神奈川県条例の概要:
・日本初の受動喫煙防止条例
・不特定又は多数の人が出入りする施設が対象
(特定の人しか出入りしない職場などは対象外)
・第1種施設(学校・病院・劇場・販売店・公共交通機関・官公庁施設、等)
→ 禁煙 (但し、喫煙所の設置可能)
・第2種施設(飲食店、宿泊施設、娯楽施設、等)
→ 禁煙 又は 分煙 (喫煙区域の設置可能)
・特例第2種施設(100㎡以下の飲食店、700 ㎡以下の宿泊施設、風営法
対象施設)
→ 努力義務
・禁煙又は分煙を講ずる義務、 表示義務、 未成年者の保護
・罰則(過料) 違反喫煙者 → 2千円
施設管理者 → 2万円
なお、第2種施設に係る罰則は、平成23年4月から施行
1
兵庫県条例の概要:
・日本で2番目の受動喫煙防止条例
平成24年3月21日公布
平成25年4月1日施行、 罰則規定は平成25年10月1日施行
民間施設等についての施行はさらにその1年後。
・不特定又は多数の人が出入りする施設が対象(神奈川と同様)
・保育所・幼稚園~高校 → 敷地内全域禁煙
・病院、官公庁庁舎
→ 建物内全域禁煙 (喫煙室不可)
・大学・専門学校、薬局
→ 喫煙室の新設は不可
・公共交通機関、販売店、金融機関、宿泊施設、飲食店、
サービス業施設、等
→ 原則禁煙、 分煙にできる
100㎡以下の施設については喫煙可
・表示義務、 未成年者の保護、 屋外観客席・観覧場所の努力義務
・罰則
違反喫煙者 → 行政罰 過料 2万円以下
施設管理者 → 刑事罰 罰金 30万円以下
2
ダウンロード

パワーポイントファイル - So-net