総合講座・女性学B
「女性とメディア」
第6・7回 スポーツとジェンダー
担当 有馬明恵(コミュニケーション専攻)
1
1.はじめに
2.講義の目標と内容
3.スポーツにおけるジェンダー研究の重要性
4.スポーツは“男らしさ”の象徴か?
5.マス・メディアに現れるスポーツとジェンダー・イメージ
6.スポーツ・バラエティとジェンダー・イメージ
7.スポーツにおける<ジェンダー神話>
参考文献
2
1.はじめに
(1)受講に際し守って欲しいこと
・私語は慎むこと。
・飲食は控えること。
・メールその他、授業と関係ない行為は慎むこと。
・毎回、遅れることなく参加してほしい。
(2)授業資料の公開
http://lab.twcu.ac.jp/arima
3
2.講義の目標と内容
 スポーツとジェンダー研究のかかわりについて理解
する。
 マス・メディアにおける“スポーツ”を題材に、<ジェ
ンダー神話>の存在と強化について考える。
 その際、スポーツを“すること”と“みること”の双方を
視野に入れる。
4
3.スポーツにおけるジェンダー研究の重要性
ジェンダー研究
=「女性の視点から捉え直す」(1970年代の女性
学)
→「両性間の権力とヒエラルキーの関係性を問う」
→「知=学問」の多くが男性中心主義であることに
挑戦
「体育・スポーツ」は、ジェンダーの秩序やステレオ
タイプなどを再生産する装置である。
←ジェンダー研究の重要性
5
4.スポーツは“男らしさ”の象徴か
 スポーツが得意な女性はかっこいい?
 スポーツをすることで、女性は男らしくなる必要はな
い?
 スポーツが不得意な男性は頼りない?
 男だったらスポーツができた方がよいと思う?
6
女性がスポーツをすることの目的の1つに、
“ダイエット”がある。
女性にとってスタイルがよことは生きていく上で重
要?
“理想のプロポーション”は誰にとっての理想か?
スタイルの良い女性にスポットライトが当たる。
女性は見られる(鑑賞)の対象である。
<性の商品化>
7
スポーツ=「ジェンダーの最後の砦」「セクシズムの温床」
←スポーツは男性の身体上に構築された文化(サッ
カー、ラグビー、オリンピック)
スポーツ=筋力が優れている人に有利な結果をもた
らすゲーム。
⇒男性が女性よりも本質的に優れていることを証明す
るために利用されてきた。
多くの種目が「男子○○」「女子○○」と分かれていた
り、男子だけあるいは女子だけの種目しかないことも本
質的な男女差を前提としていると考えられる。
<ジェンダー最後の砦>
8
アスリートとスポーツ種目に対するジェンダー・イメージ
調査協力者:2008年度C科「コミュニケーション概論
B」
履修者。有効回答数119。
方 法:授業中に質問紙を一斉に配布・回収した。
結 果:プリント参照
・男性アスリート=女性アスリート
“男性性”が高い人たちとの認知。
←スポーツ=男性の領域との思い込み?
・自分≠女性アスリート
9
・ほとんどの種目が“女性向け”ではなく“男性向け”と
判断されている。
←“スポーツは男性がやるもの”との判断?
・ラグビー、アメフト、ボクシング、野球など、“極めて
男性向け”と判断。
←女子が参加できない種目により、女性競技人口
が隠されている?
・重量挙げ、レスリング、空手、サッカーなども“男性
向け”と判断。
←スピード、パワーが必要とされる競技、身体接触
を伴うものは、“女性向けではない”と思われてい
る?
10
・フィギュアスケート、シンクロ、新体操は“極めて女性
向け”と判断。
←勝敗に“美”“芸術性”が伴うもの=女性が得意と
の思い込み?
←容姿が重視されている?
・マラソン、バトミントン、卓球、テニス、ソフトボール、
バレーボール
←日本人女性選手が世界的に活躍しているもの
(→“女性がやってもおかしくない”)
・なでしこジャパンの活躍でサッカーのイメージは変 11
わったか?
5.マス・メディアに現れるスポーツ
とジェンダー・イメージ
スポーツ観戦は、「身体的興奮」「アイデンティティの高
揚」をもたらす(e.g. ワールドカップ、プロ野球)。
ニュース、中継とも男性競技者のスポーツが遥かに多
い。
⇒スポーツ=男性がするもの、男らしさの象徴!
