農薬の話
食の安全と安心の違い
エキくん
西田立樹
リュウくん
農薬とは?
大規模農薬散布
農薬ってこんなもの
H24年出荷量:19.7万トン
出荷金額:国内3348億円
(農薬工業会より)
世界 約4.7兆円
(植物防疫協会より)
単価は 3348億÷19.7万トン
≒1700円/キロ
主には殺虫剤・殺菌剤・除草剤がある
有効成分と補助成分で出来ている
日本には 登録上 約7600種類
約530種類の有効成分 がある
そのまま、または水で薄めて散布する
農薬の性能
1回の農薬散布でどれぐらい農薬をまくの?
(試算:有効成分10% 1000倍希釈 200L/10アール)
→10アールあたり有効成分20グラム
(1平米あたり 0.02グラム)
農薬の選択性(殺虫剤の例)
半数致死量をラット(ねずみ)と害虫(イエバエなど)についてラット/害虫
で計算した指数。数字が1だと全く選択性が無く、大きいほど選択性が高い。
殺虫剤の種類
パラチオン
DDT
フェニトロチオン
パーメスリン
クロロフルアズロン
メソプレン
選択性
4
昔の殺虫剤
59
248
2143
35416
1730000
どうして選択性がでるの??
殺虫剤:
脱皮をじゃましたり、虫の体内で活性化したり・・・・
虫とほ乳類では神経の作りが少し違う。 など
殺菌剤:
菌と動物の細胞は構造が違う。胞子を作るのをじゃましたり。
植物に抵抗性を持たせる。 など
除草剤:
光合成をじゃましたり、発芽を邪魔したり・・・
植物だけが持っている成長ホルモンを邪魔する。 など
身近な殺虫剤は・・・・
フェニックス・プレバソン(ジアミド系)
昆虫の筋肉細胞の電解質バランスを崩して、筋肉が縮っぱなし
になり、行動不能で死亡する。
スピノエース アファーム(マクロライド系)
昆虫の神経細胞に作用して、筋肉が硬直化し死亡する。
アクタラ アドマイヤ ダントツ モスピラン(ネオニコ系)
昆虫の神経細胞のシナプスに作用して、神経の情報伝達が麻
痺して体の動きが止まり死亡する。
カスケード(脱皮ホルモン系)
脱皮を促進し、準備不足で脱皮してしまい死亡する。
農薬の法律
•農薬登録制度
•農家に正しい使い方を提供
•食品残留農薬の監視
•輸入食品の安全性確保
•環境中の農薬監視
•排出量の管理
•保管輸送管理
•農薬製造管理
農薬取締法
(農水省)
食品衛生法
(厚生労働省)
環境基本法
PRTR法
(環境省)
化審法
消防法など
(経済産業省)
たくさんの法律があります
農薬の安全性について
安全とは相対的なもの
農薬を使うのと使わないのではどっちが安全?
使う
使わない
足腰
○除草剤ふるだけ
×かがんで草引き
眼
×眼に入ったら痛い ○なにも心配なし
食卓
○食いっぱぐれなし ×凶作ならどうしよう
川の魚
×魚毒リスクあり
○なにも心配なし
疫病
○田に入らないし
×咬まれる刺される
アレルギー △化学物質原因なら △食物原因なら
栄養
○多種食物を食べる ×収穫作物が偏る
目的によってどっちが安全かは変わる
安全だけでは決められない
安全に到着する確率が高いのは電車
なぜみんな電車乗らないの?
