NAOSITE: Nagasaki University's Academic Output SITE
Title
浅層砂土の地温日変化の一表現法
Author(s)
武政, 剛弘; 薦田, 広章
Citation
長崎大学工学部研究報告, 18(30), pp.47-54; 1988
Issue Date
1988-01
URL
http://hdl.handle.net/10069/24268
Right
This document is downloaded at: 2015-11-23T13:05:32Z
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp
長崎大学工学部研究報告第18巻 第30号 昭和63年1月
47
浅層砂土の地温日変化の一表現法
武政 剛弘*・薦田 広章*
An Expression of Diurnal Change in Temperature
in Uppef Layer of the Sandy Soil.
by
Takehiro TAKEMASA*and Hiroaki KOMODA*
The dry surface layer in sandy soil appears due to the amount of solar radiation in summer season.
The both of the soil temperature variation in the wet zone of lower layer located just bellow the dry
surface layer and the atmospheric temperature variation of the near ground surface are remarkably af−
fected by the soil temperature variation in the dry surface layer.
The application of the harmonic analysis is usual to evaluate the diumal changing of the soil
temperature near ground surface. As.is well known,. the diumal changing of the soil temperatur6 is suf−
ficiently expressed with the diumLal teml and semi−diurnal term in the harmonic terms.
In this paper, a simplified expression on the dlumal change in the soil temperature is derived from
the solution of the heat flow equation with the consideration of the diumal variation of the thermal dif−
fusivityκ.
The obtained results are summarized as follows.
1)The diurnal changing oゴthe soil temperature in the dry su㎡ace layer is sufficiently expressed with the
only terrn of
θ=θo十1∼1sin(ω’一γS勿ω’十ε1)
Whereθois mean temperatUre,1∼1,τ1;amplitude and phase of the diurnal temperature variation,
.respectively, ω=2π/P;the angular frequency of the Earth’s rotation, andγ;constant.
2)The solution of the heat flow equation tells that the diurnal variation of the thermal diffusivity is
characterized by the additional term of“一γsinωt”.
1.まえがき
浅層砂土の地温日変化は,地表面のエネルギー収支
上記に述べた気象条件によって大きく変動する浅層
砂土め地温ほ,接地気層内の気温や下層部の地温に大
で決まる。この場合,太陽からの日射量の変化が地表
きく影響をおよぼす。したがって,ここでは浅層砂土
.面の温度変化の主たる部分を占める。この日射量は,
の表層部に形成される風乾域内の地温日変化について.
昼間は太陽の高度に応じて正弦曲線状に変化するが,
の解析を試みる。
日没後,夜間の日射量は零になる。
従来,こうした状況下での複雑な周期性を有した地
さらに夏季の日射量が大きい条件のもとでは,表層
温日変化の表現手段として,調和分析を用いた級数表
部数c皿の浅層砂土では地温勾配のための水分・の移動,
現.がとられている。ζの調和分解の結果を用いて熱拡
さらには水の相変換も行われその移動などが生じてい
散係数などの砂土の熱特性値の算出を行っている。さ
る。これらが熱伝導に大きく影響している。
らにはシミュレーシ。ンからの地温解析法も一般化
昭和62年9月30日受理
*土木工学科(Department.of Civil Engineering)
48
浅層砂土の地温日変化の一表現法
している。この場合,地温変動を左右する砂土の熱特
ここで,ω=2π/P であり角速度を示す。Pは一日
性を野外測定から決定する際には,気象条件に起因し
変動周期(24h),γは定数である。κoは一般には深さ
た境界条件が複雑となるために,ある程度の仮定のも
の関数であるが表面より数cmの厚さの風乾域では定数
とに解析を進めなければならない。したがって正確に
