各種手術における静脈血栓塞栓症のリスクの階層化(年齢因子を含む)
リスク分類
低リスク
中リスク
高リスク
最高リスク
一般外科・泌尿器科手
術
婦人科手術
・60歳以下の非大手術
・40歳以下の大手術
30分以内の小手術
・非大手術:(60歳以
上、あるいは危険因子
あり)
・大手術:(40歳以上
、あるいは危険因子あ
り)
・良性疾患手術
(開腹、経膣、腹腔鏡)
・ホルモン療法中の患者
大手術:(40歳以上)
+(癌あるいは過凝固
状態)
・骨盤内悪性腫瘍根治術
・血栓症素因/既往/合併の
ある良性疾患
高リスクで静脈血栓塞栓症の既往あるいは
血栓性素因のあるもの
脳神経外
科
開頭術以
外の手術
開頭術
悪性腫瘍
の開頭術
整形外科手術
外
傷
産
科
上肢の手術
・正常分娩
・脊椎手術
・骨盤・下肢手術
(股関節全置換術
、膝関節全置換術
、股関節骨折手術
を除く)
・帝王切開術(高
リスク以外)
・股関節全置換術、 ・重度外傷,
・膝関節全置換術、 運動麻痺を伴
・股関節骨折
う完全または
・脊髄損傷
不完全脊髄損
傷
・高齢肥満妊婦の
帝王切開術
・凝固異常症,静
脈血栓塞栓症の既
往のある経腟分娩
高リスクで静脈血
栓塞栓症の既往あ
るいは血栓性素因
あるいは肥満
(BMI≧30)
帝王切開で静脈血
栓塞栓症の既往あ
るいは血栓性素因
のあるもの
高リスクで静
脈血栓塞栓症
の既往や血栓
性素因のある
もの
リスクを高める因子=凝固異常症、静脈血栓塞栓症の既往、悪性疾患、癌化学療法、重症感染症、中心静脈カテーテル、長期臥床、
下肢麻痺、ホルモン療法、肥満、静脈瘤など。
(凝固異常症=アンチトロンビン欠乏症、プロテインC欠乏症、プロテインS欠乏症、抗リン脂質抗体症候群など)
大手術:腹部手術もしくは45分以上のその他の手術
予防ガイドラインにおけるリスク分類と推奨予防法
リスクレベル
推奨予防法
低リスク
・早期離床と積極的運動
中等度リスク
・ 弾性ストッキング または 間欠的空気圧迫装置
高リスク
・間欠的空気圧迫装置または 低用量未分画ヘパリン
最高リスク
・間欠的空気圧迫装置+ 低用量未分画ヘパリン
・弾性ストッキング+ 低用量未分画ヘパリン
・用量調節未分画ヘパリン
・用量調節ワルファリン
低用量未分画ヘパリン:5000単位皮下注.12時間または8時間毎
用量調節未分画ヘパリン:初回3500単位皮下注.4時間後のAPTTを正常下限に
維持するように8時間毎に±500単位を増減
用量調節ワルファリン:PT-INR1.5-2.5になるように内服を調整
理学的予防法禁忌症例
弾性ストッキング
間欠的空気圧迫装置
•
•
•
•
•
•
•
閉塞性動脈硬化症
バージャー病
その他下肢の血行障害
閉塞性動脈硬化症
バージャー病
深部静脈血栓(+)
深部静脈血栓(+)疑い
長期臥床(3日以上)
下肢麻痺
下肢固定
下肢浮腫,
下腿周囲径左右差(+)
抗凝固薬慎重投与症例
一般的には,止血が確認された後,投与するが,
以下の手術では更に慎重に投与適応を決定する
• 脳外科手術
• 脊髄手術
• 多発外傷手術
ダウンロード

理学的予防法禁忌症例