地球温暖化と家庭生活
はじめに
 現代、地球では地球温暖化、ごみ問題など
さまざまな環境問題が起こっています。
 こんな言葉を聞いたことはありませんか?





京都議定書
MOTTAINAI
3R
HERB(構造)
クールビズ・ウォームビズ
参考:HERB(構造)とは
 「環境と経済の好循環」を実現することによ
り「健やかで美しく豊かな環境先進国」を目
指すビジョンのこと。
H:健やかで(Healthy)
E:環境(Ecology)と経済(Economy)
R:豊かな(Rich)
B:美しい(Beautiful)
平成17年度版こども環境白書
1 地球温暖化って何?
地球温暖化のしくみ
が表 る き は
上に と が 、 大
昇戻 、 あ 熱 気
すさ 大 る (
中
赤
るれ 気 。 外 の
。る 中 し 線 温
熱にか)室
が吸しを効
吸果
増収、
温
えさ室収ガ
るれ効しス
(
たる果、
地二
熱
め ガ球酸
、のスを化
地量が
球が増暖炭
の増えめ素
温えするな
度、ぎ働ど
地
)
℃
0.8
JCCCA/すぐ使える図表集http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
1961~1990の平均気温の偏差
出典:IPCC第3次評価報告書
0.4
0.0
0.0
-0.4
-0.8
1860 18601880
1900
1920
1940
1960
1980
2000
(年)
℃
1.5
JCCCA/すぐ使える図表集http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
気象庁気候変動監視レポート2004
1.0
0.5
0.0
-0.5
-1.0
-1.5
1900
1920
1940
1960
1980
2000年
36地点の
100年当たりの
年平均気温の
上昇率
(単位:℃/100年)
JCCCA/すぐ使える図表集http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
出所:気象庁「20世紀の日本の気候」
温室効果ガス
太陽からの熱を地球に封じ込め、地表を暖める働き
があるガスのこと
温室効果ガス
二酸化炭素(CO2)
メタン(CH4)
一酸化二窒素(N2O)
オゾン層を
破壊するフ
ロン類
オゾン層を
破壊しない
フロン類
CFC(フロン; クロロフ
ルオロカーボン)、
HCFC(ハイドロクロロ
フルオロカーボン)類
地球温暖
化係数
1
性質
用途、排出源
代表的な温室効果ガス
化石燃料の燃焼など。
23
天然ガスの主成分で、常温で気
体。よく燃える。
稲作、家畜の腸内発酵、
廃棄物の埋め立てなど。
296
数ある窒素酸化物の中で最も安
定した物質。他の窒素酸化物
(例えば二酸化窒素)などのよう
な害はない。
燃料の燃焼、工業プロ
セスなど。
数千から1万
程度
塩素などを含むオゾン層破壊物
質で、同時に強力な温室効果ガ
ス。モントリオール議定書で生産
や消費を規制。
スプレー、エアコンや冷
蔵庫などの冷媒、半導
体洗浄など。
スプレー、エアコンや冷
蔵庫などの冷媒、化学
物質の製造プロセスな
ど。
HFC(ハイドロフルオロ
カーボン類)
数百から1万
程度
塩素がなく、オゾン層を破壊しな
いフロン。強力な温室効果ガス。
PFC(パーフルオロ
カーボン類)
数千から1万
程度
炭素とフッ素だけからなるフロン。 半導体の製造プロセス
強力な温室効果ガス。
など。
SF6(六フッ化硫黄)
22200
地球温暖化係数とは、温室効果ガスそれぞれの温室効果の程度を示す値。ガス
それぞれの寿命の長さが異なることから、温室効果を見積もる期間の長さに
よってこの係数は変化する。ここでの数値は、気候変動に関する政府間パネル
(IPCC)第3次評価報告書の値(100年間での計算)である。
硫黄とフッ素だけからなるフロン
の仲間。強力な温室効果ガス。
電気の絶縁体など。
JCCCA/すぐ使える図表集
http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
数値は気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第3次評価報告書の値
