考察






妊娠中の風疹罹患歴:有6名、不明1名、無し2名
母のワクチン接種歴:不明4名、無4名、有1名
散発程度の風疹発生の後のCRS出生が半数
定点は地域流行把握目的では設定されていない
定点情報は、CRS予測のための感度が不十分
CRS報告例は氷山の一角
IDSC
IDSCから岡山県等への提言


IDSC
(流行のコントロール)、感受性者対策
集団発生調査
提言:感受性者対策



IDSC
風疹ワクチン接種者を増やすためには….
 実施機会の増加(自治体・医師会の協力依頼)
 「予防接種週間」などの策定
 就職時の接種勧奨(医療機関・教育機関)
 学生に対する学校を通じた接種勧奨
 「経過措置」の広報(H15年7月現在)
経過措置対象外の風疹感受性者対策(H15年7月現在)
:対象
・定期予防接種漏れ者
・今回のキャンペーンの対象外
--- 感受性者への対策が必要
(活動の評価指標の把握:患者数・ワクチン販売数など)
提案した調査

今回の流行調査

風疹流行の全体像把握




先天性風疹症候群、人工妊娠中絶の把握
流行の原因の特定


IDSC

患者数(小児・成人・妊婦・妊娠可能年齢女性など)
合併症・重症度:入院、脳炎など
予防接種の有効率評価、危険因子の特定
予防接種率の正確な把握
感受性者把握(血清疫学調査)
提案した調査方法

2003年の風疹地域流行の全体像把握



感染症発生動向調査
出席停止状況:教育委員会
医療機関からの積極的な情報収集(全数)



CRSの全体像の把握






感染症発生動向調査の強化
聴覚障害調査(ABRスクリーニング)
小児先天性心疾患児の情報収集:小児科/小児心臓外科
小児先天性白内障児の情報収集:小児科/眼科
人工妊娠中絶の把握
風疹に対する感受性者及び予防接種状況の把握

予防接種状況の正確な把握

IDSC
(小児科)、内科、皮膚科、産婦人科
全診断数、入院患者数(重症者数)

予防接種台帳、アンケート、1.6及び3歳児健診、就学時検診
血清疫学調査、妊婦調査
岡山県の対策
風疹に対する啓発
総合的対策
 風疹予防接種月間の実施
(9/1-9/30):土日含む
 ポスター作成(1,100枚)



チラシ10万枚
メディア活用


予防接種医療機関:886;産
科:112; 市町村:78; 保健
所:9
新聞・ラジオ・テレビ
広報誌等
IDSC
(H16.3.17現在)
対象者別個別対策
 定期接種保護者


経過措置対象者(15-24歳)


台帳で把握、愛育委員(620支部)が
全戸チラシ配布
学校を通じチラシ配布
高校(119)、大学・短大(27)専修
各種学校(73)
妊娠可能年齢女性とパートナー

チラシ配布
美容院(5000)、婚姻届受理担当、薬
局(8500)、バス(2000)
岡山市の対応
調査
 サーベイランス解析
 CRS/CRI







IDSC

風疹報告例
岡山県聴覚検査事業
産婦人科からの羊水検査
学校出席停止報告
予防接種状況の把握

風疹対策
 啓発
定期対象者
経過措置対象者
大学と連携した解析





乳幼児:はがき、健診、愛育委員、おや
こクラブ、保育園・幼稚園、広報、就学時
健診時のチラシ
経過措置対象者:成人式、役所、美容院、
医療機関、薬局、学校、中~企業、報道
ワクチン月間
「風疹任意接種被害補償保険」の活
用
市関係課(教育委員会、保育課)と
連携
情報交換会(県、倉敷市)
堺市の風疹対策



IDSC
発端:H16.2.20~3.31、市内1保育施設にて24名の風疹発生、3月末に保
健所が探知
認識:経過措置対象の低接種率、乳幼児中心の発生、保育施設入園児は
非入園児より低接種率、緊急の流行抑制策実施が必要
実施項目:
 全保育施設の長、保護者へ啓発文書配布(保育課)
 幼稚園の長、保護者へ啓発、小学校への注意喚起(教育委員会)
 健診の際、保護者への啓発文書(保健センター)
 堺市ホームページに注意喚起文書掲載
 保育施設嘱託医にワクチン接種啓発(医師会)
 予防接種委託医に協力依頼文書配布
 当該施設に対して:現地調査、講演会の実施
 5月1日発行の堺市公報(全戸配布)にて風疹流行の注意喚起
 堺市医師会全会員に対して、風疹対策への協力を呼びかけ
平成16年大阪府内風疹発生者数 (定点報告)
堺市
堺市以外
14
12
発生者数
10
8
6
4
2
0
2W 3W 4W 5W 6W 7W 8W 9W 10W 11W 12W 13W 14W 15W 16W 17W 18- 20W 21W 22W 23W 24W 25W
19W
1月
IDSC
2月
3月
4月
5月
6月
大阪府小児科定点数:195
海外における
風疹、風疹ワクチンの状況
IDSC
予防接種率と患者の年齢