とする。したがってt=0ではκは最小値κo(1一
は室内実験からの砂土の熱特性値の決定が必要とな
ロ
る。たとえばJacksonらは,湿潤土壌内では,熱拡散
γ),正午には最大値κo(1+γ)となる。
係数の値が,与えられる温度変動の周期に依存するこ
と,加えて含水比にも大きく左右されることを平面法
らし によって示した。また新庄は円筒法を用いて,砂の真
の熱伝導係数と見かけの熱伝導係数の算出方法を示
・一
迚ォ’一≠一蓋・i・ω・
(3)
の変換により時間tをτで表現すれば(1)式は
∂θ ∂2θ
57=κ・荻
(4)
し,実際の水分移動に伴う見かけの熱伝導係数は地温
の定数係数の熱伝導方程式に変形される。
および含水比に大きく依存することを示した。さらに
松原らは,地温が大きく影響を与える接地気層内の気
(3)式の変換に従って,z=0(表面)
での地温変動
ユ
の境界条件も時間τの周期関数で与える(松原ら)。こ
温日変化の表現法について,熱交換係数(Austaush)
れに対して下層部では,上層風乾域と異な:り水分含水量
が時間に対して周期的に変化すると仮定した場合の熱
の日変化はそれほど顕著でなく比較的一定している。
伝導方程式の解析解を示した。 ・
この様な理由から厳密には(1)式の熱拡散係数κは一定
これら一連の報告に示唆されている物理的な考察に
としなければならない。しかしここでは,下層部のこ
基づいて,本論文では,砂土の表面温度が接地気層温
の様な状況が上層の地温変動におよぼす影響は小さい
度に対応して変化し,そして浅層砂土内の見かけの熱
と考え,.さらに一日周期の地温変動の振幅は深さ方向
り
拡散係数が時間に対して周期変化すると仮定した場合
に急速に減衰する事実を勘案して,簡単のために上層
の地温解析を行うた。
部の状態が半無限に続くとした。したがって境界条件
さらに得られた解析解が上述の条件下での地温日変
は次式で与えられる。
化を与えることを実測によって検証した。
oo
θ(0,τ)=θo+Σθηsin(ηωτ+επ)
(5)
π=1
2.熱伝導方程式とその解
θ(・・,τ)=θo
晴天日の続く夏季,表層部数cmには非常に乾燥した
(5),(6)式の条件による(4)式の解は次式となる。
風乾域が出現しており,一方,下層部分では比較的湿
潤な状態が保たれている。この様な浅層砂土には含有
θ=θo+Σ{α,θ垣ρ(一2颪)
η=1
水分分布に躍層部分が存在しており,この躍層が昼夜
×c・s(πωτ一2、鳳)+δ,⑳(一2・痂7瓦)
の消長の結果として,上下に変動を繰り返すものと推
×sin(ηωτ一2砺)}
定される。このために浅層砂土では,含水比の変化に
(7)
ここに形を整えるために
対応して砂土の熱伝導係数が変化する。さらに水分移
ツ=ω’
動に伴う潜熱移動も生じる。この事態が砂土内の熱交
κ=アーγSIIとソ
換に大きく影響しており,見かけの熱拡散僚数κ=λ/C
δ,=(πω/2κ。)碗
(λ:熱伝導係数,C:体積熱容量)の値に変化をきたし
(6)
(8)
(9)
㈹
とおくと(7)式は
ていると考えられる。ここでは浅層砂土の表面に形成
OQ
される風乾域の領域内で,見かけの熱拡散係数が時間
箆=1
の周期関数として変化する場合を考察する。
十δ♪16ゆ(一δη9)sin(7Zκ一δη9)}
θ=θ0+Σ{Olη6κ≠》(一δη2)COS(ηκ一δ。9)
(11)
z軸を地表面から下向きにとり,砂土のz点で時刻
で表現される。
.tの地温をθ,熱拡散係数をκとすれぽ次の熱伝導方
したがって各層での地温変化は(11)式から次式の形で
程式が得られる。
髪型妾(∂θ) (1)
示される。
ヨ θ=θo+Σ(・4。COS鱗+B,1sinηκ)=θo+Σ・R,,
π=1 π=1
κを時間t(午前零時を亡=0)の関数として次式で
Xsin伽+τ。) (②
与える。
.ここセこ 1∼π=θηθκρ(一2痂7π), でし,=ε7,_2V,万∼擁「正マ「
κ=κ。(1一γCOSωの=κ。∫(≠) (2)
である。
49
長崎大学工学部研究報告 第18巻 第30号 昭和63年1月
含水比は以下の方法で求めた。内径が,6.7cm,長
ここで地温測定値の日変化が⑫式の第一:項(π=1)
までで充分表現出来ると仮定した場合には,地温日変
さが3cm,5cmの塩ビパイプのユニットを継ぎ合せ,
化の表現式は次式となる。
各ユニットに分解可能な長さ25cmの円筒を作り,円筒
の底面は水分移動が可能な網状とし,この同平内に現
θ=θ。+1∼lsin(ω’一γsinω’+ε1)
場の砂をつめ,前述の。−c熱電対,熱流板と同時に
=θo十・θ16堀)(一z轟)
×sin(ω’一γsinω’一2灰十ε1)
(13)
測定日の約2週間前に埋設した。この円筒を4時間毎
に抜き出し,深さ1.5,4.5,7.5,14.5および19.5c皿の
㈹式は一日周期関数としての地温日変化を示すもので
各層での含水比を採土法で測定した。Fig.3に4時
ある。深さ方向に振幅の減衰,位相の遅れが生じてい
間毎の測定値の一日の平均含水比の分布状況と熱電対
る。振幅の減衰については,従来の表示と同様である
および熱流板の埋設位置を示す。
が,位相の項が周期関数になっているのが特徴である。
WQter content w(。!。)
1 2 3 4 5
0
o _
3.実 測
0
長崎県大村市の長崎県建設大学校の校庭に,広さ3
m×1.5mで深さ1mの砂場を作り,そこでの野外
6
0 _
10
o
o
地温測定を行った。Fig.1に砂場に使用した砂の粒
O
径加積曲線を示す。
O
100
o
2
(。1。)
9
鴇ω60
一く)一一water COntent
自書
O
− heat flux plate
駝
芒望20
o thermocouple
§豊
。θ QOI QI tO IQO(mm)
鎚
Diameter
Fig.1.Integrated granulometric composition curve
of sand used for the test of Eq.13.