東
北
海
京
道
安価に運べるのは船
迅速に運べるのは飛行機
寄り道できるのは車
地球環境を汚さないのは自転車
各人の趣向もある
私は飛行機嫌いで・・・
スポーツカーでぶっ飛ばすと楽しい
自転車旅行は私の趣味で・・・
なにを使うかはバランス感覚で決まる
•コスト
•労力
•安全性
•時間
•技術
•必然性
•趣味
•気まぐれ
•流行
•国策
•時代
必
要
性
どんな判断にも損得勘定が入っている
リスクベネフィット論
農薬と車のリスクベネフィット比較
車
農薬
急性毒性
交通事故・自殺
散布中の事故・自殺
慢性毒性
排ガスによるぜん息・アトピー
発ガン性など
アトピー・発ガン性・
催奇形性など
公害
騒音・悪臭・大気汚染・温暖化
生態系への影響・残留
その他
暴走族・犯罪利用
渋滞ストレスなど
農村文化衰退・犯罪利用
食の不安など
効率化
大量輸送・高速輸送
コストダウン
大量生産・安定生産
コストダウン
健康
安全・移動労力の低下
栄養・バランスの良い食事・
農作業労力の低下
余暇
観光・レジャー
農家の余暇拡大・グルメなど
その他
経済拡大・防災・文化拡大
経済拡大・環境保全など
農薬が社会に与えたインパクト
増収
楽になった
日本の米自給率が100%に
なったのは1960年代。
歴史上初めて日本人全員が
白米を食べられるようになった
週末農業
兼業農業
農家も海外旅行できる時代に
作物は子供のように大事
安定生産
健康増進・長寿
食料の心配をしなくて
済むようになった。
その日暮らしから脱却
十分なカロリー摂取
多種の栄養
農村の軽作業化
疫病減少
増収
農薬を使わなかった場合の減収率
トマト
キャベツ
もも
りんご
大豆
小麦
水稲
0
20
40
60
減収率%
80
100
楽になった
10aあたりの除草労働時間
60
50
時間
40
30
20
10
0
1940
1950
1960
1970
年度
1980
1990
2000
負のインパクト
残留農薬
農薬そのものの残留
食べ物に農薬がついてるはず
だけど食べて大丈夫??
アレルギー??
過敏症??
たくさんまいてるけど自然界に
蓄積しないの?
ダイオキシンなどやばい不純
物は入ってないの?
農家の健康被害
自然破壊
農薬中毒
かぶれ
目が痛い
その他・・・・
野生生物は?
環境ホルモン??
農家の健康被害
農薬散布で中毒症状を感じたことがある人:17~32%
(1986年の徳島県市町村調査)
その原因:1位防備不十分 2位体調不調時 3位不注意
http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/digital/webkiyou/33/3316.html
普通物82%
劇物 17%
毒物
1%
残留農薬について1
まず、動物実験によって一生涯食べても毒性が出ない量(最大
無作用量)を求めます。
最大無作用量に安全係数をかけます。
安全係数は通常1/100。
許容一日摂取量(ADI:単位はmg/kg体重/日)が求まる。
体重1キログラムにつき1日○○mgなら一生涯食べても大丈
夫だろうという意味。
残留農薬について2
日本人が何をどれぐらい食べているか調べます。
それら全ての食料にある農薬が残留していたとして、全てを合計した量がADI
の8割を越えないように残留農薬基準を設定します。
すべての食品に残留農薬基準値ギリギリの農薬が含まれてい
て、それを毎日食べたとしてもADI以下になる。
農薬残留基準値の考え方
食
品
を
経
由
し
て
摂
取
す
る
農
薬
量
人 の 一 日 摂 取 許 容 量
(mg/人 = ADI × 体重50 kg)
その他の農作物からの摂取量
茶からの摂取量
りんごからの摂取量
大根からの摂取量
小麦からの摂取量
米からの摂取量
(基準値ppm × 米の摂食量)
理
論
最
大
摂
取
量
(mg/人)
残留農薬の実態1
農作物にはどれぐらい農薬が残留しているのか
平成18年度
検査数
検出数
基準を超えた数
国産
633,203 2,314(0.36%)
21(0.003%)
輸入
2,822,516 7,490(0.27%)
396(0.014%)
厚生労働省発表データ(よく引用されている)
検査件数=検査作物数×検査対象農薬の種類
1つの検査作物につき20~400ぐらいの検査
