教育工学を始めよう
~研究テーマの選び方から論文の書き方まで~
(第1章)
社会情報システム学講座3年
0312002025 大村亮憲
0312002147 松田幸也
研究者としてスタートする
~どのようにして研究計画を立てるか~
まず、何からしようか?
・研究方法はどうしようか?
・どうやって実験をやろうか?
・統計分析はどの方法を使うのか?
↓
方向性が見えないまま方法を寄せ集めるだけ
では、何かうまくやる方法は?
研究の7つのステップモデル
ステップ1:トピックを選ぶ
まずは自分のやりたいことを探そう!
・研究は自分の興味のある分野をやるべき。
↓
・人からもらったりしたテーマではつまらない。
あなたが興味を持ってるのは?
・適応型教授法
・学習者制御
・アニメーションの効果
・教室でのコンピュータ利用法
・遠隔教育のデザイン
・その他?
ステップ2:研究課題を明確にする
ステップ1をもちょっと詳しく。
・選択トピックのどんな問題や関心について研究するのか?
↓
研究課題を明確化せよ。
具体的にいうと
・誰が
・どのような課題状況か
・どのような操作/条件/介入か
・どのような効果か
ほかの人の意見も聞こう
ステップ3:文献検索をする
データベースを活用しよう。
・ERIC
・Psychological Abstracts
キーワードを集めよう。
・シソーラス
・論文を見てキーワードをメモする
・インターネット記事のURLを集める
学会のプログラムを見よう。
・AECT
・AERA
ステップ4:研究課題を明確に述べる
これまでのステップを踏まえ、どのような問題に
答えようとするのか
疑問をリストにして書き出してみよう
・研究を進めるうちに向上の機会はある
↓
・最初に書いたものが完成ではない
ステップ5:研究のデザインを決める
決め手は2つ(主に)
・研究課題が何を狙ったものか
・手元にある資源、条件で実現可能なことは何か
あれもダメ、これもダメ・・・
・パーフェクトな研究なんて誰にもできない。
・大切なのは
‐限られた「時間」「予算」「フィールド」で出来る事か
‐実現するためにはどう行動すればいいのか
ステップ6:方法を決める
必要な項目は
・被験者(参加者)
‐どのような種類の人間が何人必要か
・材料と道具
‐何が必要か、不明確な場合はリストを作成しよう
‐必要なものがわかっているなら、それを作成。
○すでに有効性の確認されたもの
○教育評価テキストを見て作成
・手続き
‐どのような手順を踏めばいいか
‐計画書やプロポーザルなどの形で書いておくとよい
ステップ7:データ分析の手順を決める
どれにしようか?
・これまでの結果から自ずと答えは見えてくる
統計が苦手でも大丈夫!
・聞けばよい。
まとめ
研究をするなら、ちゃんと自分が通るべき
道を決めてからその道にそってやろう。
↓
その方法がここにある
ダウンロード

教育工学を始めよう ~研究テーマの選び方から論文の書き方まで~