資料
受
付
EV
トイレ
トイレ
2
流し台
山本
×
消防
病棟1
事務・
地域連携
災害
対策
本部
病棟2
リハビリ
近隣病院
外来・透
析・手術
室
放射線部
その他の部
門
PJ
ス
ク
リ
ー
ン
病棟3
医師会理事 電力事業者
県(保健所) 外部専門家
市危機管理課
A病院
「入院患者避難に関する勉強会」
本日の研修会について
*本日の研修は机上演習です。
*○○発電所で原子力災害が発生した場合に、○○病院
の職員の皆さんがどのように活動をすれば良いかというこ
とをみんなで考えます。
*○○病院では、災害医療計画が作成されており、活動
計画が規定されています。
本日は、原子力災害発生を想定して、その活動計画に基
づいた行動を再確認するとともに、改善点を洗い出すこと
を目的としています。
いくつかの質問をいたしますので、病院の災害医療計画
を確認し、チームと相談して考えましょう。
平成27年3月2日10時(平日昼間)
○○発電所で警戒事態(EAL1)が発令さ
れました。
原因は、装置のトラブルで、地震等に複合
したもの(複合災害)ではありません。
県の災害警戒本部が立ち上がりました。
マニュアルの確認
*病院はどこから情報を得ますか?
*災害対策本部はどこに開設されますか、準備物はどこ
にありますか、まず、何を行いますか?
*職員にはどのように情報が伝達・拡散されますか?
*病棟は、何をしますか?
*報告シートはどこにありますか? 誰が記入し、誰がど
うやって本部に提出しますか?
*放射線部は、何をしますか?
*放射線測定機器は、何が、どこに、何台保管されていま
すか?
平成27年3月2日14時(平日昼間)
事態は進行し、EAL2(施設敷地緊急事
態)となりました。
県は、災害対策本部を設置、緊急時モニ
タリングを開始。PAZ住民のうち妊婦等の避
難が開始されます。
*本部は、診療体制をどうしますか?「災害モード」?
Discussion 1
*本部は、次の事項について検討します。
情報収集 担当者、方法、カウンターパート・・・
屋内退避 実施の可否、必要な準備、関連部門・・・
非番の職員の緊急招集 実施の可否、方法・・・
職員の情報共有 方法、担当者・・・
その他
*「災害モード」にスイッチした場合、手術室、外来、透析室
放射線部、リハビリ、検査、病棟、医療連携は何をしますか。
外来の中止
実施中の手術・検査・透析・リハ等の中止
予定手術・検査・透析・リハ等の中止
帰宅誘導、帰棟誘導、会計処理
在宅患者への対応
等の注意点、問題点を確認して下さい。
Discussion 2
*本部は、屋内退避を決定すれば何を指示連絡しますか?
*病棟は、以下について検討して下さい。(必要があれば他部署に相談して下さい)
患者リスト作成 所要時間、問題点・・・
患者への説明、患者家族への連絡 所要時間、問題点・・・
屋内退避のための部屋替え、部屋の準備 所要時間、問題点・・・
その他
*放射線部は、以下について検討して下さい。
職員の個人線量管理 方法、問題点・・・
屋内外の線量測定 方法、問題点、報告書・・・
*本部は、資機材の備蓄に関連して、以下の項目の情報を収集して下さい。
水、食料、(非常用電源) 備蓄量、保管場所、不足時の連絡先・・・
薬品、医療材料、酸素等医療ガス 備蓄量、保管場所、不足時の連絡先・・・
安定ヨウ素剤 備蓄量、配布の方法・・・
*本部は、災害対応の視点および放射線被ばく防護の視点から以下の判断をして下さい。
避難中に発生した傷病者の受け入れ 可否、行う場合必要な準備・場所・・・
不安を感じた一般住民の受け入れ 可否、行う場合必要な準備・場所・・・
職員の勤務 優先的な避難を行うか、職員の休憩場所等の準備・・・
*以下の項目について関連部署は検討して下さい
屋内退避のための部屋替え、部屋の準備、患者の移送
災害時退院の際の退院手続き、紹介状作成、医療連携
平成27年3月2日17時(平日昼間)
事態はさらに進行し、EAL3(全面緊急事
態)となりました。
PAZ住民は全員避難実施、UPZ住民も
屋内退避を開始しました。
Discussion 3
*本部は、屋内退避を実施します。次に何を実施しますか?
*本部は、段階的避難について検討して下さい
患者リスト(優先度順)作成 問題点・・・
随行職員リスト(優先度順)作成 問題点・・・
受け入れ先、車両・要員の要請、時刻の調整
カウンターパート・・・
建物内への立ち入り者の管理 何を行うか、担当者は・・・
その他
*病棟は、以下について検討して下さい。
患者への説明、患者の所持品の準備 所要時間、問題点・・・
避難時持参物の準備 リストアップ、所要時間・・・
紹介状の準備 所要時間、問題点・・・
*他の部署は以下の項目について検討して下さい
職員の勤務ローテーション
職員のメンタルケア
平成27年3月2日20時(平日夜)
事態はさらに進行し、OIL2(近傍のモニタリ
ングポストの値が20μSv/hを超える)と
なりました。
地域の災害対策本部から1週間以内の一
時移転の指示が出ます。物流が停滞します。
平成27年3月3日9時(翌朝)
地域の災害対策本部が調整して、第一陣
の避難が実施されることとなりました。
Final Discussion
*これまでのシナリオを想起して、各班で以下の
様な項目を考えて下さい。
今後検討が必要な点
マニュアルに反映させる必要がある点
準備が必要な物品
ルール化が必要な事項
その他
さらに時間があれば、複合災害の場合について
考えて下さい。
ダウンロード

入院患者避難に関する八幡浜病院研修(PPT:327KB)