をするので、検査件数が多くなっている。
残留農薬の実態2
検査件数を検査した作物の数にすると・・・
輸入合計
品数 検出品目 オーバー
野菜
1476
234
4
15.9%
0.3%
果樹
395
118
1
29.9%
0.3%
麦
68
13
19.1%
豆
329
10
3.0%
茶
39
17
43.6%
国産合計
品数 検出品目 オーバー 基準値無
野菜
442
84
1
14
19.0%
0.2%
3.2%
果樹
106
54
50.9%
玄米
33
7
21.2%
H14~H16に発表された6機関7データを集計して作図
平均すると検出率が25%ぐらい。
基準値オーバーが0.2%ぐらい。
残留農薬についての結論
すべての食品に残留農薬基準値ギリギリの農薬が含まれてい
て、それを毎日食べたとしてもADI以下になる。
残留農薬基準値を超えた作物を口にする可能性は低い
農薬分析結果から、日本人の残留農薬摂取量は多いものでも
ADIの1400分の1以下。(H22厚労省発表)
科学的な見地からは残留農薬による健康被害は余り考える必
要がない。
われわれは動物実験での無作用量の5万分の1以下のレベル
の数字に振り回されているのが現実。
発ガン性・催奇形性
なぜガンになるのかもハッキリとは判っていないので、確実に
発ガン性を捉える試験方法は現状ありません。
農薬ではラットとマウスそれぞれに一生涯(1年半~2年)摂取
させてガンの有無を調べます。
日本では最高の濃度で発ガン性が認められれば農薬として使
用できないことになっていますが、基準は国によって多少異なり
ます。
催奇形性(妊婦が食べて奇形児が生まれないか?)も同様な試
験で評価されている。
三世代にわたる繁殖性試験も行われている。
アレルギー
農薬がアレルギー(アトピー性皮膚炎など)の原因になるという
明確なデータは実はない。動物実験ではおこらない。
しかし、現実に無農薬作物でアレルギー症が軽減する例はある。
人間だけに問題が起こること、
農薬といっても500種類あるということ、
無農薬野菜と言っても農薬を使っていないわけではないこと、
アレルギーの悪化要因はストレスが大きいこと、
多分に精神的な要素が関与していると示唆される。
自然界への残留性
DDTなど塩素系農薬は分解されにくく、自然界に蓄積していく。
蓄積することは未知なるリスクを生み出す。
食物連鎖で生物濃縮して思わぬ高濃度に・・・
そのことを指摘したのがサイレントスプリング
1971年に法改正。蓄積性のあるものは使用できなくなった。
土壌残留性や水質汚濁性が試験項目に入っている。
生物濃縮性も調べられる。
それから40年、農薬の顔ぶれも様変わりし、
過去の問題としてとらえられている。
農薬の分解
①紫外線(太陽光)による分解 ← 最大の理由
②雨などによる流亡
③作物に取り込まれ植物酵素で分解される
など
土に落ちれば
①土壌微生物による分解
②土壌に吸着される ・・・・ など
半減期(残留農薬が半分になる日数) は 数日以内。
2週間程度で検出されなくなる剤が多い。
リスクの相対比較
日常生活の安全性を考える上で、残留農薬は他の不健康要因
に比べて取るに足らない
毒性のとらえ方
毒性
一般の認識
毒性ってプールの深さに似てる
←
お
ぼ
れ
る
人
の
数
おぼれる人
1cm 5
10
30 1m 2
3
10
農薬は車と比べて下さい1
昔は「安全」だと言っていたのに、
あとから「安全じゃなかった」と販売中止に
なったりしているじゃないか
昔も車は「安全」だと言っていたのに、
シートベルトもついてなかったじゃないか。
昔の車は今の基準では販売できない代物
技術が進歩して安全性のレベルも上がる。
時代の進歩を理解しなければならない。
農薬は車と比べて下さい2
残留農薬で健康被害が出てるじゃないか。
環境にも悪影響を及ぼしているじゃないか
排気ガスや騒音や振動など公害を引き起こ
しているじゃないか。地球温暖化の元凶じゃ
ないか。
リスクとベネフィットのバランスを考慮せず
に、リスクのことばかり話している。
農薬は車と比べて下さい3
農薬無しでも作物はできるじゃないか。
農薬を使っている農家は努力不足。
自動車なしで暮らしている人もいるじゃな
いか。車を所有している者は努力不足。
ベネフィットの感じ方は人によって違う。
個人の嗜好を無視している。地域差(生活