今回計算に使用する資料は,長崎地方の梅雨明け後
の晴天日の続く昭和60年7月23日14時より24日の14時
までの24時間測定より得られたものである。
o
Depth(cm)
Fig.3.Profile of the daily mean water content, ar−
rangement of themocuples and heat flux
plates.
4.結果および考察
測定項目は,地温,気温,熱流量,含水比および日
4.1.新表現法とそれの実例への適用による検証
射量である。地温と気温については,砂土内の0,2,4,
Fig.3によると浅層部6c皿附近までは乾燥した風
6,8,10,14,18,24,30および40cmの各層の地温と百葉箱
乾域を形成しているのが確i認される。そこで各層での
内での気温を,c−c熱電対を用いて2分間隔で記録
地温の最大,最小値から地温変動の振幅を求め,深さ
した。この浅層部各層の地温変化と気温変化をFig.
方向での振幅の減衰状況をFig.4に示す。
2に示す。
これからも表面から6cm附近までの風乾域と,下層
誌
July 23−24, 1985, Nagasak1
(Deplh In gコnd)
o⊂m
2
4
50
皇、。
慧
9・・
部の湿潤域では振幅の減衰状況が明瞭に異っている。
したがって上層の風乾域での熱特性が昼夜の消長に対
応して周期変動していると推定する。さらにこの風乾
§
域の地温変動が下層部の地温に大きく影響すると考え
αm.
られる。それゆえ解析には0,2,4および6cmの層での
ξ
測定値を用いた。前述のように,一日周期変動の熱特
20
性値を用いた,砂土に関する熱伝導方程式の解として
10
⑫式が得られた。この級数解は2項目以下が急速に減
J誰.23
」註.24
6
Time
12 hr
衰することに着目し,地温日変化の表現式として㈹式
Fig.2.Diumal changes in the soil temperature and
を得た。⑯式は調和解析の中での一日項の醜の代り
atmospheric temperature.
にω’一γsinω’と置換えた式である。この㈹式の
’三層砂土の地温日変化の一表現法
50
精度を実測値によって次の様に確かめることにする。
h(Qrnpi itude)
1
2
6
む
.3・・
いま各層での1時間毎の実測値が(吻式で表示される
7一「一
o
。/
と仮定してTable lに示す方法によって測定値を処
/
理し,各層での1∼1,γ,ε1を算出する。但しt=0
/
は午前零時とする。Table lは深さ2cmの地温につい
o
10
ての計算例である。
結論として,Table 1の皿欄の値がγsinω’の形を
0
とることが検証できれば,地温日変化の表現式として
この解析解の妥当性が確認されることになる。他の各
o
20
層についてもTable lと同様の処理を行い, Table 1
の皿欄に相当する値を求めた。それらの結果をFig.
/
0
5に示す。
60
30
、、詩cm
/o
歪
6cm
(γ240、GO) 4⊂rn
諏2。
o 年
§
0
一20 ’
12由
Time
鷺
40「
。,寄m
Depth(cm)
一60
Fig.4.Damping of temperature amplitude in the
soil with depth.
Fig.5.Diurnal change in 7 sinω≠at depths of O
(surface),2,4,6cm.
