チャイルド・ライフと
グリーフケア
浜松医科大学附属病院・磐田市立総合病院
チャイルド・ライフ・スペシャリスト
山田 絵莉子
チャイルド・ライフ・プログラム
とは?
北米で実践されている、医療環境における子ど
もと家族を支援する活動である。その活動
(サービス)をチャイルド・ライフ・プログラ
ムとよばれており、チャイルド・ライフ・スペ
シャリスト(CLS)という専門資格を得た者によ
り実践されている。
チャイルド・ライフが目指す
二つの目的
① 入院中において、また退院後に子どもが問
題なく成長し、発達していくのを援助する。
② 医療経験に伴うストレスや不安に子どもと
家族がうまく立ち向かえるように援助する。
CLS とグリーフケア
•
•
•
•
ターミナル期にいる子どものケア
子どもを亡くす親のケア
兄弟を亡くす子どものケア
親を亡くす子どものケア
子どもの発達段階と「死」への理解
~乳児~
理解度
「死」というものがわからない
親の感情を読み取れる
家の中がいつもの違うことは感じ取れる(親が不在なこと)
子どもの様子
ぐずりぎみになる
甘えたがるようになる
身体的症状がでる
生活パターンに変化がでる
大人ができること
できるだけ誰かがそばにいるようにしてあげる
通常通りの生活リズムになるように配慮する
親自身が自分の心のケアをする
子どもの発達段階と「死」への理解
~幼児から5歳~
理解度
生きているものと生きていないものの区別がつきにくい
「死」は一時的なもので、また生き返ると思っている
自分のせいだと思ってしまう
子どもの様子
あまり気にしていない様にみえる
退行的行動が見られる
「死」に関することを繰り返し話す
甘えたがる
大人ができること
何が起こるか、起こっているかをちゃんと説明してあげる
「死」という言葉をつかって説明する
安心できる情報を伝えてあげる
子どもの発達段階と「死」への理解
~学童期~
理解度
「死」について理解し始める
身体の変化に敏感
「死」に対する不安がでてくる
自分の生活への影響も考える
子どもの様子
身体的訴え
「死」を否定する
学力低下または向上
集中力がなくなる
罪悪感
引きこもり気味になる
大人ができること
上記のようなリアクションがあることを理解する
その子を大事にしていることをちゃんと伝えてあげる
感情を表出する機会を作る
「お別れ」を言う機会を作る
子どもの発達段階と「死」への理解
~思春期~
理解度
「死」について哲学的・生理学的な考え方もできる
「自分も死ぬ日がくる」と認識しながら、自分には起こりえないと考える
子どもの様子
大人ぶる
退行的行動
怒りを表す
危険行動
大人の行動に敏感になる
大人ができること
家族や友達とのコミュニケーションを大事にする
家族内の役割変化について明確にする
しっかり親の愛情を伝える
家族を亡くす子どもたちへ
•
•
•
•
情報が必要
「含まれる」ことが必要
思いや感情を表出できることが必要
安心できる場所が必要
病気や「死」の説明
• 信頼している人から、信頼している人のもとで
説明を受ける
• 発達段階に応じた説明をする
• 子どもの話を聞く
• 子ども達のせいではないことをしっかり伝えて
あげる
• できれば「死」という言葉を使う
CLSの役割
• 子どもの発達を理解したうえで「死」についての
説明を行う(手伝う)
• 子どもを「含ませる」関わりをする
• 感情の表出を促す
• 安心できる居場所を作ってあげる
• サポートグループを作ったり、メモリアルサービス
を行う
グリーフケアのガイドライン
•
•
•
•
•
•
•
•
SHOW:
子どものことを想っていることを見せる
TALK:
子どもの目線で話す
GIVE:
理由を説明してあげる
LISTEN: 子どもからの質問や想いを聞く
HELP:
「さよなら」を伝える手伝いをする
INVOLVE: 葬儀などに参加させてあげる
TELL:
今後のことを伝える
PROVIDE: 感情を表出できる機会を作ってあげる
ダウンロード

チャイルド・ライフ・プログラム とは?