壁式鉄筋コンクリート構造
・図解「建築の構造と構法」
116 ~119ページ
・必携「建築資料」
76~77ページ
鉄筋コンクリート構造の種類
(1)ラーメン構造 ≒ 木造の在来軸組構造
・柱と梁の構造体に,床スラブと壁が取付いて
空間を構成する。一般的なRC造構造。
(2)壁式構造 ≒木造のツーバイフォー構造
・床スラブと壁という面で空間を創りながら
荷重を支える構造。集合住宅に多い。
鉄筋コンクリート造の種類
壁式RC構造の特徴
• 柱がなく,壁と床だけで鉄筋コンクリート造を 構成し
たもの。窓の上に,梁(壁と同じ厚さ)が配置。
• 屋上スラブまでの高さは20m以下(5階建て以下)で,
各階の階高は3.5 m以下とする。 → 階段で移動
• 施工が容易で経済的 → プレキャスト工法でも可能
• 低層の集合住宅に向いている
壁式RC構造の構成
壁梁
耐力壁
開口部
耐力壁の必要長さ
耐力壁の必要長さ
耐力壁は45cm以上の長さが必要
耐力壁の必要壁量
15cm
木造平屋建(重い屋根)の1階と同じ
耐力壁の必要壁量
耐力壁をL型・T型に接合させ,座屈を防ぐ
>15cm/㎡
>15cm/㎡
耐力壁の最小厚さ
ダブル配筋にするには厚さ180mm以上
耐力壁の最小厚さ
ダブル配筋にするには厚さ180mm以上
耐力壁の必要配筋量
断面積の比
W18 D10 ダブル @200
180
200mm
鉄筋比=
2×π×5
2
200×180
= 0.44(%)
×100
耐力壁の交差部の配筋
耐力壁は座屈防止のため,L型やT型にする
耐力壁の交差部や端部には
柱の主筋のように
4本の縦筋を入れる
壁式プレキャスト構造
Precast Reinforced Concrete
PCa
壁パネル
床パネル
工場などでRC造の
床パネルや壁パネル
を製作し,現場で組み立てる
基礎は現場打ち
プレキャスト構造の特徴
プレキャスト構造の特徴
• 工場生産なので,合理的に,良質で正確な
床パネルや壁パネルが作成できる
• 施工が容易で工期が短い
• パネルの接合は,突き出した鉄筋を溶接や機
械式継手などで緊結して,モルタルなどを充填
• 構造の規模は,5階建以下で 軒高20m以下
セキスイハイムの工業化住宅
1962年
軽量鉄骨の
ユニット工法
幅:2.4m
長さ:5.0m
高さ:2.7m
大成パルコンのRC造住宅
大成パルコンのRC造住宅
床パネルの接合方法
鉄筋を溶接
壁パネルの接合方法
鉛直鉄筋に壁パネル
の鉄筋を溶接
床パネルと壁パネルの接合方法
鉄筋の機械式継手方法
ダウンロード

壁式RC構造