まつもと
子ども留学
集まれ、子どもたち!
信州松本の大自然の中で、思いきり遊びとスポーツに
熱中し、学び合う留学生活に参加しませんか。
まつもと子ども留学について
「まつもと子ども留学」と
は・・・
概要
対象
長野県松本市 四賀地区
松本市 四賀地区
松本市との協力関係
菅谷昭 松本市長から
東日本大震災により被災した子どもた
ち、とりわけ福島の子どもたちの健康
について、とても心配し ています。
松本市は、未来を担う子どもたちの健
全な成長のために、より良い学習環境
を提供できればと考えています。
松本市長 菅谷 昭
学習環境
通学する学校は、松本市立四賀小学校・会田中学校です。
クラブ活動など
現在予定している寮からは、小学校は徒歩3分、中学校は徒歩15分の距離にあります。
四賀小学校
松本市会田1113番
地
生徒数 約160名
2013年4月に統合
して開校したばかり
の新しい学校です。
学校外で野球や剣道などのスポーツクラ
ブがあります。
会田中学校
松本市会田8923番
地
生徒数 約120名
アルプスを望む高台
にあります。
男子バスケット・女子バレー・野球・吹奏2
楽・美術などの部活動があります。
生活環境
寮生活について
↑寮の建物(予定) 6LDK、子ども10人規模を予定
寮のスタッフ
新潟県の小学校で教員として5年間勤務しました。小学校教諭、体育・数学(中
高)教員免許あり。川遊びや昔ながらの遊びの達人を目指して、日々奮闘中で
す。
福島県生まれ。現在、福島県内で養護教諭(保健室の先生)として勤務していま
す。学生時代は4年間、寮生活を送りました。ひとりひとりのお子さんが、保護者
の皆さんにとって大事な存在であることを心にとめて接していきたい、と思います。
現地見学ツアー
現地見学会
3
応援者の声
ボクは「ハリスの旋風」や「おれは鉄兵」という作品で、粗野だけれど天然、健康的な、いわゆる野生児
をたくさん描いてきました。
それは日本の子どもたちが、日々受験勉強や習い事、ゲーム遊びに追われ、太陽のもとで外遊びもろ
くにしない、モヤシのように弱々しいまま、大人になってゆく姿に、警鐘を鳴らしたかったからなのです。
小学校、中学校時代に、自然あふれる素晴らしい環境の中で、身体全体を使ってのびのびと生活する、
ただそれだけで他人の苦しみや痛みがわかる、大きな人間、豊かな人生を送る基礎を育むだろう、と
確信します。
ボクはこの留学事業を、心から応援します。
ちばてつや(漫画家)
会員募集
寄付・会費振込先
郵送
メール
FAX
運営団体
代表から一言
みなさんへ。
この自然豊かな信州に、子どもたちが
安心して暮らし、勉強が出来る場所を
作ります。
子どもたちは、みんな宝物です。
その宝物を輝かせるのも大人の責任
です。
この宝物たちがイキイキとたくましく育
つことを、僕たちは 全力でサポートしま
す。
どうかみなさまのご支援をよろしくお願
いします。
『地球を大切にしなさい。 それは親か
らもらったものではなく、 子どもたちか
ら預っているものなのだから』
―アフリカのことわざより―
特定非営利活動法人
まつもと子ども留学基金 (NPO法人申請中)
理事長(代表) 植木宏
副理事長 橋本俊彦
理事 種市靖行(医師)・中野瑞枝・根岸主門・
橋本雅子・森永敦子・柳原敏夫
監事 安藤雅樹(弁護士)
事務局長 橋本雅子
事務所 〒390-0861 長野県松本市蟻ケ崎
1-3-7 (安藤法律事務所内)
連絡先
植木宏 電話 080-3753-0920
橋本雅子 電話 070-5629-1867
4
[email protected]
ダウンロード

リーフレット(2013年11月発行)