サンテクノ技術セミナー
高周波技術入門
講座テキスト
その3
平成18年6月30日
3.電子回路

無線機器での電子回路の使われ方





信号の増幅
信号の発振
周波数の変換
変調、復調
その他(制御、波形生成等)
3.電子回路

トランシーバーの定格例








送信出力 144/430MHz帯5~50W
変調方式 FMリアクタンス変調、SSB平衡変調
スプリアス発射強度 -60dB以下(144/430MHz帯)
キャリア抑圧比 40dB以上 不要側波帯抑圧比 40dB以上
受信方式 144MHz帯 SSB/CWシングルスーパーヘテロダイン
144MHz帯 FMダブルスーパーヘテロダイン
受信感度 SSB/CW:-19dBμ以下/FM:-15dBμ以下
選択度 SSB/CW:2.3kHz (-6dB)以上/4.2kHz(-60dB)以下
FM:15kHz(-6dB)以上/30kHz(-60dB)以下
低周波出力 2.0W以上(8Ω、10%歪時)
3.電子回路

増幅回路
ic
Ai   h fe
ib
vO ic RL h feib RL h fe RL
Av 



vI
hieib
hieib
hie
3.電子回路
3.電子回路

帰還回路
v1
vi
v2
A
vf
β
帰還回路全体の利得G は
G =A/(1-Aβ)
|1-Aβ|>1ならばG はA より小さくなる。これを負帰還という。
|1-Aβ|<1ならばG はA より大きくなる。つまりもとの増幅器より
増幅率が高くなる。これを正帰還という。
3.電子回路

発振回路(コルピッツ)
Z
Z = (1 - ω2LC2)
/ {jω(C1+C2-ω2LC1C2)}
分圧の法則から、
β = {Z / (R+Z)}・{1/jωC2 / (jωL +
1/jωC2)} = 1 / { jω(C1+C2ω2LC1C2)R + 1 - ω2LC1 }
またA = -R2/R1なので、まず周波数
条件から、C1+C2-ω2LC1C2 = 0 →ω
= √{(C1+C2) / LC1C2}
このとき、電力条件から、 Re(Aβ) =
(R2/R1)・(C1/C2) = 1、つまり
R1C2=R2C1
3.電子回路

発振回路(ハートレー)
周波数条件から
ω=1/√{(L1+L2)C}
電力条件から (R2/R1)・(L1/L2)=1
つまりR1L2= R2 L1
3.電子回路

周波数変換回路(ミキサ)
半導体素子が持つ非線形特性を利用して周波数変換を行う。
ダイオード(受動素子) を用いたパッシブ・ミキサ(Passive Mixer)
とトランジスタ,FET (能動素子)を用いたアクティブ・ミキサ(Active
Mixer)がある。
3.電子回路

変調回路(AM:振幅変調)
3.電子回路
vm=(Vc +Vs cos st)cosωc t=Vc (1+mcos st)cosωc t
ここでm=Vs/V=(A-B)/(A+B)を変調度と言う。
上式を変形すると
3.電子回路

復調回路(AM:振幅変調)
3.電子回路

変調回路(FM:周波数変調)
上段の可変コンデンサは
下段の点線部で実現され
発振周波数が変化するこ
とで周波数変調が実現さ
れる。C=kvs(t)
3.電子回路
信号波vs、搬送波vcを以下とすると
変調波は
3.電子回路

復調回路(FM:周波数変調)
フォスターシーレー周波数
弁別回路
3.電子回路

分布定数回路
3.電子回路
ダウンロード

サンテクノ技術セミナー