ソーシャルワーク実践研究概論
一般社団法人岐阜県社会福祉士会
会長 宮嶋 淳
博士(ソーシャルワーク)
実践研究の学びのポイント
1.
2.
3.
4.
実践事例を通して、実践理論を学ぶ。
記録の方法を習得し、言語化の意義を学ぶ。
実践を検証する事例研究法を学ぶ。
効果的な実践評価法を学ぶ。
5. 実践研究を客観化するスーパービジョン
6. ソーシャルワーク実践の調査研究法を学ぶ。
7. 成果のまとめ方、発表の仕方を学ぶ。
これからの実践に求められること
1. 専門性を明らかにする
•
どのような理論に基づく知識・技術・姿勢による
利用者並びに地域支援であるのかを説明する
2. 活用されている理論の有効性を蓄積し、他
の専門職と共有化する
•
エビデンス・ベースド・プラクティスの蓄積
3. 実践知(経験知)と理論知の乖離の克服
•
社会が求める「実践力のある社会福祉士」へ
実践研究の視点と方法
1. 視 点
•
•
・・・EBPによる、以下の実践
利用者へのインフォームド・コンセント
社会へのアカウンタビリティ
2. 方 法
– 実践的課題への最適な対応が不可欠
– 最適なサービス提供のための質的向上
そのために
– 研究の場や研究者との連携を行い、
– サービス提供の担い手(専門職)の力量向上に資する
研修等を受講する
実践研究とは何か
日本社会福祉士会の定義
理論の具現化としての社会福祉実践の担い手である社会
福祉専門職が、自らの実践に学ぶことを前提として、言語化
することを通して実践課題を明らかにし、日々のその実践を
客観的に検証し、課題解決に臨み、知見を積み上げるなか
で専門的知識と実践方法の統合と普遍化をめざす一連の又
は循環する取り組みである。
* 如何に「利用者のニーズ」に即して、根拠のある適切な「実
践」が提供できたのか、を研究すること
社会福祉士の力量形成と実践研究
社会的
⇒ 問題の生起 ←実践= 知識や技術・価値を用いて行為・行動する
要 因
↓
←どのように活用するのか、どのような方法で対応するのか
思 考
↓
←得られるべき成果(目標・ねらい・到達点)は何か 検 証
↓
←如何にそれを測定し、評価するのか
蓄積・形成
↓
再 実 践
←そこにどのような法則性(一般性、普遍性)があるのか
社会福祉士にとっての実践研究の意義は、
実践力の向上 である。
1. 自分の実践は、客観的だろうか。
•
どのような尺度に基づいて客観的か。
•
•
•
ソーシャルワーカーの倫理綱領≒価値と原則
国際標準≒IFSWの標準的実践ガイドライン
データに基づく
2. 客観性をどのように他者に伝えているのか。
•
客観的であることの意味づけができているか。
•
•
•
最適性
公平性
妥当性
実践研究の方法と関係性
1. 活動の記録
•
2.
3.
4.
5.
6.
メモ→記録→明確化→精緻化→理論化
事例検討・研究の方法
評価の方法
スーパービジョンの方法
調査の方法
発表の方法
* これらの循環で「理論と実践」相互の向上をめざし、
実践を「共有できる形」にする
「実践の言語化」の方法
•
•
•
•
•
•
記録化
事例化
プロセス・レポート
研究レポート ・・・資料、調査報告、実践記録、研究ノート
口述発表
論文
* 実践研究は、システムである。
ソーシャルワークは、価値・理論・実践が相互に
関連しあうシステムである(IFSW)
記録はどう活かされるのか
• 専門職としてのアカウンタビリティ
– 学生であれば、実習中に「何ができたのか」「残さ
れた課題は何か」を説明し、点検・評価する
• 記録の用途
– 専門的援助契約の締結
– 同上 の継続性の確保
– 所属機関・組織のサービスの質の「証明書」
– スーパービジョンの素材
SWr=反省的実践者
• 反省≒行為の中の省察(ふりかえり)
≒状況と行為とを考慮した対話
•
研究に基づいた理論と技術の使用を意識しているときでも、有能な実践家は暗黙
の認知と判断、そして熟練した振る舞いに依存している。
• 現在では、「暗黙知」を脱皮する必要がある。
• 実践行為の中で、瞬時に形成された理解や意味を問い、実践行為の構造
や問題を捉える自らの「枠組み」を発見する
• 自己覚知
(自身の「癖」「傾向」、得意・苦手なこと、自身の認識の仕方を把握する)
先達の英知
• 坪上 宏: 自己覚知は、それまで気づかなかった
自身の姿に気づくことであり、その由来に気づくこと
である。その為には、自分自身を対象化して眺めて
みることを必要とする。そして記録化とは対象化に
他ならないので自己対象化の方法の1つが、自らの
実践の記録化であるということになってくる。そこで
は第1に記録すること自体を通して、自分自身であ
る程度まで自己覚知に至りうるだろうし、第2に、記
録化したものを媒介に、他者の目を通して更に自己
覚知に至ることが可能であろう。
先達の英知
• 小林良二: 実践研究とは、自らの実践を理論化
する試みである。 社会福祉の現場で「研究」が必
要であるとされる場合、自分のためであれ、部下の
指導のためであれ、組織の将来のためであれ、現
場における経験やデータの収集だけでなく、それら
をある観点から整理して一般化し、課題の意義を問
い直すことが求められており、そのためには、毎日
の「実務」から距離をとり、体系的・理論的な考察を
行うことで、その「意味」を明確にするということが求
められている。
先達の英知