接種率が長期間高く維持され、人口中の免疫をもつ者
の割合が一定以上*になるとき、伝播は長期的にはな
くなり疾患は根絶される(例:天然痘、ポリオ)
接種率が高くなく、免疫をもつ者の割合が集団免疫閾
値を越えない場合、疾患の流行は継続する。罹患機会
は減少するために罹患年齢は上昇する。このことは先
天性風疹症候群の予防という点では危険。
*集団免疫閾値:接種率ではなく、「予防接種または自然感染により免疫をもつ
者の割合(風疹では80-85%程度と推定される )」
IDSC
ギリシアにおける風疹対策とCRSの増加




IDSC
1960年代:平均患者年齢8.5歳
1970年代中旬:予防接種導入。接種年齢は1歳。
患者年齢上昇への積極的な対策なし。
1980年代:推定接種率は常に50%未満
1990年代:若年成人の罹患率上昇。 1993年の、
アテネ近郊の調査では、患者の2/3は15歳以上
(平均患者年齢17歳)。
Panagiotopoulos et al. BMJ 1999;319:1462-6.
アテネ近郊における外来風疹患者年齢の変化:1986年と1993年
Panagiotopoulos et al. BMJ 1999;319:1462-6
IDSC
1993年のギリシアにおける風疹の流行とそれに続く先天性風疹症候群発生数
IDSC
Panagiotopoulos et al. BMJ 1999;319:1462-6
米国における風疹、CRS対策の経過
1964―65
1966年
1969年
1962年に始まる世界の大流行が上陸。 推定1250万人の患者、
11000例の中絶(自然および人工)、2万人のCRS児生まれる。
以降1960年代は風疹年間報告数5-6万程度
風疹ワクチン認可。主な患者人口である1-14歳男女児対象接種
1970年代 風疹年間報告例は1970年の約6万例から 1979年の約1万例に漸減
1-14歳児の接種率は1970年に30-50%。1979年に60-70%程度
接種率の低かった10代への接種強化
1978
国内麻疹根絶の目標設定(1982年までに)
1979
現行ワクチン認可(RA27/3)、MMRとして接種開始
1980年代
風疹年間報告数は数百―数千規模
1983
以降継続して報告例1000例未満となる(1990-91年を除く)
1989
麻疹対策のためにMMR定期接種の2回接種スケジュール 開始
1990年代
1990年代後半
2000
2002
2003
IDSC
MMR接種率(一回以上):1991年の80%(24-35ヶ月)程度から
1999年の91%(19-35ヶ月)に漸次上昇。
風疹年間報告例は400例未満となる。風疹、CRS報告例の患者の殆どが
米国外生まれの中南米移民となる
「米国は国内の風疹とCRSの根絶を遂げつつある」(CDC)
年間風疹報告例18例、CRS1例と過去最低
世界保健機関南北アメリカ地域の風疹根絶の目標設定(2010年まで)
米国の麻疹・風疹対策の成功要因








IDSC
男女共の接種により社会全体の感受性者を削減
明確な対策目標の設定(米国内の麻疹根絶)
入学時予防接種証明:保育所から大学まで
患者特性の変化に応じた対策の変更(入学時証明、2回接種の導入な
ど)
広域対策(輸入例をなくす)
2回接種による取りこぼし・抗体価減少の予防
MMRの使用:麻疹と風疹の同時対策
遺伝子解析による感染源の同定と対策の立案
(米国CDC加藤茂孝)
風疹流行中
〜今、何をするべきか〜
IDSC
今、求められていることは?
緊急接種の必要性
 妊婦の周囲にいる感受性者対策
 男性を含む感受性者対策
 岡山の経験、堺市の経験を活かせないか
?
 徳之島には現在、 感 受 性 者 が 残 っ て い
る?



IDSC

流行の大きな山は過ぎた?
どのように判定するか?→血清疫学?
周 辺 の 島、鹿児島本土への波及への対応
目標
①鹿児島から 先 天 性 風 疹 症 候 群 、人工妊娠中絶を出し
たくない!!
②ワクチン接種の記録・風疹に罹患したという明確な
検査データが無ければ、ワクチン接種を勧めたい!!
それは、なぜか?
1)風疹の罹患歴はあてにならない!!
2)ワクチンを受けたという記憶はあてにならな
い!!
IDSC
IDSC
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
鹿児島県の風疹対策に少しでもお役に
立てましたら幸いです。
IDSC
ダウンロード

感染症流行予測調査事業から 〜麻疹〜