看 護 部 の 教 育
国立療養所菊池恵楓園看護部
1.教育の理念・目的・目標
1)理 念
ハンセン病療養所における専門的知識や技術を身につけ、
人権を尊重した良質の看護・介護が提供できる職員を育成する
2 )目 的
看護職員一人ひとりが専門職業人としての誇りと自覚を持ち、自ら主体的に学習する姿勢を養う。
3)目 標
(1)人権を尊重し、専門職業人としての高い倫理観を持ち行動できる。
(2)基本的な看護・介護実践能力を習得する。
(3)人を理解し、チーム医療が展開できる能力を習得する。
(4)自己の課題に対し、研究的に取り組み解決できる能力を習得する。
(5)教育的視点を持ち後輩育成ができる。
2.教育の組み立て
新採用者教育
看護部の教育
新採用者オリエンテーション
各部署におけるオリエンテーション
現任教育
継続教育
①看護師
②看護助手(介護員)
各看護単位別教育・学習会
3.園内教育システム
(1)集合教育:教育担当師長が企画し、教育コース担当看護師長、副看護師長、
介護長、教育委員で運営
(2)OJT:各看護単位看護師長・副看護師長・介護長・教育委員で実施
4.教育担当者
看護師長・副看護師長・看護師・介護長・副介護長・教育委員・プリセプター・介護員
5.看護部教育組織図
実務Ⅰ(新人・新採用)
ステップⅠコース
ステップⅡコース
実 務 Ⅱ
看護師教育委員会
ステップⅢコース
倫理コース
ジェネラリスト
看護研究コース
特別講演
教育委員会
全体教育
伝達研修
研究発表
ステップⅠコース
介護員教育委員会
ステップⅡコース
ステップⅢコース
看護部
介護研究コース
全体教育
特別講演
伝達研修
研究発表
新採用オリエンテーション
看護部長室
看護師長教育(看護師長研究会)
副看護師長教育(副看護師長研究会)
介護長・副介護長教育
各看護単位
OJT
学習会
H25 .4
ダウンロード

看 護 部 の 教 育