音声と連携する受注システムの
拡張開発
XXX
はじめに
 本資料の目的
 音声と連携をする受注システムの拡張開発プロジェク
トの提案
Agenda
 現状認識
 事業性評価
 オポチュニティ
 収益性
 提案骨子
 プロセス
 開発範囲
 スケジュール
 前提
 体制
 方向性
 予算
 実現プラン
 開発成果物
 参考資料(添付):Web
with パーソナルメディア
現状認識 1/3
 受注システムと関連する通販事業は成長
 2006年の通販市場規模は4兆4130億円の見込み



うち物販が3兆8135億円
コスト削減を目的としてカタログ通販からの以降が増えPC
向け市場の規模は1兆5171億円
2008年には22%増の5兆3916億円へ
現状認識 2/3
 ネット受注は増えているが電話も健在
 2005年受注メディア比率(複数回答)
電話
49.8%
郵便
42.0%
PC
41.1%
携帯
6.3%
現状認識 3/3
 音声のIP化により、より容易にシステムと連携
 コールセンターはIP化は2005年度~2008年度にかけて、
成長率28.3%の高成長が予想されている。2008年度に
は、市場ウェートの78%をしめる
 ただし、IPコールセンターの導入は大規模に留まる
 IP化のイニシャルコストが高いため、小規模での導入
の意味がない
オポチュニティ 1/2
 通販事業でも電話に根強い人気
 「感情が伝わる」ことの大事さ



声が聞こえる
リアルタイムなコミュニケーション
音声に含まれる「感情情報」が重要
 Webやメールによるアプローチを苦手とする人(シニ
ア世代を中心に)の取り込み
 PC、携帯だけなく音声への取り組みが重要
オポチュニティ 2/2
 低コストかつオープンな音声/システム連携に可能性
がある
 しかも既存のWeb技術ノウハウが転用できることが望
ましい。(J2EEアプリケーションサーバ内でのAPIを
使ったような開発)。一般開発者には音声系アプリの
ノウハウはない。
 特にWeb/Javaアプリケーションとの連携は大きな可能
性を持っていると考えられる。
 音声とシステムの連携を低コスト、オープン、Web
で実現することが重要
狙うべき市場 1/3
 ECサイト+音声というパッケージ
 IP電話は昨年から安価なパッケージが登場している。
一方、ECサイトにおいても古くから多くのパッケージ
が存在している。
 しかし、両者を高レベルで連携させたパッケージは存
在していないと考えられる。これは大きな競争力にな
る。
 音声業界からみればマルチコンタクトセンターとして
のアプローチ(顧客チャネルの統合)
狙うべき市場 2/3
 小規模マルチコンタクトセンターへのフォーカス
 小規模とは30席以下の示す。
 現状、IPコールセンターは大規模が中心であり、小規
模への展開が行われていない。
 また、中小規模通販事業者において、マルチコンタク
トセンターへのニーズは強いと考えられる。ここには
大手が参入してくることはないため、有望な市場と考
えられる。
狙うべき市場 3/3
 サービスビジネスへの展開
 コールセンターにおいて最もコストになるのは人件費
である。また、コールセンター人員の教育は精神衛生
の問題も含め、高いノウハウが必要とされる。
提案骨子
 受注システム に、音声(IP電話、FAX)を連携させ
る会長システムの開発を実施したい。
 本システムとの連携によって、PC/携帯だけでなく全
てのメディアをサポート可能に
前提
 OSSを積極的に活用・連携して、開発を進める
※例:SIPropプロジェクトについて次ページを参照
参考:SIPropプロジェクトとは
 IP電話向けプロトコルとして重視されるSIP関連の
OSSを開発するコミュニティ
 開発プロダクト
 SIProp


VoIP相互接続問題解決B2BUA&UAフレームワーク
IPA主催2006年前期未踏ソフトウェア事業採択
 雷電

クライアント間マッシュアップ用UA Servletアプリケーショ
ンサーバである。
 HOTARU

WIDEプロジェクトと共同開発のNGN/IMS参照実装開
実現の方向性
 音声関連の技術においてもオープンソースソフトウェア
(以下OSS)化が進んでいるため、これを積極にて採用
する。
(GPL)
 SIProp (ASLv2)
 雷電 (ASLv2)
 Asterrisk
 VoIP関連は技術が多岐に渡り1社に全てを開発するのは難
しいため、国内のオープン系VoIPベンダーと連携を行う。
 例


ターボリナックス様
IP-Vision様
範囲
 開発範囲は以下のとおり。
 PBXシステム

電話公衆線と音声システムを橋渡しするためのシステム
 VoIP/Webアプリケーションサーバ

音声システムとWebアプリケーションを橋渡しするための
アプリケーションサーバ
 受注システム連携プラグイン

受注システムと連動するためのアプリケーション
 ただし、PBXシステム、VoIP/Webアプリケーション
サーバは、OSSを活用することにより、開発費を削減
する
実現案 1/2
 受注シナリオ
 CTIは、顧客から電話があると電話番号から顧客情報
を判別し、最適なオペレーターに接続。同時にオペ
レータの画面には顧客情報を表示する。

受注システム連携プラグインにより実現
 オペレーターは顧客情報と商品情報を見ながら受注を
行う。
 同じ顧客がECサイトから注文した場合も、受注履歴と
してきちんと残っている。
実現案 2/2
 構成図
開発成果物
 受注システム連携
 サーバプッシュ型イベント配信(Ajax)
 受注システム連携プラグイン
今後の可能性
 音声コンポーネントとしての可能性
 本システムは、音声とWebアプリケーションをつなが
る包括的な手段を提供する。そのため、受注システム
に限らず、販促、営業、マーケティングなど幅広い分
野へ展開する可能性がある。この点についても検討を
進めていく
 当初より多くの可能性を追求しすぎることは技術の方
向性を曖昧にすることになりかねない。まずは受注シ
ステム連動を最優先し、そこで得た知見を展開してい
くというプロセスをふむ
事業性評価
収益性
プロセス
スケジュール
 以下のスケジュールを予定する
2007/9
2007/11
2008/01
2008/03
2008/05
2007/07
体制
予算
# 項目
1
2
3
4
単価
数量
金額
ダウンロード

voice_commerce_system