小学部児童が友だちに要求を
受け入れられなかったときに自傷をせず
言葉で伝えることができるための支援
事例の概要
本児は要求を受け入れてもらえなかったとき、
否定的な言葉を言われたとき、思い通りになら
ないとき、思っていいたこととは違う出来事が
あったとき、未経験の活動、初めての場所での
活動など負荷が高い場面で、額を拳や床や壁
に打ち付ける、肘で壁を叩くといった自傷行為
が目立つ。このような場面で定着している自傷
行為の代替行動を見つけ、自傷行為を減らす
ことを目標に本実践に取り組んだ。
対象児のプロフィール
 小学部4年
男児 知的障害
 新版K式発達検査2001(H23.12.7実施)
全領域 2:8 (姿勢・運動 2:4
適応 2:1 言語・社会 3:4)
 S-M社会生活能力(H23.12月)
SA 3:5
認知・
SQ 35
長期目標
嫌なことがあった時に自傷をせず言葉で伝えることが
できる
 短期目標
要求を受け入れられなかったときに自傷をせず言葉で
伝えることができる
 標的行動(増やしたい行動)
友だちに要求を受け入れられなかったときに言葉で
伝えることができる
 標的行動(減らしたい行動)
友だちに要求を受け入れられなかったときに自傷を
する

現状のABC分析
Yくんの動き
がとまる
Yくんが大き
な声を出す
Yくんが
離席する
Yくんが質問
に答えない
5
Yくんが先生の
指示に応じない
自傷を
する
教員の注
目あり
教員が本児
の言いたいこ
とを代弁する
痛みの感覚
あり
5
解決策のABC分析
教員がYくん
に注意する
Yくんが大き
な声を出す
Yくんが
離席する
「静かにして」
「ちがうよ」と
言う
Yくんが質問
に答えない
6
Yくんが先生の
指示に応じない
教員の
ほめ言葉
あり
教員が本児
の言いたいこ
とを代弁する
痛みの感覚
なし
6
指導手続き

指導1
・朝の会の前の対面学習の時間に,アンパンマンか
らの手紙形式でクラスメイトのYくんがするべきことに
取り組まない時や逸脱行動などが見られたときに「Y
くんちがうよ」と言い,Yくんが大きな声を大きな声を
出したときは「Yくん静かにして」と言って対応できる
ことを賞賛した内容のソーシャルストーリーズの読み
聞かせをする。
・適切な言葉で対応できたときはすぐに賞賛する。ま
た,共感する。
・自傷する場合は,無反応で対応する。
・適切な言葉で対応できた日は,アンパンマンから褒
め言葉の手紙が届くようにしておく。
指導手続き

指導2
・Yくんに関することで自傷が起こりそうな学習場面の直前に
「Yくんちがうよ」「Yくん静かにして」という練習を行うことを追
加した。
記録の取り方
Yくんがするべきことに取り組まない時や要求に応
じてくれない時に
自傷があったら ×
適切な言葉で対応できたら ○ を記録する。
(適切な言葉で対応できても自傷があれば
×とする)
 日ごとに適切な言葉で対応できた割合を出す。
(○の数/○と×の合計)
 どのような言葉で対応できたかも記録しておく。

指導期間と達成基準

指導期間
12月1日から1月17日

達成基準
自傷せずに対応できる割合が80%以上の
日が5日間続いたら達成とする。
結果
考察1


指導1として,朝の対面学習の時間に「Yくんが大きな声
をだしたときは『Yくん静かにして』という」ことと「するべき
ことに取り組まない時は『Yくんちがうよ』という」ことのア
ンパンマンからの手紙を読んで,その言葉を言う練習を
することで,そのような場面時に自傷をせずに,言葉で
対応する場面が出てきた。
より効果を高めるため,指導2としてYくんに関することで
自傷が起こりそうな学習場面の直前に「Yくん静かにし
て」「Yくんちがうよ」という練習を行うことにした。言葉で
対応できた時に,すぐに褒めることで,その後も言葉で
対応できることが何度か続けて見られた。また,「Yくん
座ってください」といったような自分なりの言葉で対応す
る場面も見られるようになった。
考察2


本児は不安が強く過敏な部分があるため,不快な出来
事に過剰反応して他害や自傷で対応することが多く,そ
の他の解消方法を習得できていなかったと考える。落ち
つているときに適切な行動を伝えて練習し,できたときに
すぐにほめられることで適切に対応できる場面が定着し
てきたと思われる。
Yくん関係以外の場面で自傷することもたくさん残ってい
るため,今後は自傷が起こりやすい場面を想定して指導
場面を増やしていき,適切場面を増やしていきたいと思
う。
ダウンロード

要求に応じてくれなかったときに,自傷をせず言葉で嫌だったことを伝える