施


製造販売業者における投与患者の登録
医療関係者へのチェックシートの配布と事前確認の実施
例)特定の患者群に高頻度で副作用の発生が懸念される抗悪性腫瘍剤
→ 適応患者の慎重な選定
PMS Forum
④患者への説明と理解の実施


RMAP各論
投与に伴い致命的な副作用の発生リスクが高く、その早期
発見やその際の主治医への連絡体制の確保等を図る上で、
患者側の理解が特に必要とされる医薬品
特定生物由来製品など潜在的なリスクが想定される医薬品
投与に先立ち、患者等に対して当該医薬品の有効性、安全
性等に関する説明を十分に行い、同意を得た上で投与する
旨の条件を設定
特定の重篤なリスクの回避のために、患者側の理解を補助
し、注意を徹底するために患者向けの教育プログラム等の
提供
例)投与に伴い重篤な感染症の発生が懸念される抗リウマチ薬
→ 患者に「投与することに対して同意を得る」こと
在宅自己注射により用いられる薬剤
→「使用方法、特定の副作用発生防止等に関する説明を行う」こと
PMS Forum
⑤特定の検査等の実施

RMAP各論
予測される特定の副作用の発生を防止するため、医薬品の
投与前又は投与後に特定の検査等の実施を行う旨の条件
を設定
例)抗悪性腫瘍剤
→骨髄機能抑制による致命的な副作用の発生を回避するために、投与
前及び投与中に定期的な末梢血液検査の実施
催奇形性の強い薬剤
→投与前に妊娠検査の実施
肝機能障害の発生頻度が高い薬剤
→投与前及び投与中に定期的な肝機能検査の実施
PMS Forum
医表示、容器・包装等の工夫
RMAP各論
※ヒューマンエラー防止等の観点から、医薬品の表示、
容器・包装等に特別な措置
例)
○投与スケジュールが複雑な経口抗リウマチ薬につ
いて、服用日をPTP包装シートに記載する。
PMS Forum
見直しの時期



医薬品リスク管理計画については、適時適切な見
直しを実施することが重要
見直しについては、医薬品の特徴を踏まえた上で、
マイルストーン毎に実施
各医薬品におけるマイルストーンを予め定めること
が必須
※設定時期
 安全性定期報告時
 再審査申請時
 製造販売後に新たなリスクが判明し対応する時
例)警告や重要な基本的注意の改訂を伴う使用上の注意の改訂時
 調査・研究のマイルストーン達成時
PMS Forum
報告及び評価について




実施状況について、安全性定期報告等の定期報告において、
安全性、有効性に関する定期的な報告を行う
当該医薬品のベネフィットとリスクに関する評価、 考察を行う
定期的な報告時に、製造販売業者において見直す
※その際、必要に応じ、規制当局に確認を得る
使用条件の設定等を行っているものについては、そのリスク
最小化活動の実施状況とその効果に係る評価を定期報告
において報告



リスク最小化活動を実効性のあるものに変更することも検討
必要に応じ、規制当局と協議
規制当局において速やかに確認し、必要な措置について製
造販売業者に対して指示、指導等の実施
PMS Forum
ダウンロード

医薬品リスク管理計画(RMP)ガイダンス