したがって、女性競技(者)が登場するときは、①その扱
いは小さい、②“女らしさ”からの逸脱に着目(“スカートを
はいたことがない”)、③“女らしさ”との一致(“ママの
顔”“料理が得意”)が強調される。
⇒スポーツ界における“ヒロイン”“マドンナ”の創造。
ジョイナー、オグシオ、愛ちゃん、真央ちゃん、田中陽子etc.
12
(1)北京五輪・ロンドン五輪で活躍した日本人女性
選手・チームは、どのように伝えられたか?
(2)北京五輪とロンドン五輪では、日本人女性選
手・チームの活躍の報道のされ方に違いはある
か?
新聞記事の切り抜きを題材に、“女らしさからの
逸脱”“女らしさとの一致”の強調という点につい
て(1)と(2)について、考えてみよう。
13
6.スポーツ・バラエティとジェンダー・イメージ
(1)番組視聴
『関口宏東京フレンドパークⅡ』
2010年8月30日(月)放送
※バラエティ番組を成立させる、対立軸の存在
どんな対立軸が使われているか?
(2)女性に手加減するのは当然
身体能力は、男>女。
女性には不利。
やるのは男性、見るのは女性。
14
(3)女性が男性に勝る場合の解釈
バラエティなので予想外のことも楽しめる。
女性に負かされた男性は、男性そのものではない。
←着ぐるみを着た男性との対決
←女性には有利な条件でプレー
普通の女性ではない。
女性に対する男性の身体能力の優位性を再認?
15
7.スポーツが強化する
<ジェンダー神話>
(1)身体的能力の男女差
男女別平均:男性>女性
しかし、女性トップアスリートは、ほとんどの男性
(98%)よりもスポーツにおいて優れている!
それにもかかわらず、男女別別に競技が行われメ
ディアで伝えられる。
<身体的な男性優位>の維持・再生産される。
16
(2)女性役割の付与
“娘”“妻”“ミセス”“主婦”“ママ”“母親”という枕詞が
女性競技者にはつきもの。
それぞれの女性役割を強調。
北京五輪では、谷亮子の“ママでも金”など。
<新性別役割分業>の強調
17
(3)男性に守られ導かれる女性像の強化
父が指導者(菅原教子、二柳かおり、三宅弘美、etc.)
協力的な夫(楢崎教子、ジョイナー, F.、etc.)
面倒見のよいコーチ(谷本あゆみ、高橋尚子、etc.)
女性は、保護者・庇護者に導かれる
従順で真面目(自立していない女性)
⇒女性自身の強さが割り引かれる
<家父長制>の温存・強化
18
参考文献
羽田野慶子 (2004) <身体的な男性優位>神話はなぜ維
持されるのか―スポーツ実践とジェンダーの再生産― 教育
社会学研究, 75, 105-125.
市村操一・鈴木博 (1996) スポーツ種目の性度に関する研
究 筑波大学体育科学系紀要, 19, 167-171.
飯田貴子 (2003) スポーツ文化の変革を求めるジェンダー
研究 スポーツとジェンダー研究, 1, 2-4.
飯田貴子 (2003) 新聞報道における女性競技者のジェン
ダー化 スポーツとジェンダー研究, 1, 5-15.
伊藤公雄 (1999) スポーツとジェンダー 井上俊・亀山佳明
(編) スポーツ文化を学ぶ人のために 世界思想社 Pp.
114-129.
河原和枝 (1999) スポーツ・ヒロインー女性近代スポーツの
100年 井上俊・亀山佳明(編) スポーツ文化を学ぶ人の
ために 世界思想社 Pp. 132-149.
19
森康司 (2002) 大学運動部員のジェンダー観:スポーツ価
値意識との関連を中心に 人間科学共生社会学, 2, 4761.
森康司 (2006) スポーツ実践とジェンダー観:大学生調査
から 人間科学共生社会学, 5, 77-88.
來田享子 (2003) オリンピック大会への女性の参加をめぐ
るIOC内部の議論とIAAFの擁護 スポーツとジェンダー研
究, 1, 39-53.
斉藤慎一 (2006) テレビニュース番組における性役割描写
とその影響に関する研究 Women’s Studies 研究報告
26.
田中東子 (2003) ジェンダー化された身体とスポーツ マ
ス・コミュニケーション研究, 62, 40-57.
谷口雅子 (2007) スポーツする身体とジェンダー 青弓社
山科花恵・入口豊 (2006) サッカー競技とジェンダーに関
する一考察 大阪教育大学紀要, 54(2), 5-23.
20
最後に
•
来週から、曽我芳枝先生が担当します。
•
ご清聴ありがとうございました。
21
ダウンロード

スポーツとジェンダー - lab.twcu.ac.jp