N人関係のデータ構造と家族関係の分析
藤澤
等(県立長崎シーボルト大学)
問題の所在
○ ソシオン理論では集団をどう取り扱うのか
集団は実在するのか・集団は個人の認知カテゴリーなのか
それとも、実存なのか
○ 集団と個人をどのように組み込むのか
N人関係のデータ構造は個人空間が積層されたものであり
三次元非対称複素空間をどう処理するのか
○ なぜ「家族」を実証研究の対象とするのか
ピアグループと家族集団の違いはなにか
家族集団の重層性と明晰性
○ 問題とするところは何なのか
集団のダイナミックスは何から生じるのか
ミクロ-マクロ問題への回答とは
個人空間(Personal mode)の組成
自己
A
他
者
他者
A
n
対人的態度
被
対
人
的
態
度
もの・こと
態度
関係の推測
他
者
の
他者の態度の推測
自
己
関係の推測
n
集
団
・
神
k
圧
力
・
お
告
げ
規範・規則
世論・制度
m
データ構造は3次元以上になる
個人空間
認識した成員
認
識
さ
れ
た
成
員
非対称
個人の眼
個人からみた集団
のフェーズ
集団空間
成員
成
員
対称
神(研究者)の眼
集団のフェーズ(ACTIVE)
認識した成員
認
識
さ
れ
た
成
員
非対称
個人の眼の集合
P
CA
なぜ家族集団なのか
○ 家族は確定集団(成員の入退会がない)
○ 家族成員はそれぞれの役割を付与されている
○ 制度的家族と実践的家族とは異なることがある
家族全体集団や成員内に不整合が生じやすい
家族関係の構造
○家族の成員のそれぞれが異なる個人空間を
持っている。
父空間
父親
母親
母空間
家族空間
息子
娘
息子空間
娘空間
家族関係の調査方法
息子 父 母
娘
母
○○は××が△△を・・・と思っている
S
O
C
父
父
学生の家族 (3人家族29 4人家族127 5人家族45)
互いの守秘義務を教示→別々に回答を郵送
例
4人家族 4(父母娘息子)×4 (父母娘息子)×10項目×127家族
母
娘
息子
因子分析結果
項目
v1 家事をしてやっている - 家事をさせている v2
親らしく振舞っている - 子供らしく振舞っている
v3
思いやっている - 気にかけていない
v4 女らしく振舞っている - 男らしく振舞っている
v5
養っている - 養われている
v6
いたわっている - ないがしろにしている
v7 細かい気遣いをしている - おう揚にかまえている
v8
包み込んでいる - 包み込まれている
v9
嫌がっている - 可愛がっている
v10 居心地を良くしている - 居心地を悪くしている
平均値 標準偏差
Ⅰ
3.860
1.291
0.044
3.686
1.356
0.124
3.029
1.154
0.818
4.095
1.344
0.124
3.905
1.555
0.070
3.127
1.125
0.846
3.362
1.261
0.730
3.666
1.191
0.353
4.690
1.127 -0.746
3.330
1.153
0.753
娘 息子
因子
Ⅱ
0.253
0.830
0.181
-0.205
0.866
0.169
0.107
0.697
-0.206
0.026
Ⅲ
0.795
0.061
0.083
0.794
-0.062
0.085
0.271
0.063
0.133
0.064
共通性
0.698
0.707
0.709
0.687
0.758
0.751
0.618
0.614
0.616
0.572
Ⅰ
思いやり因子
Ⅱ
親子因子
Ⅲ
性因子
家族全体空間と家族成員空間は違う
<個人に聞いても全体は分からない>
CA内の不整合とP 内の不整合
家族成員ごとの安定性
家族全体と成員個人の整合性
0.6
2
0.5
1.5
CA
PP
0.3
0.2
安定性
非整合性
0.4
父親
1
母親
0.5
息子
娘
0
3
0.1
4
5
-0.5
0
3
4
成員数
5
各成員内の不整合より全体の不整合のほうが大きい
-1
成員数
全体から見た各成員の不整合度
三次元データ分析法
○指標を計
算する方法
目的とする指標を
計算する方法
○拡大マトリック
ス(C tech.)による
推定法
上三角行列を下三角
行列にコピーして分析
○類似Qテクニックに
○共分散分析のモデル
よる展開法
構築による方法
三次元データを二次元
に展開して分析
三次元データを一次元
に展開して分析
D= (Xij-Xji)2
など
複素軸
○二層三元複素空間として
直接的に分析する方法
実数軸
計数化による分析
○個人内不整合:各個人が認知しているActive-Passive間の距離
所属集団の各成員への自律的評価(思っている)と
他律的評価(思われている)との食い違い
○P-CA間不整合:個人の認知空間と集団Active空間との距離
各成員の認識空間と集団の自律的認識空間(行動)との食い違い
○P-CP間不整合:個人の認知空間と集団Passive空間との距離
各成員の認識空間と集団の他律的認識空間(予想)との食い違い
P-CP
間
距
離
父親
娘
P 内 A-P 間距離
息子
母親
P-CA 間距離
*母親の認識が家族全体に最も近い
*父親が思うようには家族はしていない
*娘は自分が思っているように他成員も
思っていると思っている
*息子が思っているようには家族はして
いないし、思っているように思われていない
と思っている
集団のフェーズ・個人のフェーズ
個人からみた集団
のフェーズ
P1~n
集団的自己のフェーズ
CSelf
集団からみた個人
のフェーズ(ACTIVE)
PA1~n
集団のフェーズ(ACTIVE)
CA
集団からみた個人
のフェーズ(PASSIVE)
PP1~n
集団のフェーズ(PASSIVE)
CP
○ CAの上三角行列はLewin流行動主義であり、P1~nの上三角行列はSoc.Categ.流の認識空間。
○ PA/PP/CP/Cself は、これまで研究されてこなかった。
○ 非対称行列は複素空間になる可能性があるため、これまで研究されてこなかった。
○ 個人のフェーズと集団のフェーズとの間の関係が、これまで研究されてこなかった。
集団のダイナミックスはどこから生まれるか
○ もし、認知的経済原理が働くなら、それは個人空間なのか集団空間なのか
それとも、両方なのか?
○ 個人空間と集団空間のギャップは誰が認識できるのか?
○ 説得・自己呈示(態度変容)などが個人空間の整合化なら
均衡化・平等化・同調などは集団空間の整合化なのか?
○ そもそもグループ・ダイナミックスは個人空間内でおこることなのか
集団空間内でおこることなのか?
○ ミクロ-マクロ問題とはどのようなことを問題とするのか?
ダウンロード

藤澤等