条件)も無視している。
作物によって基準値は違う
品目名
メトプレン
キャプタン
アゾキシストロビン
キンクロラック
トリフロキシストロビン
イプロジオン
トリシクラゾール
ピレトリン
フルトラニル
ペルメトリン
メプロニル
イソプロチオラン
クロピラリド
ジノテフラン
シフルトリン
チアベンダゾール
フェンバレレート
プロクロラズ
コメ ホ ウ レ ン ソ ウ
基準値 基準値
(ppm
(ppm
5.0
5
5
5
5
5
4
3.0
5.0
3
0.02
3
1
2.0
2.0
2.0
2.0
2.0
1.0
2
2
5
2
5
2
0.02
2
2
2
0.50
2
0.05
空欄は一律基準値
(0.01ppm)
0.01ppmとは
残留基準値が設定されたものは基準値以下に
設定されなかったものは0.01ppmを越えるとだめ
0.01ppmって
1億分の1
重さで言えば100トンの中の1グラ
ムですから
0.01ppmは極微量
・ジャンボ宝くじを10枚買って1等が当たる確率
・サイコロを振って偶数か奇数か28回連続当てる確率
・1000人分の髪の毛から1本の髪の毛を抜く割合
・作物残留で考えれば、、
大きいリンゴが1個300gぐらい。0.01ppmの残留農薬なら、このり
んごに100万分の3gのが付着していることになります。
1滴(0.05g)の農薬を水1Lにたらして、その水をりんごに1滴たら
したぐらいに相当します。
こんなレベルの農薬に一喜一憂することになります
地上散布マニュアル より 引用
輸入品の問題点
ホウレンソウ栽培で・・・・
外国で使われている農薬の中に日本では使
われていない物がある模様。
外国で検出例のある農薬だが基準値なし
例)クロルベンズロン など
海外で使われているが日本の基準値が低い
例)クロルピリホス、フィプロニル など
輸入元では良いのに日本ではダメ
輸出作物の問題点
EU、米国などへの輸出では、輸出先の基準値が
日本に比べて総じて低い、あるいはない
例
(お茶)
名称
基準 米国 EU
50
アセキノシル
50
アセタミプリド
50
クロチアニジン
50
50
クロルフェナピル
35
シラフルオフェン
35
フルオルイミド
35
ヘキシチアゾックス
30
エンドスルファン
30
0.1
カルタップ、ベンスルタップ及びチオシクラム
30
0.05
臭素(臭化メチル)
25
ジノテフラン
25
チアクロプリド
25
テブコナゾール
25
テブフェノジド
25
ビフェントリン
名称
フェンプロパトリン
イプロジオン
イミベンコナゾール
クロフェンテジン
クロマフェノジド
ジアフェンチウロン
シフルトリン
ジフルベンズロン
シペルメトリン
テトラコナゾール
テフルベンズロン
トリアジメノール
トリデモルフ
ブプロフェジン
フルシトリネート
空欄は一律基準値適用(0.01ppmが多い)
基準 米国
25
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
EU
20
食の安全と安心の接点
「GAP」
安心なものってなんだろう?
清潔でよく管理された食品工場
Or
おばあちゃんの手作り
食品工場の方が安全に決まっている
1:どっちが清潔?
2:どっちが安全?
3:どっちが高品質?
4:どっちが真面目?
5:どっちが研究熱心?
すべて食品工場が上
では、食品工場のほうが「おいしい」のか
「安心」できるのか?
安心=楽しい
実はおばあちゃんの手作りのほうが人気があったりする
作っているところが見える
想像できる
毎回同じものができるとは
限らない
なにか隠れたノウハウが
あるんじゃないか?
珍しい、変わってる
なんか期待できそう
理屈じゃない部分・・・わくわく感
単純に言えば
楽しいかどうかが重要
安心=慣れ
もうひとつの「安心」理由
おふくろの味
ふるさとの味
マスコミ宣伝
初めてでも慣れた気分
海外旅行で
日本食レストラン
定番銘柄
いつも食べてるもの
本能なのか?
科学では解明できない部分
慣れというのは重要らしい
安心=安心感
さらにもうひとつの「安心」理由
安心とは・・・・不安がないこと
ほんとうに安全なのか?
安全の根拠は?
信用できるのか?
疑問に答えてくれるのか?
評判は良いのか?
漠然とした人の気持ち
頭の中で考える理屈
科学と対話で解決できる部分か?
