個人輸入セミナー
=個人インポートビジネス BEGIN!=
講師 武上幸之助(拓殖大学大学院教授)
1
1.小資本・個人輸入ビジネス
*貿易で最も優遇された「個人輸入」制度:例外措置
個人輸入: 自家消費が前提(数量ベース)
⇒原則、簡易関税率/手続き(郵便局が税務代行)
(課税価格10万円以下) (化粧品24個迄薬事法許可不要)
小口輸入: 一部転売可能の小規模輸入
⇒優遇関税 / 簡易手続き
(20Kg以下は郵便局で輸入できる)
貿易輸入: 企業の大規模輸入
⇒ 一般関税率 /輸入管理
(20Kg越えると乙仲が代行、船積手配)
*輸出は国際収支を黒字化、輸入は赤字化する。
輸出は個人・企業も奨励、輸入は原則規制。
2
2.個人貿易の開業心得
*個人輸出は、物価高の日本からは不利。また国内販売競争が激しく商品が限定される。
*個人輸入は、日本の市場特性が分かれば、商材選択・仕入れがポイントとなる。
日頃の消費経験で売れ筋を観察する。「仕入れ」が勝負。
(小規模ビジネスのメリット・デメリット)
①個人の力量(時間と資本、そしてモラール:やる気)の中で、どんな企画が可能か。
・HP開設、自営店舗、委託販売、開業予算、得られる融資、先行する成功経験事例
②個人輸入に適した商品(ブランド、産地、価格、流通)と競争相手
・「自分だけの小世界」にいかに人を惹きつけ訴求効果を持たせるか。
③個人開業の協力者
・ジェトロ横浜 ・東京商工会議所 ・中小向け金融機関 ・各サプライヤー業者
・委託販売協力店舗 ・海外知人(日本在住、在留の外国人など)
④個人開業のタブー(情報収集が大切)
・悲観、批判主義(ひとりぼっちにならない) ・協力者を名乗る敵(ウェブショップでは嫌
がらせは当然と割り切る) ・思惑、見当違い(他人の意見に耳を傾ける)
3
3.開業までの手順―小口輸入フロンティア
個人輸入に適した商品:輸入雑貨・趣味、コレ
クション、クラフト、アンティーク等。
*「輸入商品で生活文化をこころ豊かに」
輸入雑貨は、ニッチ商品:日常、発想の網を張り
巡らせ好奇心と連想力で攻める。

4
4.小口輸入の定番商品と輸入採算
関東地域(東京港、横浜港陸揚げ・通関)
1.食品: 「米粉、チョコレートプリパレーションは米、砂糖の高関税をクリアでき
る有望商品」
乾物乾麺(タイ・ベトナム)、アスパラガス(豪州)、アメリカンチェリー(加
州)、京野菜(中国)、生クッキー(US)
ナタデココ(比)、蜂蜜(中国、アルゼンチン、トルコ)、杜仲茶(中国)、ミネ
ラルウォータ(仏)、珈琲(ベトナム)
2.衣類:「ブランド衣類は並行輸入の主力商品」
古着(US)、絹寝具(上海)、
3.革製品:「意匠権に要注意商品が多い」
ハンドバック、ベルト、靴(仏、伊)の香港シンガポール経由並行モノ、NIK
E(インドネシア)
4.日用品:「高級品は欧州、安価品はアジア商品」
炭・活性炭(ベトナム)、洗剤(韓)、食器(ベトナム)、時計(スイス)
5.家電:「日本製品の決め細やか性能」 日本への輸入は「Tマーク」が必要
扇風機、オーブントースター、TV(タイ、中国)、シェーバー(インドネシア)、
カメラ(中)、電気毛布(日本メーカー)
5
6.祭礼:「委託加工品の再輸入には特別減税制度がある」
しめ縄、熊手、半纏、提灯(中国)、墓石(韓国)
7.切花:「季節商品でプロも難しい」
菊(台)、バラ(中)、ラン(中)、カーネーション(伯)
8.玩具:「最もトラブルが多い分野・幼児向けは食品安全法を
クリアする必要」
ビーニー(Beanie )ミニカー・プラレール、リカ・ジェニー
(深)、鉄道模型(独)、
9.自転車:震災以後帰宅困難リスクで売れ筋になった。
マウンテンバイク(中)、高級品(TREK・US)
10.スポーツ用品:「並行輸入の盲点に意匠権侵害差止めが
あるから要注意」
クラブヘッド(台)、コールマン・キャンプ用品(US)
11.プレハブ住宅:カナダ、韓国 2X4キットは日本の半額
6
7.採算の目安:
販売経費の節約がポイント


1.商材(輸入品流通価格1/3で仕入れ)1万ドルを越えるとL/C。
2.仕入れ諸経費(B/Lアズアレ:アメリカに多い送料・梱包
量、ハンドリングチャージの大幅上乗せ)


3.簡易税率 (なるべくEMSを用いる)
4.配送料・保険料(送料も保険料も自由化されている)
(CFRの方がCIFより個人貿易では便利:
⇒保険は輸入国でかけると補償を受けやすい)

5.利益(青色申告して経費を落とさないと利益出ない)
(仕入れ1/3、経費1/3、利益1/3で値引きも考慮)
7
8.小口輸入の成功(利益の出やすい)条件

①「ある程度の量を購入する」
⇒貿易は経費を抑えないと利益出ない

②「国際宅急便の速達を利用しない」
⇒Fedex, DHLなどよりEMS(郵便局)を利用する

③「簡易関税の高くない品」
⇒革製品など並行輸入には不向き

④「国内にレアな商品、ブランド商品」
⇒流通価格が良く分からない希少品
8
9.イージースタート:
小口輸入ビジネスの流れ
①商品と地域(産地ブランド)の絞込み
→商品ジャンルと特産地(産地ブランド)
( ebayで評価高い出品者のストアへ交渉)
②交渉、サンプル取寄せ、検討
→サンプル販売でテスト輸入
(日本で共同で売ってみると引合いを出す)
③試験販売
→委託販売で売れ行きを確認する
(高額品をHPで売るのは困難。貸し棚利用)
9
私の個人貿易:小成功・大失敗
(人のタイプと視野):現実的・夢想的な人とビジネス・ビジョン
(反省)自分の狭い見識 → 商材開発の制約
(経験)貿易技能
→ 海外経験
(小成功)趣味
*「ライカLEICA」 「絵画」 から「鉄道模型」 → コレクションと知り得た人々
(大失敗)実益
*ビジネスに趣味を持込む → 不良在庫の拡大再生産
(今後の個人ビジネス)
*見直される「日本の最も輝いた時代の秀逸製品」の逆輸入商品
時計、カメラなど精密工業製品、象嵌工芸品、宝飾品、空冷バイクなど
10
個人輸入の情報源
*(財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
対日アクセス支援課
東京都豊島区東池袋3-1-3ワールドインポートマート6F
03(3989)5151 *貿易相談*会社設立・経営
*(社)日本通関業連合会 個人輸入通関相談センター
東京都港区西新橋1-1-3 東京桜田ビル3F
03(3593)8401 *個人貿易相談
*JETRO日本貿易振興機構
東京都港区虎ノ門2-2-5 03(3582)5570
ジェトロインポートセンター
⇒リポート「輸入最前線」は情報源になる。
11
ダウンロード

「1」をダウンロード