第3章 職場での心構え 【解答】
① 健康管理に関することで、次の中から不適切なものを選びなさい。
解答:答えは2です。休み明けの月曜日は、会社や職場の人の状況もわからな
いので、簡単に休むという考えは、社会人としてふさわしくありません。
休日のうちに身心ともにリフレッシュして、元気に出勤することが望ましいです。
② 今日中に終えるようにと指示された仕事のため残業していた際、家からの急用の
電話 が入り、すぐに帰宅しなければいけなくなったとき、事情を知った同僚が、
残りの仕事を引き受けてくれると言ってくれた。
このような場合、どのように対応すればよいか。次の中から適切と思われるものを
一つ選びなさい。
解答:答えは2です。
上司から指示された仕事で残業しているのですから、それができない事情ができた
ときは、まずはその上司に尋ねるべきです。
③ 電車の遅延により10分ほど遅刻しそうなときの対応について、次の中で不適切と思
われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは2です。会社の始業時間は決まっており、遅れる場合は必ず連絡しなければ
なりません。たとえそれが10分程度のものであっても、遅刻には変わりありません。
④ 自分の健康管理への心がけについて、不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは3です。
健康管理とは、仕事に支障が出ないように、好ましい健康状態を保つようにす
ることである。仕事のための健康管理なのだから、きちんと仕事をこなしながら
しなくてはなりません。従って、残業や休日出勤をしないようにする、というのは
不適切です。
⑤ 仕事をする上での心掛けについて、次の中から不適切と思われるものを一つ選び
なさい。
解答:答は5です。
会社は自分の都合都合だけで行動できるところはではないが、
終業時刻が決まっているのだから、仕事にけりがついているのなら
上司に言われなくても帰ってもよいです。ただ、残って仕事をしている人に先に
帰るあいさつ等の気遣いは必要です。
⑥ 主体的行動について、次の中から不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは2です。
悪い点、マイナスの点だけでなく、良い点、プラスの点も含めた問題発見をする
ことが大切となります。
⑦ 仕事をする上での心掛けについて、次の中から不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは1です。
職業人となると、終業時間以外においても健全な生活態度や自己管理を心
掛け、仕事に備えておかなければなりません。
⑧ 仕事中の心掛けについて、次の中から不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは3です。
離席するときは、行き先、用件のみではなく、予定の時間と戻る時間
も必ず伝えなければなりません。
⑨ ビジネス意識について、次の中から不適切だと思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは1です。
直接お客様と接していない職場であっても、誰がお客様で何を求めて
いるかを常に意識することが大切です。
⑩ ビジネス意識について、次の中から不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは3です。
安全意識とは、あらゆる仕事場において、事故などがおきないように、規則やルール
を守りながら、常に安全意識確保に努めることです。
⑩ 部長から指示を受けたときの対応として、不適切だと思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは4です。
仕事は部長から指示されたので、
従って分からないことは仕事を指示した本人である部長に聞くのが一 番です。先輩に尋
ねても良いのですが、
仕事に取り掛かってからは先輩と決めてしまうのは不適切です。
⑪ 上司から話を聞くときの態度として、不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは4です。
話を聞くときは、話している人が話しやすいようにすべきです。したがって、聞い ている側
は話の意図を理解しようと努めるべきであり、
話の意図に差し支えなければ、間違っているなどと指摘する必要はありません。
⑫ 上司に対する態度について、次の中から不適切と思われるものを一つ選びなさい。
解答:答えは3です。
円滑に仕事を進めるために、職場の人とコミュニケーションをもつことは、大切です。
分からないことを尋ねるなど、新人のうちはなおさら自分から積極的に話しかけ、
日ごろから良い人間関係を築いておくことが大切なのです。
ダウンロード

第1章 会社組織とは 【解答】