安心感に関する考察(脱線)
鳥肉・牛肉
インフルエンザ・BSE
安全だと思っていたのに
そうじゃないみたいなので
不安
いつも入っているお風呂
入浴中に停電
安全には変わりはないが
環境が変わるとなんとなく
不安
住んでいる部屋
前に住んでいた人が
自殺していたことが判明
なにも変わらないが
考えただけで
不安
安心感に関する考察2
不安になる理由はいろいろあるが
単純化すると「未知なるもの」があるということ
将来
変化
疑念
不安全
痛み
不味
食の世界は不思議で・・・
未知なるものに無頓着
わかっていることには敏感
食べることには理性が働かない本能でもあるのか?
でも、もうちょっと理性を働かせましょうよ。
農業でいえば?
楽しい
家庭菜園・有機栽培
契約栽培
慣れ
ブランド・産地限定
品種
安心感
流通タイアップ・宣伝
対話・農業技術
どんな農業を目指していますか?
どんなものを食べたいですか?
GAP
Good Agriculture Practice
日本語で言えば農業規範
•どんな農業生産をやっているかを基準化したもの
•マニュアル・査察・記録・公開・認証
•とれたものが安全かどうかではなく、
とれるまでのプロセスが安全・安心であるかどうか
食品業界では・・・
HACCP ISO9000 ISO14000
(今後は)ISO22000 などが知られる。
たとえばこんなGAP
有機JAS
有機栽培と銘打つために必要な栽培方法を規定したもの
大手食品流通の指図
スーパーや生協向け出荷基準や栽培基準
EUREPGAP
ユーレップギャップ:欧州小売業者を中心に定められたGAP。
植え付けから店頭に並ぶまで細かな決まりがあるが融通も利く
J-GAP 生協のGAP イオングループのGAP ・・・・・・
続々誕生中
GAPの理念
畑は消費者に食料を供給する「工場」
工場と
見なして
工場ならば工場として管理
•原料購入から店頭販売まで品質管理に隙がない。
•工場周辺の環境や住民にも配慮する。
•イメージを大切にする。
農業においても同じ理念でやりなさいということ。
難しいことではない。
GAPの実践
コンプライアンス
(法令遵守)
法律は守りましょう。
トレーサビリティ
(追跡性)
いつどんな原料を使った
か記録しましょう。
アカウンタビリティ
(説明義務)
説明を求められれば説明
できるようにしましょう。
ディスクロージャー
(情報公開)
どんな取り組みをしている
か公開しましょう。
GAPの精神
消費者=お客さん
農家=青年(?)実業家 お手伝い=社員
流通・JAとか=取引先 銀行=取引先
畑・たんぼ=工場 農機=製造機械 種・農薬・肥料=原料
天候不順=設備不調 ケガ・病気=労災 家計=資金繰り
★イメージ大切に★
•服装にも気を使って(近郊農業はサービス業)
•安全指針や宣言を
•イメージ戦略大切に
•常に最先端情報を入手しておきましょう。
農家の農薬使用実態
農水省 平成23年度食品流通改善巡回点検指導事業
(農産物安全対策業務)による調査点検結果
内訳
農薬の総使用 不適正使用農 誤った農作物
誤った使用量
回数
家数
に使用
農家数
4665
39305
16
0.34%
3
0.06%
4
0.09%
誤った時期
4
0.09%
日本の農家の農薬使用は改善されてきたとはいえ
100%遵守されているわけではない。
不適正使用は野菜栽培農家で目立つ。
食品生産業として100%が当たり前だと考えたい。
誤った回数
6
0.13%
農薬を不安がらせているのは誰?
農薬に関して多くの人が不安を感じているが情報ソースは、
テレビや雑誌などマスコミ
マスコミが悪いの?
マスコミの情報ソースは・・・
一部の非営利団体・学識経験者・食品メーカー・資材会社
その活動の原点は?
1:利権
自分たちの商品を売るために一般の農作物の悪口を言う
2:正義感
ほとんど、これに行き着く
活動家の口にする言葉
「農家が自分の食べ物には農薬を使わないと言った」
「農薬業界人が使わないに越したことはないと言った」
ダウンロード

1307nouyakunet