1948年福井地震レポート
00t3032j
荒瀬
公三
福井地震
(1948年6月28日、M7.1)
この地震は福井平野の中~東部を震源域
として発生した陸域の浅い地震で、福井市
で震度6が観測された。(図1)
福井地震の震度分布 (図1)
[気象庁(1968)による]
軟弱な地盤の広がる福井平野の集落では家
屋の全壊率が100%に達するところも多
かった。(図2)
福井地震の家屋全壊率分布
(図2)
沖積層での家屋全壊率が高
い。
[河角(1949)、地理調査所(19
49)から作成]
被害は、全体で死者3,769名、家屋
全壊36,000以上に及んだが、その発
生地域は福井平野およびその付近に限られ
る。その他、列車の脱線転覆もあり、また
土木構造物への被害も大きく、鉄道・道
路・河川などに関係する構造物に被害が生
じた。さらに、福井市など福井平野の各地
で火災が発生して焼失家屋数は3,800
以上に達した。(図3)
福井地震の被害写真(大和百貨店の大破壊 )
(図3)
[片山成一氏 撮影]
一方、鉄筋コンクリート造りの高層建築で
は、大和百貨店の大破壊があるだけであり、
その他は壁が壊れるものはあっても倒壊はな
かった。
大和百貨店は震災で焼けた経歴があり鉄筋
が弱くなっていたことや地盤が埋立地であっ
たことおよび基礎が貧弱であったことが明ら
かにされています。この百貨店の崩壊の主原
因は不同沈下で、昔の堀を埋めた跡の基礎が
70cmも不同沈下した(大崎順彦 地震と建
築)らしい。
問題のある大和百貨店を除けば、それに隣
接する福井信託銀行の例のように、鉄筋コン
クリート造りの耐震性が確かめられた地震で
あるともいえる。
大和百貨店に隣接した福井信託銀
行で目立った被害はない(上図)
この地震では、福井平野の中央部な
ど震源域に近い地域では震度6であっ
たが、家屋の倒壊等の被害が極めて大
きかったため、この地震を契機にして、
気象庁震度階級に震度7(家屋の倒壊
が30%以上におよび山くずれ、地割
れ、断層などを生じる程度)が追加さ
れた。
福井平野の中・北部では、ほとんどの地域にお
いて住家全壊率が30%以上になっているため、
ここでは震度7相当であったと見られる。福井地
震は、軟弱な地盤上に広がる近代的な市街地のほ
ぼ直下で起きた地震であり、このような地震は比
較的限られた地域に甚大な被害を及ぼすことを広
く認識させた。この地震では地表に目に見えるず
れは生じなかったが、周辺での測地測量の結果、
北北西-南南東方向の断層によるずれが福井平野
の東で確認された。これは左ずれで、東側が相対
的に最高約70cm降起し、西側が南に最大約2
m近くずれた。
この地震の有感、無感の余震回数は、図4の
ように減衰した。また、最大の余震は、本震の
直後(6分後)に発生し、その大きさはM5.
8であった。
福井地震の日別余震回数
(図4)
気象庁によって報告され
た余震回数を示した。
[岡野・中村(1948)から作成]
ダウンロード

t003032j_10月5日