産業革命以降人為的に排出された
温室効果ガスの地球温暖化への寄与度
オゾン層を破壊する
フロン類及びハロン
オゾン層を破壊しない
代替フロン類など
一酸化二窒素
二酸化炭素
メタン
JCCCA/すぐ使える図表集
http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
IPCC第3次評価報告書第1作業部会資料より作成(2001)
二酸化炭素濃度(ppm)
大気中の二酸化炭素濃度の経年変化(過去50年)
マウナロア(ハワ
イ)
綾里(日本)
南極点
(年)
JCCCA/すぐ使える図表集
http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html
気候変動監視レポート2004
世界の二酸化炭素排出量に占める主要国の
排出割合と各国の1人当たりの排出量の比較(2002年)
CO2
1人当たりの排出量でみると
中国の4倍、インドの8倍
CO2
ドイツ
イタリア
CO2
インド
C
O2
日本
CO2
ロシア
CO2
中国
CO2
CO2
アメリカ
アフリカ
JCCCA/すぐ使える図表集http://www.jccca.org/education/datasheet/index.html EDMCエネルギー 経済統計要覧2005年版
気候変動に関する国際連合枠組条約
第3回締約国会議(地球温暖化防止京都会議:COP3)が1997
年12月に京都で開催された。
京都議定書の約束
日本は2008年から2012年までの間に、
温室効果ガスを1990年よりも6%減
らす。
日本の二酸化炭素排出量の推移
(t)
1990年の12.2%増 10
(百万t)
1300
1250
一人当たりの
排出量
9.8
9.6
1200
9.4
1150
9.2
二酸化炭素
総排出量
1100
9
8.8
1050
8.6
1
9
9
0
1
9
9
1
1
9
9
2
1
9
9
3
1
9
9
4
1
9
9
5
1
9
9
6
1
9
9
7
1
9
9
8
1
9
9
9
2
0
0
0
2
0
0
1
2
0
0
2
2
0
0 (年)
3
「日本の1990~2003年度の温室効果ガス排出量データ」(2005.5.26発表)
京都議定書の約束を守るには
日本は2008年から2012年までの
間に、温室効果ガスを1990年よ
りも6%減らす約束をしたが…
2012年以降も大幅に
温室効果ガスの排出
を減らす必要がある。
100年後には
今の50%にする
必要がある
(百万t)
1400
1350
1300
8.3%増
1250
1200
6%減の予定
1150
14.3%減
少させる必
要がある。
1100
1050
1000
1990年
2003年
2 0 0 8 ~2 0 1 2 年
子ども環境白書平成17年版
温室効果ガス排出量を削減するには
どうしたらいいのだろう?
二酸化炭素はどこからでているの?
工業(セメント、石灰
等を作るとき)3.8%
廃棄物の焼却
1.8%
エネルギーを作るとき6.8%
家庭
13.4%
産業(工場等)
37.7%
業務
(オフィスビル等)
15.6%
自動車、船舶等
20.9%
2004年度の温室効果ガス排出量速報値について(平成17年10月環境省)
二酸化炭素総排出量(速報)2004年度
家庭から排出されている
二酸化炭素は1億6902万トン(2004年)
全体の13.4%
わたしたちの生活のどのような活動が
影響しているのでしょうか?
2004年度の温室効果ガス排出量速報値について(平成17年10月環境省)
二酸化炭素総排出量(速報)2004年度
家庭から出る二酸化炭素の内訳
(世帯当たり)(全国)
一般廃棄物
5%
水道
3%
暖房
12%
冷房
1%
自家用自動車
給湯
14%
30%
厨房
3%
照明・動力他
32%
「日本の1990~2003年度の温室効果ガス排出量データ」(2005.5.26発表)
家庭から出る二酸化炭素の内訳
暖
房
電
気
冷
房
給
湯
ガ
ス
厨
房
照明・動力他
ガソリン・軽油・灯油等
自家用乗用車
電気・ガス・ガソリン等のエネルギー使用
一 般 廃 棄 物
に伴う二酸化炭素の排出量が全体の
水
道 91%を占めている。
家族で省エネに取り組もう!
具体的にはどうすればよいのかな?