Table l Diurnal variation in the soil temperature at 2 cm depth
time of day
7123.14:00
1
∬
皿
y
一10
50.70
12.55
1,000
50.50
12.35
0,984
100.26
48.50
10.35
0,825
124.41
V
90.00,
w
皿
田
一150
一240.00
一8.20
一235.26
一244.41
一12.61
23:00
一1
28.40
一9.75
一〇.777
230.99
一135
一120
一105
一99
一75
一60
一45
一30
一15
一245.99
一14.19
7/24.0:00
0
27.60
一10.50
一〇.841
237.25
0
一237.25
一5.45
1:00
1
27.00
一11.15
一〇.888
242.62
15
一227.62
4.18
2:00
2
26.50
一11.65
一〇.928
248.13
30
45
60
75
90
105
120
135
150
165
180
195
一218.13
13.67
一207.16
24.64
一197.42
34.38
一187.75
44.05
一180.00
51.80
一193.36
38.44
一200。73
31.07
一208.56
23.24
一218,45
13.35
一221.23
10.57
22:00
一9
一8
一7
一6
一5
一4
一3
一2
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
42.30
4.15
0,331
160.67
36.40
一1.75
一〇.139
187.99
33.60
一4.55
一〇.363
201.28
31.20
一6.95
一〇.554
213.64
30.00
一8.15
一〇.649
220.47
29.30
一8.85
一〇.705
224.83
3:00
3
26.20
一11.95
一〇.952
252.16
4:00
4
25.9Q
一12.25
一〇.976
257.42
5:00
5
25.70
一12.45
一〇.992
262.75
6:00
6
25.60
一12.55
一1.000
270.00
7:00
7
27.10
一11.05
一〇.880
298.36
8:00
8
30.20
一7.95
一〇.633
320.73
9:00
9
34.60
一3.55
一〇.283
343.56
10:00
10
40.00
1.85
ド0。147
368.45
11:00
11
43.70
5.55
0,442
386.23
12:00
12
47.90
9.75
0,777
410.99
13:00
13
50.70
12.50
1,000
450.00
o
一3.46
一265.67
一33.87
一277.99
一276.28
一44.48
一273.64
一41.84
一265.47
一254.83
一23,03
一230.99,
一255.00
一46.19
一33。67
0.81
一2.32
1=time
]V=皿/皿(Max)』sin(ω≠一7sinω’十ε1)
皿=soil temperature at 2 cm depth.
V=sinヨ(W)=ω’一γsinω’十ε1
=θo十Rlsin(ω’一γs勿ω≠十ε1)
V[=1×15=ωt
皿=∼1−V=γsinω’一ε.1 :一ε1=皿(Mean)
皿=∼巫一∼狂(Mean)=W一(一231.80)=7sinω’
皿=豆一〔∬(Max)十∬(Min)〕/2
=Rlsin(ω’一γsinω’十ε1)
51
長崎大学工学部研究報告 第18巻 第30号 昭和63年1月
得られた結果は,各層共に周期は正弦曲線にほぼ一
θ=αo十σlCOSω’十∂1Sinω’十σ2COSω’
致している。しかもω’=0は午前零時近くに出現し
十∂2sinω’十…… (14)
ており,位相の一致を示している。
通常は平均項,一日項および半日頃までで充分であ
振幅についても,各層のγsin碗の比較において類
る。しかし㊥式の表現方法では一日項のみではどうし
似性は充分存在しており,γ=45。程度の共通の値を示
ても現実の地温日変化の表現が出来ず,半日項の追加
している。解析の経過の中で算出される㈹式の各層で
を余儀なくされる。しかも(④式によるこの調和級数に
よる表現は全く数学的な処理からの結果である。
のθo,R1,γ,ε1をTable 2に示す。
これに対して前述の砂土の熱特性を考慮した旧式に
Table 2 Values of coefficients in Eq.13 at each
depth of the sand.