• 根本博司:
社会福祉実践に関する研究における、質的データの収集
による事例研究法を推奨。
「事例」とは、実践を記録化し、文章化した研究資料のこと。
• 現場で働くソーシャルワーカーは、ある特定の理論モデルを
現場に適応して活用した結果、どのような効果が合ったのか
を整理する演繹的方法、とともに現場実践の中から蓄積した
データから、普遍性を明らかにして理論を形成する機能的方
法を展開できる強みもある。
実践記録に盛り込むべき8条件
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
ワーカーは問題状況をどのように捉えたか
相手にそれをどのように伝えたか
伝えられたことを相手はどう捉えたか
その捉え方とそれに基づく相手の動きを、ワー
カーはどう捉えて次の段階に進もうとしたか
実践者に記録化を促す問題意識
所属機関・職員との都合
社会・制度・医療等状況と所属機関・職員との
関係
ソーシャルワーク、社会福祉に関する、理論に
ついての自覚
記録化する3状況
• 小状況:
生活の主体(クライエント)と援助実践の
主体(ワーカー)とに関する状況
ミクロ
• 中状況:
小状況の背景となるものであり、小状
況の展開する病院や施設など、運営の主体に関す
る状況。身近な地域の状況
メゾ
• 大状況:
中状況の背景となる地方公共団体や
国など、政策の主体に関する状況。援助に関する制
度のあり方などを通して捉えることが可能
マクロ
良い記録をとるための留意点
観察する技術
→感受性や直感に磨きをかける。「ソーシャルワーカー感覚」
→利用者の多様な側面を観察
→関与しながらの観察を行う
→援助対象となる人を「生活者」と見る
情報収集する技術
→主観的情報と客観的情報を区分して盛り込む
→「情報収集」と「利用者の気持ちの理解」のバランス
文章を書く技術
→何回も読み直し、推敲する。「一読明快」
実践研究 と SV
共通点と相違点
• 日本社会福祉士会の「スーパービジョン研究」における、
スーパービジョンの要点は、「視点の獲得」である。バイザー
のスーパービジョンによって、バイジーが新たな視点を獲得
し、自己覚知することに焦点があてられている。
• 日本社会福祉士会のスーパービジョンという実践の研究は、
バイジーが新たな視点を獲得するという「変化(成長)」を、バ
イザーが促せたかどうか、に焦点が当たる。
• 実践研究 と スーパービジョン研究 は、
実践対象が異なることになる。
実践をどう研究(論文)に落とし込む
のか(発展させるのか)
• こういう条件・状態のもとで、こうしたら、こう
なった。=実践
• 「こういう条件・状態のもとで、こうしたら、こう
なる。」という見込みに対して、
専門的な見地から「見込み違い(の可能
性)」を指摘し、部分的あるいは全般的に
修正させる=SV
事例を書き留めるために必要なこと
• 概要とは何か
• 5W1H(定点的記述)+時間の経過の記録
• 的確な記録とは、どのような状態か・・・時系
列、逐語録、文脈(コンテキスト)、意味
• バックグラウンド、ライフ・ヒストリー、ナラティブ
• 的確な記録では、記録者による「価値づけ
(断定・憶測・推論)」を排除する
実践研究上の記録の展開(例)
実践対象
↓
見立て(アセスメント)
↓
ニーズ(求められていること:仮説)
↓
「適切だ」と考えられるアプローチの選択(←この選択にも「根拠」が必要)
↓
基準点(起点≒変数)を明らかにする。
↓
介入(アプローチ)する
↓
実践対象の変化
↓
対象のニーズを満たすことができた≒選択したアプローチが適切であった
実践上の仮説・・精度を上げていく
• 利用者は「○○ニーズ」を充たしたい(解消したい)≒仮説
• 実践者は「ニーズ」を充たすために、選択した「△△アプロー
チ」を用いた。
↓
• 利用者の「○○ニーズ」を充たすために、実践者が「△△ア
プローチ」を用いることが有効である。(有効であった。)
≒実践者が想定した仮説は正しかった。
↓
• ここでいう「アプローチ」とは、医療でいえば「治療法」のこと。
• つまり、「治療法」にも適応があるように、「アプローチ」にも標
準化された適応がある。
なければ明らかにしていく必要がある。
SW実践研究自己チェックシート(案)
1. フェイスシート
2. チェック項目
3. 研究方法チェックリスト
事例を用いた研究例~児相のワーカー
• 東海北陸ブロック社会福祉実習教育研究協議会(2012)『ソーシャ
ルワーク・スキルの言語化 事例に学ぶソー
シャルワーカーのスキル』より
参考文献 :
ワークシート含
• 日本社会福祉士会(2013)『社会福祉士のスーパー
ビジョン体制の確立等に関する調査研究事業報告
書』
• 東海北陸ブロック社会福祉実習教育研究協議会
(2012)『事例に学ぶソーシャルワーカーのスキル』
• ソーシャルワーク研究所監修(2010)『ソーシャル
ワークの研究方法』相川書房
• 日本社会福祉士会編(2010)『新社会福祉援助の共
通基盤(下)第2版』中央法規
• 社会福祉士養成講座編集委員会編(2009)『社会
調査の基礎第2版』中央法規
• 平山尚ほか(2003)『ソーシャルワーカーのための
社会福祉調査法』ミネルヴァ書房
• 佐藤郁哉(1992)『フィールドワーク』新曜社
ダウンロード

20131006 jiken jm