「日本の1990~2003年度の温室効果ガス排出量データ」(2005.5.26発表)
二酸化炭素を減らすための
6つのアクション
 温度調節で減らそう
 水道の使い方で減らそう
 商品の選び方で減らそう
 エコ製品を選ぼう
 自動車の使い方や乗り物を選んで減らそう
 電気の使い方で減らそう
 コンセントからこまめに抜こう
 買い物とごみで減らそう
 包装やレジ袋をことわろう
子ども環境白書平成17年版
家庭から出る二酸化炭素の内訳
(世帯当たり)(全国)
一般廃棄物
5%
ごみを減らすことも大事だね!
水道
3%
暖房
12%
冷房
1%
自家用自動車
給湯
14%
30%
厨房
3%
照明・動力他
32%
「日本の1990~2003年度の温室効果ガス排出量データ」(2005.5.26発表)
山口県のごみ事情について調べてみよう
山口県の
一般廃棄物(ごみ)総排出量
自家処理は減ってきているけれど、 総排
出量は、横ばいか、やや増加傾向
(千t)
800
自家処理量
4
7
600
5
4
2
640
400
200
排
出
量
653
649
640
651
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
0
平成17年度版山口県環境白書
山口県の1人1日当たりの
平成14年度より
ごみ総排出量 1.2%増加しているよ!
(g/人・日)
1200
1163
1150
1100
1169
1164
1152
1145
1132
山口県
全国平均
1124
1114
1111
全国平均より多いとは・・・
びっくりしたなあ
1050
1000
1999年
2000年
2001年
2002年
平成17年度山口県環境白書
2003年
1人1日当たりのごみ総排出量の推移を基に作成
山口県のごみのリサイクル率
(%)
市町村が行う資源化に
集団回収を加えて算出
30
21.7
20.5
20
13.4
10
13.1
15.6
15.9
14.3
15
山口県
全国平均
15.9
全国平均よりずっと進んでいるけれど、
まだまだ頑張れそうだね!
0
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
平成17年度版山口県環境白書
山口県の分別収集実施状況
平成17(2005)年4月1日現在/県内市町村数:33
分別収集されたものは、
75~100%再商品化されている!
品目
無色ガラス
分別収集
している 品目
市町村数
分別収集
している
市町村数
19
茶色ガラス
33 その他プラス
チック
33 スチール缶
その他ガラス
33 アルミ缶
33
6 紙パック
18
33 段ボール
32
その他紙
ペットボトル
33
平成17年度版山口県環境白書
山口県のごみ処理の状況(平成15年度)
家庭・事業所等
総排出
収集及び直接
搬入ごみ651
リ
サ
イ
ク
ル
率
埋立処分
直接埋立62
残渣埋立39
27
中間処理施設
自家処理 2
焼却469
集団回収22
18
11
圧縮・破砕
等の処理
21.7%
リサイクル
集団回収22
資源化124
59
(
焼
却
灰
)
26
単位:千t/年
平成17年版山口県環境白書を基に作成
ごみを減らすためには
つくる
つかう
すてる
ごみの山
CO2排出
ごみを減らすためには「3R」
つくる
商品を作る
資源にする
リサイクル
製品の購入
Reduce
壊れにくく長く使
える商品づくり
ごみがない商品
食べ残しをしない
(リデュース)
ごみを減らす
発生抑制
資源化 循環する社会 つかう
Recycle
に再
処利
(リサイクル)
理用
資源として
すで
再生利用
るき
る
処 焼却
(熱
よ
う
分 は利用)
ごみになりにくい
商品の購入
大切に使用
壊れたら修理
Reuse
ご
み
の
分
別
(リユース)
繰り返し使う
リタ-ナル容器を利用
いらなくなったら欲しい人に譲る
フリーマーケット
平成17年度版こども環境白書を基に作成
あなたの生活を
もう一度見直してみませんか?
 参考資料






環境省総合環境政策局環境計画課 こども環境白書平成17年版
全国地球温暖化防止活動推進センター>JCCA/すぐ使える図表集
http://www.jccca.org/education/datasheet/
「日本の1990~2003年度の温室効果ガス排出量データ」(2005.5.26発表)
2004年度の温室効果ガス排出量速報値について(平成17年10月環境省)
二酸化炭素総排出量(速報)2004年度
山口県環境生活部環境政策課 平成17年版山口県環境白書
ダウンロード

家庭からの環境負荷の現状