よる表現式では,半日項の追加を行わずとも一日頃の
みで観測値良く表現し得ることが検証された。
ここでは,地温日変化の表現式として新たに提案し
depth z(cm)
θo(℃)
一
R1(℃)
7(deg)
τ1(deg)
0
41.10
16.50
45
241.63
た解ω式と従来からの解(④式との関係を論じ,地温日
2
38.15
12.55
45
231.80
変化の表現式への半日項の寄与率を定量的に説明す
4
35.85
9.35
45
219.85
6
34.20
7.10
45
208.55
る。(9)式の関係よりBesse1関数のよく知られた公式
の
を利用すると次の関係が得られる(寺沢)。
Fig.6はz=2cmの測定値とTable 2に示す値を用
いての㈹式の計算結果との比較を行ったものである。
Fig.6に示す結果は,振幅および位相共によく一致
60
Mo=0伽≠1).Mo=一γ/2(〃z=1)
/鯉 (17)
払考脇一(・γ)一み・・(剛
08)
瓦一挙七一(・7)一み・・(・γ)}
(19)
2cm depth
Q[cubted
逼
sin〃リア=1>1sinκ引馬τ2sin 2κ
とおけぽそれぞれの係数ルf1,1V」は以下に示される。
℃
塞
十ノレf3cos 3κ十・・・… (1句
十2>3sin 3κ十…… (且〔り
していることを示している。
50
cos〃η=ルfo+ルflcosκ+1t42cos 2躍
ゆ
940
ε
㈹,㈹式を(助式に代入し,(吻,(ゆ式での両者のθを等し
くおくと次の関係を得る。
30
・40ニー(γ/2)α1
(2①
み1=α1σo(γ)一ノ2(γ)}+2α2{み1(γ)一ノ3(γ)}
14 18 0 6 12 hr
JuL23 1u1・24 Time
Fig,6.Calculated and observed temperature varia−
tions in the sand at 2 cm depth.
十3α3{ノ1_2(γ)一ノ4(γ)}十4α4{ノ’_3(γ)
ニノ5(γ)}+…… ②)
β1=δ1{ノ。(γ)+ノ2(7)}+2δ2{匹1(γ)+ノ3(γ)}
十3δ3{ノ_2(γ)十ノ’4(γ)}→一4δ4{ノ1_3(7)
一ノ5(γ)}+…… 吻
2c皿以外の層についても同様の検討を試みた。これ
2.42=α1{ノ1(2γ)一ノ3(2γ)}+2α2{ノ。(2γ)
によれぽ,0.4cmの層では2cmの層と同様な結果と
一ノ4(2γ)}+3α3{1−1(2γ)一ノ5(2γ)}
なっている。しかし6c皿の層については,測定値と計
一ト4α4{ノ’_2(2γ)一ノ6(2γ)}十・・・… ¢㊧
算値との間には振幅の大きさは一致するが,最大地温
2B2=δ1{ノ’1(2γ)十13(2γ)}一ト2δ2{ノ’o(2γ)
の出現時に約1.5時間程度の位相のいずれを生じた。
一ノ4(2γ)},十3∂3{ノ’_1(2γ)一トノ’5(2γ)}
,十464{ノ1−2(2γ)十ノ’6(2γ)}十・・・… ¢4)
4.2.調和解析項との関係
以上の関係式を用いて2cmの層での測定結果につい
従来,地温日変化の観測値は,(1)式のκを一定とし
て論ずる。測定値が(④式の形で示されるFourier級数
て取り扱った場合の一般解として,調和分解を行った
に調和分解された結果は,
結果が(14)式の形で表現される。この場合この級数の収
α1=一10.10(℃) ,
012=3.06,
劒性は良く一日48個の資料でも第4調和項(14)式では右
α3=0.11 ,
α4=一〇.48’
辺第9項まででかなり正確に観測値を表現することが
δ1=一6.37(℃) ,
62=3.12,
出来る。
δ3=0.64 ,
∂4=一〇.34
52
浅層砂土の地温日変化の一表現法
となり,一日,半日項が他の項よりも卓越している。
1ヲ1=一7.33 , 132=一〇.96
さらに(14)式を正弦級数のみに変換すれば
1∼1=9.44 , 1∼2=1.42,
θ=αo+1∼lsin(ω’+ε1)
ε1=219.13 , ε2=227.2
十1∼2sin(2ω’十ε2) 十…… (殉
となる。
を得る。2cmの測定結果を㈲式に当てはめれば
1∼1=11.94 , 1ぞ2=4.37,
5.結 び
ε1=237.76。 , ε2=404.44。
夏季,界層砂土の表層部に形成される風乾域の地温
となり半日項の1∼2の寄与率は30%を超えている。
変動は,下層部の湿潤域の地温変化,あるいは接地気
これに対して新表現法の場合でも,一般的には地温
層の気温変化にも大きな影響を与える。ここでは風乾
日変化は(②式で示す級数の形で表現されるものであ
域内の熱拡散係数κを一日の周期変動する量として与
る。しかし前節の計算方法を用いたところ,実際には
え,この仮定に基づく熱伝導方程式の解が風乾域内の
(的式に示す一日項のみで充分地温日変動を表現し得る
地温日変化を良く・表現出来ることを示した。以下要約
結果となった。
すれば次のようである。
厳密には第一項のみでなく第二項以下も考慮に入れ
1)表層部に形成される風乾域の地温日変化は
るべきであるがγを適当に撰んで第二項以下を省略し
θ=θo十1∼1sin(ω’一γsinω’十ε1)
得るようにすれぽ実用計算は簡便となる。なおこれは
なる単項で表現可能で実測値とよく一致する。
全く数学的な立場からの議論である。
2)(ゆ式に示す追加項の一γsinω≠は熱拡散係数の日
次に地温日変化を(ゆ式で表現し得ると仮定し,γの
変化に起因する項であることが方程式の解から理解さ
値をFig.5からγ=o.785(45。)≒o.8と決定する。
れる。
そしてこのγの値を用いて,地温が(②式の級数で表現
以上の2項が得られた結論である。ここで示した地
できたとして1∼。,ε.を算出する。
温日変化を1∼lsin(ω’一γsinω’+ε1)またはかかる項
ここでは調和解析結果との関係式㈲∼㈲式を用い㈲
の級数としてΣ1∼。sin[π(ω’一γsinω’)+ε。]にて表現す
式の・4。,B。, R。,τ,を求めると2cmの層では次の値
る方法に対比して,従来からの調和級数で表現して議
を得る。
論されている砂土の熱特性値の算出等の種々の研究を
、40=38.97となりこの値は測定値の最大,最小値の
今一度検討する提案がなされてもよいのではないかと
平均値38.15に当る。
思われる。
ノ11=一10.66 , ノ42=一1.50,
終りにこの論文の作成に当り適切な助員を頂いた松
Bl=一8.25 , B2==一〇.21
原茂教授(九州共立大)に深謝の意を表す。
1∼1=13.00 , 1∼2=1.51,
また観測に多大な協力を頂いている一ノ瀬和雄技官
ε1=238.65 , ε2;266.03
(長崎大学)および長崎県建設大学校に感謝する。
これより地温日変化の表現式において,半日項の影
響が調和解析結果の表現式である⑯式よりも大きく軽
参 考 文 献
減されることが示される。もちろんこれは計算の簡素
1)Jackson, R.D. and D. Kirkham:Method of
化のために近似喧γ=0.8としてR2を小さくしたもの
measurement of the real thermal diffusivity of
でγをより正確にとると一層R2を小さくすることが
moist soil. Soil Sci. Soc. Am. Proc.,22(6),
できる。
pp.479∼482,1958.
4cmの層の場合は次の様になる。
2)松原茂・武政剛弘・薦田広町:気温日変化の一表
α1=一6.24 , 012=1.56,
現法について,九州の農業気象,18,pp.12∼17,
α3=0.10 , α4=0.17
1981.
61=一5.91 , 62=2.51,
3)松田昭美・神近牧男・安東登志広:砂丘地の地面
∂3=ニー0.38 , δ4=一〇.24
付近における温度の垂直分布について,砂丘研究,
1∼1=8.60 , 1∼2=2.94,
16,pp.9∼13,1977.
ε1=226.56 , ε2=391.86
4)野村安治・井上光弘:散水後の乾砂層の発達とそ
2cmの場合と同様にして,・40=36.26(測定値の最
の特性,砂丘研究,18,pp.27∼33,1979.
大,最:小値の平均値35.85)
ノ41=一5.96 , ノ12=一 1.04,
5)新庄彬:温度コウ配下における土壌内の水蒸気
移動について,農土論集,69,pp.8∼12,1977.
長崎大学工学部研究報告 第18巻 第30号.昭和63年1月
53
6)新庄彬・松田昭美・神近牧男1:砂丘地(裸地)
of the Dry Surface Layer in a Sand Dune Field
における土壌の水分及び温度分布に関する一考
(1)Modeling of the Dry Surface Layer of
察,砂丘研究,27(2),pp.64∼74,1980.
Sand under isothermal Steady Conditions.
7)寺沢寛一:数学概論,岩波書店,pp.461∼466,
Agric. Meteor.,42(2), pp. l I 9∼127,1986.
1967版.
9)Van Wilk, W. R.:Physics of Plant Environ−
8)Tetsuo KOBAYASHI, Akiyoshi MATSUDA,
ment. North Holland Publshing Company,
Makio KAMITIKA, Tomoaki SATO:Studies
Amsterdam, pp.140∼142,1966.
ダウンロード

本文ファイル